スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルクト皇子(オスマン帝国)と音楽

スルタン・コルクト(1467-1513)

バヤズィト2世(訳注※1)の息子でセリム1世(訳注※2)の兄。彼は詩人・楽器演奏家・作曲家で、また芸術(訳注※3)と科学の支援者だった。彼は「グダイ・ルフ(訳注※4) Gıda-i ruh」または(訳注※5)「ルフ・エフザ ruh-efza」と呼ばれる楽器を考案したと言われている。8つの曲がコルクト皇子の作として伝えられている。

訳注※1 バヤズィト2世、バヤズィトニ世。トルコ語版ではII. Bayezidなのでバイェジド2世、バイェジドニ世、バエジド2世、バエジド二世? オスマン帝国第8代皇帝。1447年生 - 1512年5月26日没、在位:1481年 - 1512年。
訳注※2 セリム1世、セリム一世。オスマン帝国第9代皇帝。1465年10月10日生 - 1520年9月22日没。在位:1512年 - 1520年。
訳注※3 fine artsの訳に迷う。「芸術」と訳したが、「美術」かも知れない。
訳注※4 トルコ語版の文章を参照し、そちらのつづりの方が正しいと判断し、グダイ・ルフ Gıda-i ruhとした。
訳注※5 arはorのつづり間違いと判断した。

Turkish Music Portalのコルクト皇子の項目(英語)の適当訳。訳文の信頼性は低いので注意。

Turkish Music Portal(英語)
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=97&lang2=en

Composers and Performers / Turkish Classical Music / Composers of the Ottoman Imperial Family
COMPOSERS AND PERFORMERS

SULTAN KORKUT

Sultan Korkut ( 1467-1513)

Son of Bayezid II, and the elder brother of Selim I. he was a poet, instrumentalist, composer and also a supporter of fine arts and sciences. He is said to have designed a musical instrument called "gida-i ruh" ar "ruh-efza". Some eight compositions on the repertoire have been attributed to Prince Korkut.

Turkish Music Portal(トルコ語)

http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=97&lang2=tr

Besteci ve İcracılar / Klasik Türk Müziği / Sultan Bestekarlar
BESTECİ VE İCRACILAR

SULTAN KORKUT

Sultan Korkut ( 1467-1513)
Sultan II. Beyazid’in oğlu, Yavuz Sultan Selim’in ağabeyidir. Amasya’da doğdu, Bursa’da öldü. Şair, sazende ve bestecidir. Sanatçıları ve bilginleri koruması ile tanınmış, iyi yetişmiş çok bilgili bir şehzadeydi. “Gıda-i ruh” yahut “ruh-efza” adlı bir saz icat ettiği söylenir. Günümüzde ona mal edilen 8 saz eseri vardır.

------------------------------------------
コルクト皇子作曲のキュルディ・ペシュレヴ Kürdi Peşrevを聞いた。
楽譜をNeyzen.comhttp://notaarsivleri.com/index.htmlで探したが見つからず。
→2011/02/25追記
İstanbul 2010 Avrupa Kültür Başkenti
で作曲家Şehzade Korkutで楽譜発見

Eser Adı : Peşrev
Bestekar : Şehzade Korkut
Söz Yazarı : Kürdi
Makam : Hüseyni
Form : S.Eser
Usul : Devr-i Kebir
Arşiv No : E1247

マカームはヒュセイニとの解釈もある模様?
ウスールはDevr-i Kebir(14/4拍子-この時代のDevr-i Kebirはテンポ速い)

アリ・ウフキー・ベイ(Ali Ufki Bey)の器楽と歌謡集成Mecmûa-i Sâz ü Sözに収められてたものかな?
------------------------------------------
英語版Wikipedia「Korkuteli」記事
http://en.wikipedia.org/wiki/Korkuteli
によればトルコのアナトリア半島にコルクテリという地があるとのこと。

Korkuteli is a district of Antalya Province in the Mediterranean region of Turkey, 56 km (35 mi) north-west of the city of Antalya. In ancient times it was called Isionda, Isindos, Pisinda, or Sinda.

Etymology
Its modern name comes from Korkut, prince of the Ottoman Empire, who was murdered by his brother Selim I while trying to hide in a cave in the district.


(白いりんごによる自由訳)

コルクテリはトルコの地中海地方のアンタリヤ県の行政区である。アンタリヤの街の56km北西にある。かつてはイシオンダ、イシンドス、ピシンダ、シンダと呼ばれた。

語源
その現代の名前はオスマン帝国の皇子コルクトに由来する。彼はその地域の洞窟の中に隠れようとした時、彼の兄弟セリム1世に殺された。

------------------------------------------
トルコ語版ウィキピディアのバヤズィト2世の記事が充実している。
http://tr.wikipedia.org/wiki/II._Bayezid
そこにŞehzade Korkutとの記載があった。シェフザデ Şehzadeは英語版WikipediaにShahzadeの名前で記事があり

Shahzade may refer to:

Shahzade, a prince of the Iran royal house
The son or male line descendant of an Ottoman Sultan


つまり

・シャーザーデ、イラン王室の王子
・オスマン帝国のスルタンの息子か男系子孫

とのこと。

シャーはペルシア語で王、ザーデは~の息子の意?
→シャーはペルシア語で「王」の意味で良い。
-------------------------------------------------------
→~ザーデについて

