スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Şehzade Seyfettin Efendi(1874-1927)

トルコ古典音楽の作曲家シェフザーデ・セイフェッティン・エフェンディŞehzade Seyfettin Efendi(1874-1927)について。

Şehzadeの読みは
シェフザーデ?
シェヘザーデ?
シェフザデ?
シェヘザデ?



■シェフザデ・セイフェッティン・エフェンディŞehzade Seyfettin Efendi(セイフェッティンSeyfettin王子)(1874-1927)

スルタン・アブデュルアズィズ(スルタン・アブデュルアジズ)Sultan Abdülazizの最も若い息子、そしてカリフの(訳注※1)アブデュルメジド・エフェンディAbdülmecid Efendiの兄弟。彼は様々なマカムmakamでの、そして多くの形式での、器楽作品と声楽作品(訳注※2)の作曲家として知られている、そして彼の音楽の好みは事実上古典だった。彼のマカム・バヤーティのペシュレヴはトルコの音楽のレパートリーにおいて最も愛らしい/最もかわいらしい/最もうっとりする/最も美しい/最もすてきな/最もほれぼれする/(訳注※3)器楽曲のひとつである。彼の完全な作品はまだ集められていない。

※いつもの通り下記Turkish Music Portalの英語の文章の適当訳。

訳注※1 Abdülmecid Efendi the Caliphは最後のカリフ・アブデュルメジド2世(アブデュルメジドニ世、アブドゥルメジド2世、アブドゥルメジドニ世)(1868-1944)の事。シェフザデ・セイフェッティン・エフェンディはカリフ・アブデュルメジド2世の弟になる。
→追記。トルコ語版の文章ではここの部分の文にYusuf İzzettin Efendiユスフ・イッゼッティン・エフェンディという人名が見えるが英語版の文では削られている?
→追記。Yusuf İzzettin Efendiは彼の兄か?

訳注※2 トルコ語版の文章では具体的な曲名が上がっている?
Hicaz muhayyer makamlarında murabba besteleri, şehnaz makamında bir kârı, mahur tavşan takımı ve çeşitli makamlarda peşrevleri, saz semaileri, bir de rast longası bilinmektedir
ヒジャズ・ムハイイェル?マカーム?ムラッバ?ベステ?、シェフナズ?マカーム?カール?、マーフール?、ペシュレヴ?、サズ・セマイ?、ラースト・ロンガ?

訳注※3 loveliestをどう訳したら良いか分らない。最も愛らしい?最もかわいらしい?最もうっとりする?最も美しい?最もすてきな?最もほれぼれする?



Turkish Music Portal(http://www.turkishmusicportal.org/index.php?lang2=en&lang2=en)英語版

Composers and Performers / Turkish Classical Music / Composers of the Ottoman Imperial Family
COMPOSERS AND PERFORMERS
SAHZADE SEYFETTİN EFENDİ
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=105&lang2=en

Sehzade Seyfettin Efendi (Prince Seyfettin) (1874-1927)
The youngest son of Sultan Abdülaziz, and brother of Abdülmecid Efendi the Caliph. He is known as a composer of instrumental and vocal works in many forms and in various makams and his musical preferences were classical in nature. His pesrev in bayati makam is one of the loveliest instrumental works in the repertoire of Turkish music. His complete works have yet to be compiled.



読めないがTurkish Music Portalのトルコ語版の文章も一緒に。


Besteci ve İcracılar / Klasik Türk Müziği / Sultan Bestekarlar
BESTECİ VE İCRACILAR
ŞAHZADE SEYFETTİN EFENDİ
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=105&lang2=tr

Şehzade Seyfettin Efendi (Prince Seyfettin) (1874-1927)
Sultan Abdülaziz’in en küçük oğlu, Halife Abdülmecid Efendi ile veliaht Yusuf İzzettin Efendi’nin küçük kardeşidir. Hicaz muhayyer makamlarında murabba besteleri, şehnaz makamında bir kârı, mahur tavşan takımı ve çeşitli makamlarda peşrevleri, saz semaileri, bir de rast longası bilinmektedir. Klasik zevke bağlı bir besteci olan Şehzade Seyfettin’in bayatî peşrevi Türk musikisi repertuvarının en güzel saz eserlerindin biridir. Eserlerinin tamamı ortaya çıkmamıştır.


