スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Abdülkâdir Merâgîについて

アブド・アル=カディル・マラギ Abd al-Qadir Maraghi

アブド・アル=カディル・アル=マラギ・ブン・ガイビ Abd al-Qadir al-Maraghi b. Ghaybi(ペルシア語:عبدالقادر مراغی (十四世紀中頃生-A.D.1435年没))はペルシャ人の詩人、音楽家、芸術家。イスラーム百科事典(エンサイクロペディア・オブ・イスラム Encyclopedia of Islam)によれば、彼は最も偉大なペルシア人の音楽に関する著作家である。

人生

アブド・アル=カディル・ブン・ガイビ・アル=ハフィズ・アル=マラギ Abd al- Qadir b. GHaybi al-Hafiz al-Maraghiは14世紀の中頃イランのマラガ Maragha(訳注※1)で生まれた。彼は1379年頃、ジャライル朝(訳注※2)のスルタン・フサイン1世(訳注※3)の宮廷吟遊詩人(訳注※4)のひとりになった。ジャライル朝のスルタン・アフマド(訳注※5)の元で、彼は宮廷吟遊詩人の長に任命された。ティムールがバグダードを1393年に攻略したとき、彼はティムール朝の首都サマルカンドに移送された。1399年に彼はティムールの気まぐれな息子ミーラーン・シャー(訳注※6)の役務でタブリーズにいた。アブド・アル=カディルはミーラーン・シャーのとっぴな振る舞いの原因とされ(訳注※7)、ティムールは彼を捕らえるために迅速に行動した。しかしアブド・アル=カディルはあらかじめ警告されおり、バグダードのスルタン・アフマドのジャライル朝宮廷に逃げた。ティムールは1401年にバグダードを再び奪回し、アブド・アル=カディルをサマルカンドに連れ帰った。アブド・アル=カディルはティムールの息子シャー・ルフ(訳注※8)の宮廷で才気あふれる人物のひとりとなった。彼はまた1421年にオスマン帝国のスルタン・ムラド2世(訳注※9)のために音楽論文(以下を見よ)を書いた。彼は1435年にサマルカンドで没した。

音楽理論の著作

アブド・アル=カディルは音楽、詩、絵画の達人であった。このことは彼を異なった王朝の宮廷の間で高く望まれる文化人(訳注※10)にした。彼が「過ぎさった時代の栄光」と同時期の人によって名付けられたのは、彼の音楽の才能が原因であった。

アブド・アル=カディルは音楽理論に関する4つの著作で知られている。現存する3つの著作はすべてペルシア語で書かれている。彼の最も重要な音楽論文はジャミ・アル=アフラン Jami al-Ahlan جامع الحان (ペルシア語で(訳注※11)音楽の百科事典)である。その直筆の文書は ボドリアン・ライブラリー Bodleian Library(訳注※12)とイスタンブールのヌル・オスマニッヤ・ライブラリー Nuru Othmaniyya Library (訳注※13)に温存されている。この著作の第1の写本は1405年に彼の?(訳注※14)ヌル・アッディン・アブド・アル=ラフマン Nur al-din Abd al-Rahmanのために書かれ、また?(訳注※15)1413年に作者によって改訂された。第2の写本は1415年に書かれ、ティムール朝のスルタン、シャー・ルフに献呈された。
アブド・アル=カディル第2の主な著作はペルシア語の本マカシド・アル=アルハン Maqasid al-Alhan(ペルシア語では:音楽の意図(訳注※16))(مقاصد الحان)である。それはオスマン朝のスルタン・ムラド2世に献呈された。
第3の音楽論文、カンズ・アットゥハフ Kanz al-tuḥaf(音楽の宝典(訳注※17))、これには著者の記録した作品が含まれているが現存しない。
彼の最後の著作、シャルフ・アル=アドワル Sharh al-Adwar(サフィ・アッデイン・アル=ウルマウィ Safi al-din al-urmawiのキターブ・アル=アドワール Kitab al-Adwarについての注釈)(شرح الادوار)はヌル・オスマニッヤ・ライブラリーにある。