人名力
著名人名の語源―The Etymology of Famous Person Names―
アゼルバイジャン共和国
http://blog.goo.ne.jp/jinmeiryoku/e/d5446924c79a589dc28697418bbbc2fe
によると
zadehは「~の子」の意でペルシャ語起源の接辞とのこと。
Damirchizadehで「鉄鍛治の子」の意。

ということは大音楽家ハンマーミーザーデ・イスマーイル・デデ・エフェンディ、ハンマミザデ・イスマイル・デデ・エフェンディ Hammâmîzâde İsmâil Dede EfendiのHammâmîzâdeは「ハンマーミーの子」の意味?
→ハンマーム:トルコの銭湯
→「銭湯屋の子」の意?
→A Short History of Turkish Mûsıkî
 Ozan Yarman
 (25 November 2002)
 http://www.ozanyarman.com/files/musikihistory.pdf
にあった

famous composer İsmâil Dede Efendi of the Bathattendents (1778-1846)

のBathattendentsはbath attendantのつづり間違いで番頭の意?
attendantは
 1.接客係、案内係、係員。
 2.付き添い人、付き人、従者、お供。
の意味なのでBathattendantsで「風呂の接客係」?
風呂屋の番頭のイスマーイル・デデ・エフェンディ?
風呂の接客係のイスマーイル・デデ・エフェンディ?
→「風呂の接客係」は三助(さんすけ)のこと?

-------------------------------------------------------------------------
2011/02/25追記

修史官ちょくのアストロラーベ
歴史関係の読書日記、オスマン帝国史、モンゴル時代史、戦国時代史、その他東洋史などのホームページ

■バヤズィト2世の皇子たちとスルタン位継承争い-ウズンチャルシュル『オスマン朝史』、S.J.ショウ『オスマン帝国とトルコ共和国の歴史』より
http://f43.aaa.livedoor.jp/~choku/bayezid2%20shehzade.htm
に「コルクトの人柄とエジプトへ行ったこと」の記述あり。

◆コルクトの人柄とエジプトへ行ったこと

 バヤズィト2世の存命中に残った3人の皇子たちのうち次男であったコルクトは、872/1467年に生まれた。また、幼少の時、祖父のもとで育ち、すぐれた教育を与えられ、学者、哲学者、詩人、音楽家であった。イスラムについて広い知識を持ち、アラビア語を理解し、書くことができた。父に送った手紙の一部もアラビア語で書かれていた。ハリミー・マフラーという筆名で詩を残している。父の治世の888年ズルヒッジャ月にまずマニサ・サンジャクの知事に任命されたのち、兄アフメトの圧力で、イスタンブルから遠いアンタルヤに移された~

より詳細は上記URLへ。

----------------------------------------------------------------
Türk Mûsikîsi
Türk Mûsikîsi Bestekârları
Bazı Mûsikîşinaslarımızın kabirleri
http://www.turkmusikisi.com/bestekarlar/bestekarlarin_kabirleri.htm

ŞEHZÂDE MEHMET KORKUT (1467 Amasya -1513 Eğrigöz)
Besteci, vali, şair, hattat, II. Bayezid'ın oğlu. Öldürüldü. Mezan bursa4da Tophanelideki Orhan Gazi türbesindedir.

Eğrigözで亡くなった?
Eğrigözはキュタヒヤ県 (Kütahya ili)?



-------------------------------------------------------------------------------
2011/10/15追記

東京外国語大学
南・西アジア課程
トルコ語専攻
トルコ語専攻関係 卒業論文・修士論文一覧
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/asw/tur/theses/theses-list.htm
に、
2005年度
藤巻 晋也 (林ゼミ)
「赤髭ハイレッディンの生涯 ―『バルバロス・ハイレッディン遠征記』を中心に―」
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/asw/tur/theses/2005/fujimaki.pdf
添付資料: 『バルバロス・ハイレッディン遠征記』全訳
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/asw/tur/theses/2005/fujimaki.hayreddin.pdf
というのがあって、その「添付資料: 『バルバロス・ハイレッディン遠征記』全訳」の中に以下のような記述があった。

(訳:藤巻 晋也)
【正編部】
■オルッチがロードス騎士団の船から逃れ、救出される
~当時、皇子コルクットは、アンタルヤにいた。そこで知事をしていた。なんと毎年ロードスから100人奴隷を買って解放することを習慣としていた。~

修正履歴
2011/02/25
・「コルクトの人柄とエジプトへ行ったこと」追加
・Türk Mûsikîsi Bestekârlarıからの情報追加
・Kürdi Peşrevの楽譜についてİstanbul 2010 Avrupa Kültür Başkentiからの情報追加
2011/10/15
バルバロス・ハイレッディン遠征記の中に出てくるコルクト皇子の記述を追記

関連記事
~ザーデ「~の子孫」(ペルシア語接尾辞)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-48.html
セリム三世(セリム3世):音楽への関心←文章の中にshahzadeの語有り
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-28.html
デデ・エフェンディについて←Hammâmîzâde İsmâil Dede Efendi
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-11.html
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。