スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ザーデ「~の子孫」(ペルシア語接尾辞)

zâde 「~の子孫」

人名力
著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―
http://blog.goo.ne.jp/jinmeiryoku
の記事が興味深かったので。

音楽家の名前の意味が分かって面白い。

-------------------------------------------------
人名力
著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―
世界各国姓事情
イラン=イスラム共和国
http://blog.goo.ne.jp/jinmeiryoku/e/fa8b24a0ce2d13de62878931f148b72c
より、興味をそそられるところ。

古典的には、「父の個人名 -zâde +個人名+出身地や職業や父祖の名 -i」となり、それぞれの要素は省略されることもある。

称号と敬称
Agha 男性への呼びかけ。「アーガー」。「~さん」に相当し、姓の前に付ける。
Darvish(Dervish) 「ダルヴィッシュ」。「スーフィー(イスラーム神秘主義)の托鉢僧」。称号としては現代では使用されない。
Hajj 「メッカに巡礼をした者」。イラン・イスラム共和国の成立後に多く使用される。
Khan 遊牧民の君主や有力者が名乗った称号。かつては称号で、現在は敬称とみなされている。
Khanom 女性への呼びかけ。「~さん」に相当し、姓の前に付ける。
Mirza 名前の前につき「学識のある者」、名前の後につき「王族の子孫」を意味する。称号としては現代では使用されない。
Mulla 「ムッラー」。「イスラームの師」、「イスラームの聖職者」。
Ostad 「職人の親方」
Seyyed 「セイイェド(サイイド)」。「男性のムハンマドの子孫」。イラン・イスラム共和国の成立後に多く使用される。
Shaykh 「指導者」、「裕福な者」。原義はアラビア語で「年をとった人」。

姓の接辞の例
-i 「~の出身」。 -ian, -yan の転で原義は「~の子孫」。
-ian 「~の子」。アルメニアの姓の -ian もこのペルシャ語に由来。
mir- 「~の指揮官」、「~の主人」、「~の王子」。アラビア語の amir の短縮形。
-yan 「~の子」。アルメニアの姓の -yan もこのペルシャ語に由来。
-zad 「~氏族の生まれ」
-zada 「~の子孫」
-zâde 「~の子孫」
-zadegan 「-zadeh の複数形」
-zadeh 「~の子孫」

姓の種類
職業
Darvishi 「スーフィー(イスラーム神秘主義)の托鉢僧+ i」

この記事は下記を参考にしているとのこと。

『世界の姓名』
『世界の言語ガイドブック2 アジア・アフリカ地域』
『第三世界の姓名 人と名前と文化』
『暮らしがわかるアジア読本 イラン』(上岡弘二編、河出書房新社、1999)
http://en.wikipedia.org/wiki/Family_name#Iranian.2FPersian
http://en.wikipedia.org/wiki/Family_name_affixes
http://www.zoorna.org/papers/MP-PersianNames.pdf

------------------------------------------
人名力
著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―
世界各国姓事情
トルコ共和国
http://blog.goo.ne.jp/jinmeiryoku/e/cc6433da9c57812852e67413ece75e6d
より。気になったところ。

カラオスマンオウル 
ヤークブ・カドリが家族の通称を姓としたもの。カラはトルコ語で「黒い(強力なという意味もある)」、オスマンは家の祖の名、オウルはトルコ語で「子」の意。

日常では、姓ではなく個人名で呼ばれることが多い。

接辞の例
-han 「王、汗(khan)」
-oğlu 「~の子」
-zāde 「~の子孫(ペルシャ語起源)」

トルコの姓の分類
■ 個人名・父称
Baceoğlu 「Bace の子」
Budakoğul Budak 「芽」 oğul 「子」
Cengiz 「チンギス・カン」から。
Dikmenoğlu 「Dikmen の子」
Menemencioğlu 「Menemenci の子」
Yaman 「力のある」

■ 事象・物象
Aslan 「獅子」
Baş 「頭」
Bektaş Bek 「強い」、taş 「石」

クルド人
「個人名+姓」の順で、伝統的に、結婚後の女性は男性の姓を名乗らない。また、大部分がクルド名をもたない。政府によって禁止されているためであって、正統のクルド名を保持しているクルド人は、離散者か、クルド人が比較的自由であるイラクにいる。

姓は、「氏族名」、「地域名」に由来するものが多い。

クルド人の姓の一般的な接辞
-i 「~出身」
-zade 「~の子」

出典
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_most_common_surnames#Turkey
(本来の出典へのリンクは切れている)
人口は、以下による。
http://www.forumturkiye.com/arsiv/index.php/t-1398.html
6位からは以下による。
What are the top 10 surnames in greece and turkey? - Yahoo! Answers

参考
『第三世界の姓名』
『世界の言語ガイドブック2 アジア・アフリカ地域』
『トルコ(暮らしがわかるアジア読本)』(鈴木 董、河出書房新社、2000)
http://en.wikipedia.org/wiki/Family_name#Kurdish
http://en.wikipedia.org/wiki/Family_name_affixes
トルコの人名 The Turkish Names
http://www.efendi.jp/rq/script/languages/ancient/names/turkish_names.html
What are some turkish last names? - Yahoo! Answers
http://answers.yahoo.com/question/index;_ylt=Au.ufMmo98S8lzzA2ShYH_IjzKIX;_ylv=3?qid=20080709172857AAa2rgx

-----------------------------------------
人名力
著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―
世界各国姓事情
アゼルバイジャン共和国
http://blog.goo.ne.jp/jinmeiryoku/e/d5446924c79a589dc28697418bbbc2fe
より。興味深いところ。

テュルク語起源の接尾辞
-oğlu 「~の息子」
-qızı 「~の娘」

ペルシャ語起源の接辞の例(イラン系アゼルバジャン人)
-zadeh 「~の子」
具体例
Damirchizadeh 「鉄鍛治の子」
イラン系アゼルバイジャン人の接辞は、父の個人名より、先祖の出身地につく。また、職業名に付く場合もある。

出典
Azeri last names - Meet my last name
http://www.meetmylastname.com/prd/articles/76
http://www.startsurfing.com/encyclopedia/l/i/s/List_of_most_common_surnames.html

参考
『ロシア・ソビエト姓名辞典』
http://en.wikipedia.org/wiki/Family_name#Azerbaijan
http://en.wikipedia.org/wiki/Family_name_affixes

関連記事
コルクト皇子(オスマン帝国)と音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-47.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。