例によって適当訳。訳文の信頼性は低いです。英語版WikipediaのAbd al-Qadir Maraghiの記事より

訳注※1 Wikipedia(英語版)"Maragheh"によるとMaraghehやMarāghéやMarāghaとも綴り、ペルシア語でمراغه アゼルバイジャン語で مراغه で、北部イランの東アゼルバイジャン州にあり、サフィ・チャイ川の岸辺の街とのこと。アゼリ語話者が多数住み、タブリーズから130kmの地点。北緯37度23分、東経46度16分。ちなみに別の地名でアゼルバイジャンにもMaragaという村があるとのこと。タルタルという町の近くにある?村で、こちらは北緯40度19分18秒、東経46度54分20秒の地点。→関連記事「マラーガについて」(このページ下部にURL記載)も参照
訳注※2 Wikipedia「ジャライル朝」によれば、ジャライル朝(1340年 - 1411年)。イルハン朝(フレグ・ウルス)の解体後にイラン西部からイラクにかけての旧イルハン朝西部地域一帯を支配したモンゴル系のイスラム王朝。
訳注※3 Wikipedia「フサイン一世」によれば、ジャライル朝の第3代君主。在位1374年 - 1382年。1382年に弟のアフマドによって暗殺された。
訳注※4 原文の英語ではミンストレル minstrel。
訳注※5 Wikipedia「アフマド (ジャライル朝)」によれば、ジャライル朝の第4代君主(在位:1382年 - 1410年)。第3代君主フサイン1世の弟。ティムールがイラン方面に進出してきた際、アフマドは東部アナトリアを支配するトルコ系の遊牧部族連合黒羊朝と結んで対抗したが、圧迫されてタブリーズからバグダードに退却。さらにティムールに敗れてバグダードを奪われた。
訳注※6 Wikipedia「ティムール朝」と「アブー・サイード (ティムール朝)」によれば、ティムールの子でアゼルバイジャン・タブリーズのアミール(総督)だった。弟はティムール朝第3代君主シャー・ルフ、孫はティムール朝第7代君主アブー・サイード。
訳注※7 blamedの意味がよくわからない。
訳注※8 Wikipedia「シャー・ルフ」によれば、1377年8月30日生、1447年3月12日没。ティムール朝の第3代君主(在位:1409年 - 1447年)。初代君主・ティムールの4男。
訳注※9 Wikipedia「ムラト2世」によれば、1404年生、1451年2月3日没。オスマン帝国の第6代皇帝(在位: 1421年-1444年)(1446年-1451年)。2度即位している。
訳注※10 原文はartisan。伝統工芸などの職人、熟練工、(腕のいい)職人の意。
訳注※11 forの意味が良くわからない。音楽の百科事典のためのペルシア人?→「ペルシア語ではの」意と思われる
訳注※12 読みがこれで合っているか不明。ボドリアン? ボドレイアン? イギリスのオックスフォード大学の図書館の事か?
訳注※13 Nurosmaniye Kütüp?Nuruosmaniye Kütüphanesi?http://www.yazmakutup.gov.tr/nuruosmaniye/giris.html
訳注※14 hisの意味が良くわからない
訳注※15 この文章、動詞wasが2回あるのがよくわからない
訳注※16 訳すのが難しい。音楽の意図、音楽の目的、音楽の意味、音楽の趣旨といったあたりの意味?
訳注※17 原文ではKanz al-Tu.afだがこれはおそらくKanz al-tuḥafの間違いと考えられるので「カンズ・アットゥハフ Kanz al-tuḥaf」とした。平凡社音楽大事典「西アジア(アラブ)」項には
 ~14世紀のペルシア語百科事典<カンズ・アッ-トハフ Kanz al-tuḥaf>~
とある。

原文

http://en.wikipedia.org/wiki/Abd_al-Qadir_Maraghi

Abd al-Qadir Maraghi

Abd al-Qadir al-Maraghi b. Ghaybi (Persian: عبدالقادر مراغی (born middle of 14th – died 1435 A.D.)), was a Persian poet, musician and artist. According to the Encyclopedia of Islam, he was the greatest of the Persian[1] writers on music.

