スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリム三世(セリム3世)と音楽

セリム三世(1761-1808)

第28代オスマン帝国スルタン。彼は疑う余地なく(訳注※1)オスマン帝国の古典音楽の伝統において最高の作曲家のひとりであり、タンブール(訳注※2)とネイの(訳注※3)演奏者だった。音楽に興味を抱き、楽器を演奏し、歌を作曲した皇帝の一族のものは多くいたが(訳注※4)、セリム三世以上に音楽の趣味に熱中し、作曲家としての成果をあげたものはいない。

若きセリムは王子の時代から、宮廷と街の著名な音楽家を結集するため、宮廷での音楽の活動を奨励し始めた。彼はまたオスマン宮廷のハレムにいた女性音楽家を支援した。彼の治世はトルコの音楽の確かに最も輝かしい時代であった。アブドゥルハリム・アー(訳注※5)、ワルダコスタ・アフメト・アー、キュチュク・メフメト・アー、ヌマン・アー、シャキル・アー、サドゥッラー・アー、エミン・アー、キョミュルジュザデ・ハフズ・エフェンディ、タンブリ・イザク、デデ・エフェンディ、その他、オスマン宮廷による公的な支援が行われなくなったこの時期に活躍した多くの優れた伝統的な作曲家がいる。

音楽において新機軸が導入されるのが、この時代の最も際立った局面である。新しいマカム(訳注※6)の設計、またいくつかの確立された鉄則をある程度曲げるために新機軸を引き起こす必要性があった。通常、彼が王子とスルタンであった年代はオスマン帝国の音楽の歴史において「セリム三世の時代」と呼ばれる。

セリム三世はメヴレヴィ(旋舞教団員(訳注※7))であった。彼はメヴレヴィハネ(修道院)と街の音楽の中心地での音楽活動の興味を決して失わなかった。彼は、偉大なディヴァン詩人(訳注※8)シェイフ・ガリブ(訳注※9)との文学の、そして、音楽の会話を持つために旋舞教団の典礼の式典に出席して、ガラタ・メヴレヴィハネシを訪ねた。 セリム三世の励ましで、ハンパルツム・リモンジヤン(訳注※10)とアブドゥルバーキ・ナースル・デデ(訳注※11)の両方ともが新しい記譜法を発達させたということは注目に値する。

セリム三世は スジディルアラ、シェウクエフザ、シェウク・タラーブ、アラズバルブセリク、ネワキュルディー(訳注※12)のようないくつかのマカムを作った。彼は様々な器楽形式や声楽形式を使っておおよそ(訳注※13)70の作品を作曲した。(訳注※14)。彼は「イルハミー(訳注※15)」というペンネームで詩を書いた。そしてディーヴァーン(訳注※16)にそれらを集めた。彼の声楽曲のいくつかでは、彼は歌のテキストに彼自身の詩を使用した。

