スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クユムジュ・オスキヤムKuyumcu Oskiyam(1780?-1870?)について

オスキヤムOskiyam(タンブーリーTanbûrîでネイゼンNeyzenでクユムジュKuyumcuでサマティヤルSamatyalı)
(1780?-1870?)

タンブールとネイの奏者、オスキヤムは(訳注※1)イスタンブルのサマティヤSamatya(訳注※2)地区で生まれ、没した。(訳注※3)彼はタンブーリー・イサクTanbûrî İsak(訳注※4)の生徒だった、そして器楽作品をゼキ・メフメト・エフェンディZeki Mehmet Efendi(訳注※5)とともに学んだ。若い頃にタンブールとネイのヴィルトゥオーソとして頭角を現し、彼はマフムト2世II.Mahmut(訳注※6)の治世(訳注※7)の間、宮廷に音楽の教師として連れて来られた。彼はペシュレウPeşrevとサズ・セマーイーSaz-semâîを作曲した;現在生き残っているたったひとつの彼の作品はバヤティ・サズ・セマーイーシBayati Saz-semâîsiである。

訳注※1 asはisの誤記と判断
訳注※2 サマティヤSamatyaはどうもイスタンブルのヨーロッパ側にある地区の模様。マルマラ海に面している。
訳注※3 トルコ語版の文章にあるErmeni(アルメニア系)の語が英語版の文章では全く抜けている。
訳注※4 1745生-1814没。またの名をフレスコ・ロマノFresko Romanoと言い、ユダヤ系音楽家。彼の生徒はオスマン帝国第28代スルタン・セリム3世 Selim III、クユムジュ・オスキヤム Kuyumcu Oskiyam、ゼキ・メフメト・アー Zeki Mehmet Ağa、タンブーリー・メフメト・アー Tanbûrî Mehmet Ağaとのこと。(Turkish Music Portalのタンブーリー・イサクの記事より)
訳注※5 Turkish Music Portalのタンブーリー・イサクの記事からおそらくゼキ・メフメト・エフェンディはゼキ・メフメト・アーZeki Mehmet Ağa(1776-1846)の事と思われる
訳注※6 II. Mahmut。オスマン帝国第30代スルタン。1785年7月20日生-1839年6月30日没、在位:1808年-1839年。彼は1826年にイェニチェリを廃止している。
訳注※7 天才ハンマミザデ・イスマイル・デデ・エフェンディHammâmîzâde İsmâîl Dede Efendi(1778-1846)の音楽家としてのキャリアはオスマン帝国第28代スルタン・セリム3世の治世の終わりから始まり、マフムド2世治世の元でその頂点に届いた。

Turkish Music Portalより
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=237&lang2=en
Composers and Performers / Turkish Classical Music / Non-Muslim Composers and Performers of Turkish Music
COMPOSERS AND PERFORMERS

OSKİYAM (TANBûRî VE NEYZEN, KUYUMCU, SAMATYALI)

A player of tanbur and ney, Oksiyam as born and died in Istanbul’s Samatya quarter. He was a student of Tanbûrî İsak, and studied instrumental works with Zeki Mehmet Efendi. Standing out at a young age as a tanbur and ney virtuoso, he was brought to the Palace as a teacher of music during the reign of Mahmut II. He composed peşrevs and saz semâîs; the only one of his works to survive to the present is his Bayati Saz semâîsi.

Turukish Music Portalより(トルコ語版)
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=220&lang2=tr
Besteci ve İcracılar / Klasik Türk Müziği / Gayri Müslim Besteci ve İcracılar
BESTECİ VE İCRACILAR

OSKİYAM

Tanbûrî ve Neyzen, Kuyumcu, Samatyalı (1780?-1870?). Ermeni asıllı tanbûrî ve neyzen. İstanbul Samatya’da doğmuş, aynı yerde öldü. Tanbûrî İsak’ın öğrencisi oldu. Zeki Mehmet efendi ile sâz eserleri meşk etti. Tanûr ve ney virtüozu olarak genç yaşta parladı ve II.Mahmut zamanında(1808-1839) Enderun’a hoca olarak kabul edildi. Peşrevler ve Saz-semâîleri besteledi. Günümüze kalan tek eseri Bayati Saz-semâîsi’dir.

