スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムワッシャハの意味

ムワッシャハとは、と言うことで調べてみた。

(注:主に西尾哲夫 堀内正樹 水野信男 編「アラブの音文化 グローバルコミュニケーションへのいざない」スタイルノート、2010年 由来の情報です)


ムワッシャハ:元来は、アラブ古典詩の形式で、イスラム時代のアンダルス(スペイン)で発展した複雑な韻を踏んだ文語の詩の形式を表す。東アラブ地域では、ムワッシャハは、タフトの伴奏による古典詩の歌唱の形式を意味し、バシュラフやサマーイーといった器楽曲を挿入して構成される。今日でも、東アラブ地域では、新たなムワッシャハも創作演奏されている。

~イラクの伝統音楽は、マダニー(都市の音楽)、リーフィー(田舎の音楽)、バダウィー(砂漠のベドウィンの音楽)に大別される。マダニーはアッバース朝期のバグダードを中心として形成されたアラブ音楽理論を基にして今日に継承されたもので~古典詩の斉唱ムワッシャハ~を示し、バグダードを中心にモースル、バスラなどイラクの大都市に伝わる古典音楽である~

樋口美治・ナダ「都市に伝わる歌唱形式『イラキマカーム』」(アラブの音文化 グローバルコミュニケーションへのいざない、スタイルノート、2010年、所収)より
-------------------------------------------------
・アンダルス、Andalus、アル=アンダルス(アラビア語:الاندلس, al-Andalus)
・ムワッシャハ、Muwashshah、muwaššah、(アラビア語: موشّح, 意味は英語でgirdledとのこと。girdledはgirdleに関係する言葉? girdleは、ガードル、腰帯の意。複数形 muwāshshahāt موشـّحات あるいは tawāshīh تواشيح)
・バシュラフ、bashraf、(アラビア語: بشرف )、Bashraf (複数形: Basharef)→トルコではペシュレヴ、(トルコ語:Peşrev)
・サマーイー、Sama'i(Samai、複数形:Sama'iyyat)
・イスラム、イスラーム、اسلام ,islām
・スペイン(英語:Spain、スペイン語:España)
・イラク、Iraq、(アラビア語:العراق ,al-‘Irāq ,アル=イラーク)
-------------------------------------------------
~アンダルシア音楽で歌われる詩は、作られた時代と形式に応じて「シウル」「タウシーフ」「ザジャル」「バルワラ」の四種類に分類される~

タウシーフ:アンダルシア時代に作られた韻律規則による詩。別名ムワッシャハ。

~歌詞(サヌア)を構成する第二のカテゴリーは「タウシーフ」(または「ムワッシャハ」)と呼ばれるもので、十一世紀ごろにアンダルシアの地で考案された、旧来のアルードとは異なる新たな韻律規則に則って作られた詩である。アンダルシア詩と呼ぶこともある~

堀内正樹「アンダルシア音楽のしくみ」(アラブの音文化 グローバルコミュニケーションへのいざない、スタイルノート、2010年、所収)より
------------------------------------------------
・タウシーフ、tawsih
-------------------------------------------------
ムワッシャフ:歴史的には、中世スペインのアンダルシア地方で展開した、有節・押韻のアラブ古典詩や、またその詩を歌詞とするアラブ古典歌謡をさす。現代アラブ世界では、マグリブ諸国に、それを伝承したと推測される歌謡形式がのこっている。他方、シリアやレバノンなどマシュリク諸国にも、都市歌謡としてのムワッシャハが流布しているが、それと中世スペインのムワッシャフとの歴史的関連性は確認されていない。

座談会1 アラブ音楽入門 -マカームとは何か?イーカーウとは何か?(アラブの音文化 グローバルコミュニケーションへのいざない、スタイルノート、2010年、所収)より
--------------------------------------------------
・マグリブ、(アラビア語: مغرب , بلدان المغرب , Maghrib , Maghreb )
・マシュリク、(アラビア語:مشرق , Mashriq , Mashreq , Mashrek)
・シリア、Syria、(アラビア語: سورية‎ , sūriyya あるいは سوريا , sūryā)
・レバノン、(英語:Lebanon、フランス語:Liban、アラビア語:لبنان , Lubnān , ルブナーン)
--------------------------------------------------
~このアレッポの伝統は、現在、東アラブで古典と見なされている音楽や歌謡とほぼ重複し、今の世代に伝えられているレパートリーは十九世紀後半から二十世紀前半にかけて東アラブ地域の都市、特にカイロやアレッポで成立した。器楽曲の代表はサマーイー、声楽曲の代表はムワッシャフなどがあり~