注:下記Turkish Music Portalの英文でのセリム三世の記事の適当な訳である。情報を信用しないで原文にあたって欲しい。

訳注※1 undoubtelyはundoubtedly(疑う余地なく)のつづり間違いと判断した。
訳注※2 タンブール tanburはロングネックリュート。円形の胴体を持つ長棹の撥弦楽器。
訳注※3 ネイ neyは葦の笛。
訳注※4 AltoughはAlthoughのつづり間違いと判断した
訳注※5 音楽家の名前の読みは英語版ではトルコ語の文字ユムシャクゲーğが単にgになっていたりするのでトルコ語版の記事を参考にした。それぞれトルコ語版のつづりは以下の通り。
 アブドゥルハリム・アー Abdülhalim Ağa
 ワルダコスタ・アフメト・アー Vardakosta Ahmet Ağa
 キュチュク・メフメト・アー Küçük Mehmet Ağa
 ヌマン・アー Numan Ağa
 シャキル・アー Şakir Ağa
 サドゥッラー・アー Sadullah Ağa
 エミン・アー Emin Ağa
 キョミュルジュザデ・ハフズ・エフェンディ Kömürcüzade Hafız Efendi
 タンブリ・イザク Tanburi İzak
 デデ・エフェンディ Dede Efendi
訳注※6 マカムmakamはトルコ音楽の音楽理論用語で、西洋音楽で言えば音階や旋法のようなもの。
訳注※7 直訳的には「回る修道僧(デルヴィーシュ)の教団」。文章から考え「order」の英単語を教団ではなく教団員と訳した。トルコ語版の記事には「Selim Dede」という単語が出てくる。デデは修道僧の称号とのことなのでこの意味で合っているのではと思う。
訳注※8 ディヴァン文学(古典詩文学):オスマン帝国時代に生まれ、アラブ文学とペルシャ文学の延長線上に発達した文学。(トルコ>文化>文学 http://www.byegm.gov.tr/yayinlarimiz/kitaplar/turkiye2009/japan/432-433.htmより)
訳注※9 英語のつづりだとセイフ・ガリブになるがトルコ語版を参照したところŞeyh Galibとのつづりだったのでシェイフ・ガリブとした。
訳注※10 トルコ語ではrはローマ字読みとのこと、またひげのついていない(çではない普通の)cは「ジャジュジョ行」の読みになるとのことなので「ハンパルツム・リモンジヤン」とした 
訳注※11 トルコ語版のつづりAbdülbâki Nâsır Dedeより
訳注※12 トルコ語版の文章と内容が違っている。トルコ語版であげられていたもの
Suzidilara
arazbarbuselik
nevakürdî
pesendide
şevkefza
şevk-u tarâb
hicazeyn
hüseynîzemzeme
nevabuselik
rast-ı cedid
英語版のsevfekzaはşevkefzaのつづり間違いと判断した。arazbuselikは英語版の間違いでトルコ語版のarazbarbuselikが正しいと判断した。参考までにNeyzen.com(http://www.neyzen.com/)でのつづりはそれぞれ
Sûz-i Dil-Ârâ
Arazbâr-Bûselik
Nevâ-Kürdî
Pesendîde
Şevk-Efzâ
Şevk-u Târâb
Hicâzeyn
Hüseynî-Zemzeme
Nevâ-Bûselik
Rast-ı Cedid
訳注※13 appoximatelyはapproximately のつづり間違いと判断した
訳注※14 トルコ語版には具体的に形式が上げられている。以下の通り。Ayin, durak, peşrev, kâr, murabba beste, ağır semai, yürük semai, saz semaisi, şarkı, köçekçe
訳注※15 トルコ語版のつづりİlhamîよりイルハミーとした。
訳注※16 ディーヴァーンは、ある一人の詩人の作品による詩集。ペルシア語起源の語で、アラビア語ではディーワーン。

Turkish Music Portal
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=101&lang2=en
Composers and Performers / Turkish Classical Music / Composers of the Ottoman Imperial Family
COMPOSERS AND PERFORMERS
SELİM III
より
(このページでセリム三世が作曲した曲を3曲聞くことが出来る)

Selim III (1761-1808)
28th Ottoman sultan. He was undoubtely one of the best composers in the Ottoman classical music tradition and played tanbur and ney. Altough there have been a great number of people from the imperial family who took interest in music and who played musical instruments and composed songs, none can compare with Selim III in his enthusiasm for musical pursuits and his achievements as a composer.

Gathering together well-known musicians of the court and city, the young Selim began to encourage musical activities in court even when he was a prince. He also supported female musicians in the harem section of the Ottoman court. His reign was undoubtedly the most brilliant era of Turkish music. Abdülhalim Aga, Vardakosta Ahmed Aga, Küçük Mehmed Aga, Sadullah Aga, Emin Aga, Numan Aga, Sakir Aga, Kömürcüzade Hafiz Efendi, Tanburî Izak, Dede Efendi and many other leading composers of the tradition flourished during this era in which the Ottoman court's traditional musical patronage went much beyond an official interest.

Introducing novelties in music is the most prominent aspect of this era. The need for creating novelties manifest itself in designing new makams, and also bending some established rigid rules to some extent . The years when he was a prince and sultan are usually referred to as "the era of Selim III" in the history of Ottoman music.

Selim III was a Mevlevi (the order of the Whirling Dervishes). He never lost his interest in the musical activities in the mevlevihanes (dervish monastery) and other musical centres in the city. He attended liturgical ceremonies of the Whirling Dervishes, and visited the Galata Mevlevihanesi to have literary and musical conversations with the great divan poet Seyh Galib. It is remarkable that Hampartzum Limonciyan and Abdülbakî Nâsir Dede both developed new notation systems with the encouragement of Selim III.