Pek muzdaribim ey gül-iter
→トルコ語版の文章に付属しているこの音源(歌曲)は間違い。オスキヤムの作曲では無い。これはハサン・フェフミ・ムテルHasan Fehmi Mutelの作曲したシャルクŞarkı。マカムMakamはアジェム・キュルディーAcem Kürdî、ウスルUsûlはアクサクAksak、TRTレパートリー番号TRT Repertuar Noは8735番。



・Samatyalı:~ル -lıは「~出身」の意味。Samatyalıで「サマティヤSamatya出身」の意味。
・クユムジュKuyumcu:「宝石屋」の意味。~ジュ -cuは「~屋」の意味。

sozluk.com
http://www.sozluk.com/
でKuyumcuを調べると

Türkçe-İngilizce »
1. jewelry store, jeweller [Brit.], jeweler, goldsmith

kuyumを調べると

Türkçe-İngilizce »
1. obs. jewelry.




この人物アルメニア系ということでOskiyanの方が正しいかもしれない。
・アルメニア系の人物の名前の末尾には時々「~ヤン」と付く。

参考
トルコ古典音楽のアルメニア系音楽家の名前の~ヤンは「~の子」?
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-123.html

・Turkish Music Portalはしばしば綴り間違いなどを起こしている。
・以下のサイトではOskiyanという表記だった。

Ney ve Neyzen
Oskiyan (Tanburi ve Neyzen Kuyumcu )
http://www.neyzenim.com/oskiyan.htm

Oskiyan (Tanburi ve Neyzen Kuyumcu )

(1780?-1870?=90?). İstanbul Samatya'da doğdu. Aynı yerde 90 yaşlannda öldü. Ermeni asıllı ve tanburidir. isak'tan (b. bk.) klasik üslupta tanbur öğrendi.

Ney hocasını bilmiyoruz. Zeki Mehmed Aga'dan saz eserleri meşk etti.

III. Selim'in (1789¬ 1807) huzurunda bile çaldı. II. Mahmud zamanında (1808¬ 1839) tanbur ve ney hocasl olarak Enderun-i Hiimayun'a alındı. Peşrevler ve saz semaileri besteledi. Zamanmıza gelen tek eseri bir Beyati Saz Semaisi'dir.

Çokdegerli talebe yetiştirdi. Bunlardan Neyzen Salim Bey'e ve Baba Raşid Efendi'ye (3 ay) ney öğretti. Abraham Paşa'nm amcası Ermeni zenginlerinden Karaber' e tanbur dersleri verdi. En degerli talebesi, kendisi gibi tanbur ve ney virtiiozu olan Şeyh Abdiilhalim Efendi (b. bk.)'dir. Abdülhalim Efendi, Cemil Bey'in ortadan kalkmasma sebeb oldugu klasik Türk tanbur tavrını Dr. Subhi Ezgi'ye, 0 da Mes'ud Cemil'e ogretrniştir. Erm. Oskiyan veya Vaskiyan'dır.

Öztuna 184 a,403a.

この文章はÖztunaの本から?

改定履歴
2011/03/15
サマトゥヤ→サマティヤに修正、関連記事に「トルコ共和国の行政単位イルilとイルチェilçeとマハッレMahalle」と「「~ジ、~ジュはトルコ語で~屋さん?」」追加、SamatyalıとKuyumcuの意味追加、Oskiyanの方が正しいかもしれない説追記。

関連記事
マフムト2世(マフムト二世)と音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-50.html
セリム三世(セリム3世)と音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-27.html
セリム三世(セリム3世):音楽への関心
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-28.html
デデ・エフェンディについて
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-11.html

トルコ共和国の行政単位イルilとイルチェilçeとマハッレMahalle
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-163.html
この記事の人物はイスタンブルのFatih地区のSamatyaのsemtで生まれた。semtは英語でdistrictの事らしい。semtについて書いた記事。

~ジ、~ジュはトルコ語で~屋さん?
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-122.html
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。