Life

Abd al- Qadir b. GHaybi al-Hafiz al-Maraghi was born in Maragha in Iran about the middle of the 14th century. He had become one of the court minstrels of the Jalayirid Sultan al-Husayn around 1379. Under Sultan Ahmad Jalayirid, he was appointed the chief court minstrel. When Timur captured Baghdad in 1393, he was transported to Samarqand, which was the capital of the Timurid dynasty. In 1399, he was in Tabriz at the service of Timur’s wayward son Miranshah. Abdl al-Qadir was blamed for the erratic conducts of Miranshah, and Timur acted swiftly in order to capture him. But Abd al-Qadir, was forewarned and escaped to the Jalayrid court of Sultan Ahmad in Baghdad. Timur again recaptured Baghdad in 1401 and took Abd al-Qadir back to Samarqand. Abd al-Qadir became one of the brilliant men at the court of Timur’s son, Shahrukh . In 1421, he also wrote a musical treatise (see below) for the Ottoman Sultan Murad II. He died in Samarqand in 1435.

Works on music theory

Abd al-Qadir was proficient in music, poetry and painting. This made him to be a highly desired artisan amongst the courts of different dynasties. It was due to his musical talent that he was named by his contemporaries as the Glory of the past age. [1].

Abd al-Qadir is known for his four works on music theory. All three surviving works were written in Persian. His most important treatise on music is the Jami al-Ahlan (جامع الحان) (Persian for Encyclopedia of Music), autographs of which are preserved at the Bodleian Library and the Nuru Othmaniyya Library in Istanbul. The first manuscript of this work was written in 1405 for his Nur al-din Abd al-Rahman was revised by the author in 1413. The second manuscript was written in 1415, carries a dedication to Sultan Sharukh of the Timurid dynasty.

The second major work of Abd al-Qadir is the Persian book Maqasid al-Alhan (Persian for: purports of Music)(مقاصد الحان). It was dedicated to the Ottoman Sultan Murad II.

A third treatise on music, the Kanz al-Tu.af (Treasury of Music) which contained the author's notated compositions, has not survived.

His last work, the Sharh al-Adwar (Commentary on the [ Kitab al-Adwar] of safi al-din al-urmawi)(شرح الادوار), is to be found in the Nuru Othmaniyya Library.

---------------------------------------------------------------------------
以下はTurkish Music PortalのABDüLKADİR MERAGİの項の適当訳。訳文の信頼性は低いので注意。

アブドゥルカディル・メラギ

アブドゥルカディル・メラギ(1353-1435)はアゼルバイジャンのメラガの街で生まれた。彼の誕生の年代は正確には知られておらず、およそ1353年から1360年の間である。彼は興味をそそられる、波乱に満ちた人生を送った。残念ながら、その大部分は知られていない。

1.ケンジュル・エルハン KENZÜ'L-ELHAN:意味「旋律の宝庫」この書は未発見である。他の書で、メラギは読者に難解な音楽の論点を理解するためにこの書を参考にするように助言する。彼はまた多くの他の作曲家に由来する手稿をこの書に含めたと書く。彼の「ジャミユル・エルハン Câmiü'l-Elhan」の序文において特に彼は、前述の本を徹底的に調べれば、ほかの場所を見る必要が全くないと主張する。

2.ジャミユル・エルハン CÂMIÜ'L-ELHAN(旋律の社会):アブドゥルカディル・メラギはこの書を贈り物として彼のすぐに(訳注※1)ヌレッディン・アブドゥルラフマンに提示した。書のいくつかにある彼の注は、彼が1423年にそれを取り戻して、追加を確実にしながら(訳注※2)それを改訂した事を示す。

3.マカスドゥル・エルハン MAKASIDÜ'L-ELHAN(旋律の目的地(訳注※3))はスルタン・ムラト2世の注文で1422年に書かれた。それはペルシア語で書かれている。

4.セルヒュル・キタビュル・エドワール SERHÜ'L-KITABÜ'L-EDVÂRはサフィユッディン・アブドゥルミュミン Safiyüddin Abdülmüminのキタビュル・エドワル Kitabü'l Edvârの説明である。ペルシア語で書かれたこの本の1つの写しはヌルオスマニイェ・ライブラリー Nuruosmaniye Libraryの所蔵品の中にある。

