スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ali Ufki BeyのWojciechの読み方

Ali Ufkî Beyまたはボボウスキー(Wojciech Bobowski , Albert Bobowski , Albertus Bobovius , Alberto Bobovio)1610年生まれ、1675年没。17代ムラト4世(1623年-1640年)、18代イブラヒム(1640年-1648年)、19代メフメト4世(1648年-1687年)の治世の頃活躍。トルコ古典音楽をはじめて採譜した。彼の「器楽と歌謡集成」Mecmûa-i Sâz ü Sözは大英図書館にある。

アリ・ウフキー(Ali Ufki)またはボボウスキー(Wojciech Bobowski , Albert Bobowski , Albertus Bobovius , Alberto Bobovio)。またAli Bey , Santurî Ali Ufki , Hali Beyとも。1610年生まれ、1675年没。17世紀のポーランド人あるいはウクライナ人あるいはトルコ人。トルコ名アリ・ウフキー・ベイAli Ufkî Bey。ウクライナでポーランド貴族の息子として生まれ、18歳の時デヴシルメで徴発、イスタンブルに連れて来られ、ムスリムとなり、22~29歳の間トプカプ宮殿に入り、そこで19年過ごした。これは17代ムラト4世(1623年-1640年)、18代イブラヒム(1640年-1648年)、19代メフメト4世(1648年-1687年)の治世期間にあたる。古典トルコ音楽をはじめて採譜した。彼の「器楽と歌謡集成」Mecmûa-i Sâz ü Sözは大英図書館に、その草案であるŞiir ve Şarkı Mecmuasıはフランス国立図書館に保管されている。


Wojciechの読み方が分らなかったが英語版Wikipediaにポーランド軍人の"Wojciech Jaruzelski"氏の記事があってそこに発音が載ってた
http://en.wikipedia.org/wiki/Wojciech_Jaruzelski

それによると

ˈvɔjt​ɕɛx

と発音するらしい。
音(oggファイル)もあったので聞いてみた
→「ヴォイチェク」に聞こえる

2011/11/06追記
「ヴォイチェフ」かも?聞き取りに自信ない。

関連記事
ソラクザデ(1658没)について
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-81.html
ガジ・ギレイ・ハン2世(1554-1608)と音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-68.html
Ali Ufki Beyとヒュッレム妃(ロクセラーナ)の出身の共通項ウクライナ/ポーランド
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-184.html
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。