Selim III designed a number of few makams such as suzidilara, sevfekza, sevk-u tarâb, arazbuselik and nevakürdî. He composed appoximately 70 works using various instrumental and vocal musical forms. He wrote poems under the pen-name "Ilhami" and gathered them together in a divan. In some of his vocal compositions he used his own poems for song-texts.

Turukish Music Portal
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=101&lang2=tr
Besteci ve İcracılar / Klasik Türk Müziği / Sultan Bestekarlar
BESTECİ VE İCRACILAR
SELİM III
よりトルコ語版の文章。

Selim III (1761-1808)
28. Osmanlı padişahı. III. Mustafa’nın oğludur. Klasik Türk musikisinin en değerli bestecilerinden biridir. Besteciliği dışında ney üfler, tanbur çalardı. Tanbur hocası, geleneksel tanbur tavrının üstadı ünlü Tanburi İzak’tı. Osmanlı hanedanları arasında musikiye ilgi duyan, saz çalan, hatta bestecilikle uğraşan bir çok şehzade ve padişah çıkmışsa da, hiçbirinin musikiye ilgisi, musiki zevki ve bestecilik zevki III. Selim’in ki düzeyinde değildir.

III. Selim daha şehzadelik yıllarında saraydaki ve saray dışındaki musikicileri çevresinde toplamaya başlamış, saray meşkhanesini yeniden düzenlemiş, bu arada haremdeki musiki faalietlerini de teşvik etmeye başlamıştır. Onun şehzadelik ve padişahlık yılları Türk musikisi tarihinin en parlak çağıdır. Abdülhalim Ağa, Vardakosta Ahmet Ağa, Küçük Mehmet Ağa, Numan Ağa, Şakir Ağa, Sadullah Ağa, Emin Ağa, Kömürcüzade Hafız Efendi, Tanburi İzak, Dede Efendi ve daha nice vazgeçilmez besteci sarayın musikiye verdiği geleneksel desteğin en yüksek düzeye çıktığı bu dönemin musikicileridir.

Yenilikçilik, III. Selim döneminin en belirgin özelliğidir. Değişiklik ihtiyacı en çok yeni makam arayışlarıyla kendini belli eder; yeni makam tertipleriyle yeni yollar aranır.
Çeşitli bestecilerin katılımıyla bu makamlardan ortaklaşa fasıllar bestelenir. Eski gelenek ve yerleşik kurallar bir ölçüde zorlanır. Bu dönem Türk musikisi tarihinde “III. Selim Dönemi” diye de anılır.

III. Selim mevlevîydi. Bazı eserlerine “Selim Dede” imzasını atmıştı. Saray dışındaki, özellikle mevlevihanelerdeki musiki faaliyetlerini izler, hatta yönlendirirdi. Galata Mevlevihanesi’ne gidip ayinleri dinler, büyük şair Şeyh Galib’le sohbet ederdi. Hampartzum Limonciyan ile Abdülbâki Nâsır Dede de nota sistemlerini III. Selim’in teşvikiyle geliştirmişlerdi.

Suzidilara, arazbarbuselik, nevakürdî, pesendide, şevkefza, şevk-u tarâb, hicazeyn,
hüseynîzemzeme, nevabuselik, rast-ı cedid onun düzenlediği makamlardır. Ayin, durak, peşrev, kâr, murabba beste, ağır semai, yürük semai, saz semaisi, şarkı, köçekçe türlerinde 70’i aşkın eseri notalarıyla günümüze ulaştırmıştır. III. Selim “İlhamî” mahlasıyla şiirler yazmış, şiirlerini bir divanda toplamıştır. Bazı musiki eserlerinde kendi şiirlerini güfte olarak kullanmıştır.

関連記事
セリム三世(セリム3世):音楽への関心
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-28.html
セリム三世(セリム3世、SULTAN III. SELİM (1761-1808))作曲の声楽曲
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-29.html
Ey gâziler yol göründü yine garip serime←セリム三世(セリム3世)作曲
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-43.html

メヴレヴィーMevleviの音楽家・作曲家のスィルスィラSilsila
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-195.html
セリム3世の師としてアブデュルバーキー・ナースル・デデ(1765-1821)が挙げられている。

改定履歴
2012/09/02 メヴレヴィーMevleviの音楽家・作曲家のスィルスィラSilsilaへのリンク追加
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。