------------------------------------------------------


İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
BESTEKARLAR
1976'DAN BERİ ESERLERİNİ İCRA ETTİĞİMİZ BESTEKARLAR::.
http://devletkorosu.com/site/index.php?option=com_content&task=view&id=40&Itemid=34
によれば(→ここには顔写真有り。ふっくらとした顔立ちの男性。口髭を生やしてトルコ帽をかぶっている。白黒写真。)

SEYFEDDİN OSMANOĞLU
(22 Eylül 1874-19 Ekim 1927)

Beşiktaş Sarây-ı Hümâyûnu’nda doğdu. Sultan Abdülazizi’in beş oğlunun en küçüğüdür. İki yaşında iken babasını, on yaşında iken de annesi Gevherî Kadın Efendi’yi kaybetti. Tanbûrî Cemil Bey’den tanbûr ve kemençe öğrendi. Çocukları; Mehmed Abdülaziz Efendi, Mahmud Şevket Efendi, Ahmed Tevfik Efendi’ler de bestekâr, kemençevî ve tanbûrî olarak ün yaptılar. İstanbul’da Türk musikisinin en büyük hâmîlerinden biri olan Şehzâde Seyfeddin Osmanoğlu’nun elimizde Peşrev, Kâr, Beste, Ağır Semâî, İlâhî, Tavşanca, Marş, Saz Semâîsi, formlarında olmak üzere otuz altı adet eseri vardır.



SEYFEDDİN OSMANOĞLUでセイフェッディン・オスマンオール?セイフェッディン・オスマンオオル?
Sarây-ıとかHümâyûnu’ndaとかあるのでやっぱりオスマン帝室関係者 ?
Sultan Abdülazizスルタン・アブデュルアズィズ(スルタン・アブデュルアジズ)の名前も見える。
Gevherî Kadın Efendiは人名?Kadınなので女性?→追記。彼の母親と思われる
Tanbûrî Cemil Beyタンブーリー・ジェミル・ベイの名前も見える。
tanbûr ve kemençeタンブールとケメンチェ
Mehmed Abdülaziz Efendiはメフメド・アブデュルアズィズ・エフェンディ?メフメド・アブデュルアジズ・エフェンディ?人名?
Mahmud Şevket Efendiマフムド・シェヴケト・エフェンディ?マフムド・シェウケト・エフェンディ?人名?
Ahmed Tevfik Efendiアフメド・テヴフィク・エフェンディ?アフメド・テウフィク・エフェンディ?
bestekâr作曲家
tanbûrîタンブール奏者
İstanbulイスタンブル
Türk musikisininトルコ音楽?
Şehzâde Seyfeddin Osmanoğlu シェフザーデ・セイフェッディン・オスマンオオル?シェフザーデ・セイフェッディン・オスマンオール?
Peşrevペシュレヴ
Kârカール
Besteベステ
Ağır Semâîアーウル・セマーイー(アアウル・セマーイー)
İlâhîイラーヒー(聖歌)
Marşマルシュは行進曲の事?
Saz Semâîsiサズ・セマーイーシ
formlarındaは「形式」の意?



-----------------------------------------------------



英語版Wikipedia"Abdülaziz"
http://en.wikipedia.org/wiki/Abd%C3%BClaziz
によれば

Third marriage and issue
He married thirdly in 1872 to Circassian HH Gevherin Nedaxe Kadın Efendi (Caucasus, 8 July 1856 - Ortaköy Palace, Ortaköy, Constantinople, 20 September 1894), and had:

HIH Prince Şehzade Mehmed Seyfeddin Efendi (Beşiktaş Palace or Dolmabahçe Palace, 21/22 September 1874 - Nice, 19 October 1927), Rear Admiral of the Ottoman Navy, married firstly at the Ortaköy Palace, on 4 December 1899 to Georgian HH Necem Felek Hanım Efendi (Kutaisi, 5 January 1880 - Nice, 1930), and had one son, and married secondly at the Ortaköy Palace, on 23 February 1902 Georgian HH Nervaliter Hanım Efendi (Caucasus, 27 March 1885 - Nice, 1935), and had two sons and one daughter:

Mehmed Abdulaziz II
HIH Prince Şehzade Mahmud Sevket Efendi (Ortaköy Palace, Constantinople, 20 July 1903 - 1 February 1973), excluded from the Imperial House in 1931, married in Shkodër on 4 May 1922 and divorced in 1928 his cousin HH HH Princess Adile Hanımsultan Hanım Efendi (Ortaköy Palace, 12 November 1900 - February 1979), and had one daughter:
HIH Princess Hamide Nermin Nezahat Sultan (Shkodër, 27 January 1923 - 7 November 1998), unmarried and without issue
HIH Prince Şehzade Ahmed Tevhid Efendi (Çamlıca Palace, Üsküdar, Constantinople, 30 November 1904 - Beirut, 24 April 1966), twin with the below, unmarried and without issue
HIH Princess Fatma Gevheri Sultan (Çamlıca Palace, 30 November 1904 - 10 December 1980), twin with the above, unmarried and without issue

HIH Princess Gwaschemasch'e Kadın Efendi (Constantinople, Çırağan Palace, 21 June 1877 - ?)

とのこと。

セイフェッディン・オスマンオオルはオスマン帝国第32代君主アブデュルアズィズの息子。
32代アブデュルアズィズは7人の妻がいる。
32代アブデュルアズィズは1872年に3番目の妻、チェルケス人のHH Gevherin Nedaxe Kadın Efendiと結婚した。彼女との間に子供を2人もうけた。

母親のGevherin Nedaxe Kadın Efendiは、1856年7月8日コーカサス生-1894年9月20日コンスタンチノープルのオルタキョイ、オルタキョイ宮殿没。彼女には息子と娘がいる。

息子はHIH Prince Şehzade Mehmed Seyfeddin Efendi。つまりセイフェッディン・オスマンオオル。
娘はHIH Princess Gwaschemasch'e Kadın Efendi(1877年6月21日コンスタンチノープルのÇırağan宮殿生-?没)。ということは、彼女はセイフェッディン・オスマンオオルにとって妹。

セイフェッディン・オスマンオオルHIH Prince Şehzade Mehmed Seyfeddin Efendiはオスマン海軍のRear Admiralだった。これは海軍少将か海軍准将らしい。1874年9月21/22日、ベシクタシュ宮殿あるいはドルマバフチェ宮殿に生まれ、1927年10月19日にNiceで没す。
←Niceはフランスの街ニース?

彼には2人の妻がいる。

最初の妻とはオルタキョイ宮殿で1899年12月4日に結婚(グルジア人のHH Necem Felek Hanım Efendi[1880年1月5日グルジア西部のクタイシ生-1930年Nice没]、彼女との間に一人の息子がいる。

二番目の妻はオルタキョイ宮殿で1902年2月23日に結婚(グルジア人HH Nervaliter Hanım Efendi[1885年3月27日コーカサス生-1935年Nice没]、彼女との間には2人の息子と1人の娘がいる。



HIH Prince Şehzade Mehmed Seyfeddin Efendiと最初の妻Necem Felek Hanım Efendiの間に出来た息子はMehmed Abdulaziz II(1901年9月26日生-1977年1月19日没)
彼はオスマン家第40代当主。

HIH Prince Şehzade Mehmed Seyfeddin Efendiと2番目の妻Nervaliter Hanım Efendiの間に出来た子供は
息子HIH Prince Şehzade Mahmud Sevket Efendi(1903-1973)と、
息子HIH Prince Şehzade Ahmed Tevhid Efendi(1904-1966)と、
娘HIH Princess Fatma Gevheri Sultan(1904-1980)。


息子HIH Prince Şehzade Mahmud Sevket Efendi(1903年7月20日コンスタンチノープル、オルタキョイ宮殿生-1973年2月1日没)は、1931年に帝室から除外される、いとこのHH HH Princess Adile Hanımsultan Hanım Efendi(1900年11月12日オルタキョイ宮殿生-1979年2月没)と、1922年5月4日にアルバニアのシュコドラ(シュコダル)で結婚、1928年に離婚、娘が一人(HIH Princess Hamide Nermin Nezahat Sultan。彼女はセイフェッディン・オスマンオオルにとって孫に当たる。孫の彼女は1923年1月27日アルバニアのシュコドラ(シュコダル)生-1998年11月7日没、結婚せず