5.キタビュル・エドワル KITABÜ'L-EDVÂR:トルコ語で書かれたこの本のただひとつ残っている写しはレイデン(訳注※4)にある。この理論書は何人かの作曲家由来の楽譜を含む。

6.ムースキー・エセルレリ MÛSIKÎ ESERLERI(音楽作品):多数の楽器を考案し、それまで知られていたことを修正した(訳注※5)この偉大な人物は、彼の「エブジェド Ebced(訳注※6)」表記法においてたくさんの作品を記録した、そしてそれ故に今日へのそれらの作品の残存を確かにした。作品は、30の声楽曲を含む。それはカール、ベステ、ナクシュ・ベステ、ナクシュ・ユリュク・セマーイー、センギン・セマーイー、アクサク・セマーイーにわたるジャンルの13の声楽曲を含む?(訳注※7)


訳注※1 soonの意味が良く分からない。sonの綴り間違いで息子の意?
訳注※2 , making certainの意味がわからない
訳注※3 Goalの訳に迷う。単にゴールとすべきか、それとも目標、目的地、目的、目指すもの、着点、ターゲット、目安?
訳注※4 レイデン LeydenはLeidenの事で、オランダの街ライデン?
訳注※5 what was known up to thenの意味がわからない
訳注※6 Ebced(トルコ語読みでエブジェド)はアラビア文字のアブジャドの事と思われる
訳注※7 are ofの意味がわからない


Turkish Music Portal
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=40

Composers and Performers / Turkish Classical Music / Composers

COMPOSERS AND PERFORMERS

ABDüLKADİR MERAGİ

Abdülkadir Meragî (1353-1435) was born in the city of Merâga in Azerbaijan. His date of birth is not precisely known, is estimated at between 1353 and 1360. He lead a fascinating, tumultuous life, most of which unfortunately is unknown.

1. KENZÜ'L-ELHAN: Meaning "treasury of melodies," this work has never been located. In other writings, Meragî advises the reader to consult this work in order to understand difficult-to-understand musical points. He also writes that he included manuscripts from many other composers in the work. Most notably in the foreword of his "Câmiü'l-Elhan," he claims that if one examines the aforementioned book thoroughly, he will have no need to look elsewhere.

2. CÂMIÜ'L-ELHAN (Society of Melodies): Abdülkadir Meragî presented this book to his soon Nureddin Abdurrahman as a gift. His notes on some of the works indicate that he took it back in 1423 and revised it, making certain additions.

3. MAKASIDÜ'L-ELHAN (Goal of the Melodies) was written in 1422 at the order of Sultan Murat II. It is written in Persian.

4. SERHÜ'L-KITABÜ'L-EDVÂR is an explanation of Safiyüddin Abdülmümin's Kitabü'l Edvâr. One copy of this book, written in Persian, is in Nuruosmaniye Library's collection.

5. KITABÜ'L-EDVÂR: The single remaining copy of this book, which was written in Turkish, is in Leyden. This theory book includes notation from some composers.

6. MÛSIKÎ ESERLERI (Musical Works): This great person, who invented a number of musical instruments and corrected what was known up to then, recorded many works in his "Ebced" notation and thus ensured their survival to the present day. The work includes thirty vocal works, thirteen of which are of the genres Kâr, Beste and Nakis Beste, Nakis Yürük Semaî, Sengin Semaî and Aksak Semaî.

関連記事
アブドゥルカディルという名前について
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-39.html
Abdülkâdir Merâgî作曲の声楽曲
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-40.html
マラーガについて
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-53.html

アブドルカーデル・マラーゲイーの『旋律の意図』について(関 喜房)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-192.html
東洋音楽研究 Vol. 1977 (1977) No. 41-42 P 160-150
アブドルカーデル・マラーゲイーの人生とその著「旋律の意図」について書いてある。

ラーディキー(15世紀後半、アラブの音楽理論家)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-193.html

改定履歴
2010/02/17
カンズ・アットゥハフ Kanz al-tuḥafについて追加・変更・修正
2010/03/01
マラーガについて追記
2012/07/27
アブドルカーデル・マラーゲイーの『旋律の意図』について(関 喜房)の記事にリンク追加
2012/08/25
ラーディキー(15世紀後半、アラブの音楽理論家)の記事にリンク追加
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。