飯野りさ「アレッポの伝統に基づく東アラブの古典的マカーム現象入門」(アラブの音文化 グローバルコミュニケーションへのいざない、スタイルノート、2010年、所収)より
-------------------------------------------------
・アレッポ、(Aleppo(Halab)、アラビア語: حلب‎ ['ħalab], トルコ語: Halep)ハラブは「新鮮な乳」の意味。
-------------------------------------------------
~マカームとは音楽用語としては通常、旋法と翻訳されるアラビア語である。単旋律のアラブ音楽には旋律を構成している音のなかに旋律形成の秩序が存在し、その秩序を内包し、個別に具体化しているラーストやバヤーティーなどの名称をもつ個々の旋法を、一般にはマカームと呼んでいる。それゆえ、マカーム的旋律、すなわちマカーム的音の秩序の影響下で成立している旋律に慣れ親しんでいる聴者たちは、その秩序を意識的であれ無意識であれ認識しており、さらにはその秩序に基づいた旋律を美しいと感じる感性、すなわち美意識を共有している。アレッポではこの美意識の土台を、世俗歌謡レパートリーの中核であるムワッシャフが提供していた~

~アレッポを代表するアラビア語の世俗歌謡ムワッシャフ~

~ムスリムの伝統と歌謡文化の基礎としてのムワッシャフ~

~アレッポの歌謡文化は、シリア、レバノン、パレスチナ、そしてエジプトを含む東アラブ地域の都市の伝統に属している。この地域、特にカイロやアレッポでは十九世紀後半から二十世紀前半にかけて、器楽および声楽の即興演奏と固定旋律の曲を組み合わせて演奏するワスラという組曲形式が楽しまれ、アレッポはムワッシャフというアレッポ特有といわれている歌を多く組み込むことで有名であった~

~このワスラの伝統は基本的に世俗歌謡に属するが、宗教歌謡にはファスルという器楽伴奏を伴わない歌のみによる類似した組曲形式があり~どちらの形式においても、もっとも重要な歌のレパートリーはムワッシャフであり~

~厳密には世俗歌謡であるものの、マカーム概念習得の基本と見なされていたムワッシャフが宗教歌謡の場においても重視されていた点は~

~ムワッシャフの伝承は、師匠から弟子へのレパートリーの口頭による伝授という形態でおこなわれ、完全に記憶することが求められた~

~マカーム的音の秩序の基本とされているムワッシャフを大量に記憶することは、歌い手がその秩序を聴覚的な意味で身体化することを意味し~

~ムワッシャフは詩としては基本的に二句一行で、四行一節を一単位とした詩型をもち、古典詩の韻律リズムを用いているものも多い~

~しかしアレッポのムワッシャフは詩である以上に基本的に歌であるため、詩の形式は使用旋律の構成と強く関連付けられている~

~詩行には名称があり、第一行目と第二行目をダウル、第三行目をハーナ、第四行目をギターゥという~

~ダウルは同じ旋律で歌い、ハーナでクライマックスを作るために、別の、しばしば、ダウルよりも高い音域で旋律が展開し、ギターゥでダウルと同じか類似した旋律に戻り終止する、一般には二部形式(AABA構造)と呼ばれる構造をしていることが多い~

~ムワッシャフには十四拍子や十七拍子といったより凝ったリズム系を使用する例もあり~

飯野りさ「共有されるマカーム美意識 -アレッポの事例」(アラブの音文化 グローバルコミュニケーションへのいざない、スタイルノート、2010年、所収)より
--------------------------------------------------------------
・マカーム、アラビア語:مقام , ラテン文字転記:maqām , マカーム)
・ラースト、(アラビア語:راست , Rast )
・バヤーティー、(アラビア語:بياتي , Bayati )
・パレスチナ、Palestine、Palestina、(アラビア語:Arabic: فلسطين‎ , Filasṭīn , Falasṭīn , Filisṭīn , フィラスティーン)
・エジプト、Egypt
・カイロ、Cairo、(アラビア語:القاهرة , al-Qāhira , カーヒラ)
・ワスラ、waslah、wasla(アラビア語: وصلة‎ , 複数形: وصلات , waslāt)
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。