息子HIH Prince Şehzade Ahmed Tevhid Efendiは、1904年11月30日、コンスタンチノープル、ウスキュダル、Çamlıca宮殿生まれ、1966年4月24日ベイルート没。

娘HIH Princess Fatma Gevheri Sultanは、1904年11月30日Çamlıca宮殿生まれ、1980年12月10日没。



オスマン帝国第32代君主アブデュルアズィズの息子は
HIH Prince Şehzade Yusuf Izzeddin Efendi (1857-1916)
HIH Prince Şehzade Mahmud Celaleddin Efendi (1862-1888)
HIH Prince Şehzade Mehmed Seyfeddin Efendi (1874-1927)
Abdülmecid II(1868-1944)
HIH Prince Şehzade Mehmed Salâhaddin Efendi (1870-1900/1916)
HIH Prince Şehzade Muhammed Shefket Efendi (1872-1899)

の6人の模様。

Seyfeddinは1番年下の息子になる。(3番目の妻との間の子供だが)
妹はSeyfeddinより年下がいる



-----------------------------------------------



SEYFEDDİNの名はアラブ人男性の名のサイフッ=ディーン(宗教の剣/信仰の剣)から来ている?
→フランス語Wikipedia
Eşrefoğulları
http://fr.wikipedia.org/wiki/E%C5%9Frefo%C4%9Fullar%C4%B1
(2010/04/28閲覧)
の注に

Seyfeddin en arabe : Sayf al-Dîn, sayf al-dīn, سيف الدين, épée de la religion.

という文がある

épéeはフランス語で「剣」、religionは「宗教」

この記事はアナトリアのトルコの君侯国のエシュレフォオル?エシュレフォール?Eşrefoğluの記事?
→ベイシェヒルBeyşehir(中央アナトリアのコンヤの近くの街らしい)が首都で、オグズ氏族でルーム・セルジューク朝衰退後?支配は1285年から1326年?
→追記。Eşrefoğullarıはトルコ語での複数形で、Eşrefoğluが単数形?エシュレフオオル?エシュレフオール?
→で、EşrefoğluでBeylik of Eşrefになってエシュレフ君侯国?
→EFENDI.jp
トルコの人名 The Turkish Names
http://www.efendi.jp/rq/script/languages/ancient/names/turkish_names.html
によれば

~トルコ人の名前は、今では「名前+姓」のシンプルなものになっているが、元来姓は無かった。
古典的名前ではいくつかのパターンがある~

~「父の名前 -oğlu +名前」、Özdemiroğlu Osmān Paşa といえば、「オズデミルの息子、将軍オスマーン」という意味(末に称号をつけることがままある。 Paşa は将軍、 Bey は知事など公称だが、Çelebi は貴族、Efendi は学者といった自称であり、勝手に付ける)。 -oğlu の代わりにペルシア風に -zāde を用いることもある~

~両者を合わせて、「出身地や職業や父祖の名 -li/lu +父の名前 -oğlu/-zāde +名前」ともするが、ペルシアとは順序が異なる。 Eğri Abdı-zāde Mehmet Bey といえば、「エウリ出身の、アブドゥの息子、知事メフメト」という意味~



東京外国語大学アラビア語専攻 アラビア語別館
名前辞典>アラブ人の名前(男性編)>「サ」
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/asw/ara/2/words/name/m/sa.htm
読み仮名:サイフ
意味:剣
アラビア語表記:سَيْف

読み仮名:サイフッ=ディーン
意味:宗教/信仰の剣
アラビア語表記:سَيْف الدِّينِ



http://www.notahavuzu.com/
で作曲家Seyfettinで検索したところ、以下の3曲を発見することが出来た。いずれもイラーヒー(聖歌)。

Dertli olan kullarına kıl devâ
Form:İlâhi, Makam:Ferahfezâ,
Bestekâr:Seyfettin Efendi(Şehzâde), Güftekâr:_, Usûl:Nim Evsat
TRT Repertuar No:14130

Ey tâlib-i dîdâr olan gel Hakk'a pervâz edelim
Form:İlâhi, Makam:Ferahfezâ,
Bestekâr:Seyfettin Efendi(Şehzâde), Güftekâr:Azîz Mahmûd Hüdâî Hz., Usûl:Düyek
TRT Repertuar No:14162

Halâs et kalbimiz Hubb-ı Sivâdan...
Form:İlâhi, Makam:Ferahfezâ,
Bestekâr:Seyfettin Efendi(Şehzâde), Güftekâr:Azîz Mahmûd Hüdâî Hz., Usûl:Düyek
TRT Repertuar No:14237


Ottoman music
http://www.adamgood.com/turkish_nota/map.php
(マカームや形式やウスールや作曲家ごとに楽譜を得られるwebサイト)
でSeyfettin Osmanoğluの曲を探すと
Beyâtî Peşrev Hafif Seyfettin Osmanoğlu 1874-1926
Hüzzâm Peşrev Muhammes Seyfettin Osmanoğlu 1874-1926
の2つがある模様。



googleでhttp://www.turkmusikisi.com/nota/の中にあるOsmanoğluを検索

→つまり
"Osmanoğlu" site:http://www.turkmusikisi.com/nota/
で検索
Beyâtî Peşrev Seyfettin Osmanoğlu
Hüzzâm Peşrev Seyfettin Osmanoğlu
しか見つからず。


Beyâtî Peşrevの楽譜
http://www.neyzen.com/nota_arsivi/02_klasik_eserler/012_beyati/beyati_p_seyfettin_osmanoglu_ney.pdf

Hüzzâm Peşrevの楽譜
http://www.neyzen.com/images/notalar/huzzam/huzzam_p_seyfettin_osmanoglu01.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/huzzam/huzzam_p_seyfettin_osmanoglu02.gif

名前:

シェフザーデ・セイフェッティン・エフェンディ?
シェヘザーデ・セイフェッティン・エフェンディ?
シェフザデ・セイフェッティン・エフェンディ?
シェヘザデ・セイフェッティン・エフェンディ?

シェフザーデ・セイフェッディン・エフェンディ?
シェヘザーデ・セイフェッディン・エフェンディ?
シェフザデ・セイフェッディン・エフェンディ?
シェヘザデ・セイフェッディン・エフェンディ?

セイフェッティン・オスマンオオル?
セイフェッディン・オスマンオオル?

セイフェッティン・オスマンオール?
セイフェッディン・オスマンオール?

シェフザーデ・メフメド・セイフェッティン・エフェンディ?
シェヘザーデ・メフメド・セイフェッティン・エフェンディ?
シェフザデ・メフメド・セイフェッティン・エフェンディ?
シェヘザデ・メフメド・セイフェッティン・エフェンディ?

シェフザーデ・メフメド・セイフェッディン・エフェンディ?
シェヘザーデ・メフメド・セイフェッディン・エフェンディ?
シェフザデ・メフメド・セイフェッディン・エフェンディ?
シェヘザデ・メフメド・セイフェッディン・エフェンディ?

シェフザーデ・メフメト・セイフェッティン・エフェンディ?
シェヘザーデ・メフメト・セイフェッティン・エフェンディ?
シェフザデ・メフメト・セイフェッティン・エフェンディ?
シェヘザデ・メフメト・セイフェッティン・エフェンディ?

シェフザーデ・メフメト・セイフェッディン・エフェンディ?
シェヘザーデ・メフメト・セイフェッディン・エフェンディ?
シェフザデ・メフメト・セイフェッディン・エフェンディ?
シェヘザデ・メフメト・セイフェッディン・エフェンディ?

関連記事
Beyâtî Peşrev , Gül yüzlülerin şevkine gel nûş edelim mey
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-93.html
→Beyâtî PeşrevはŞehzade Seyfettin Efendiの作曲。

オスマン帝国第32代皇帝アブデュルアズィズ(1830-1876)とトルコ音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-51.html
→父親も作曲をした。
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。