スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acem Aşîran AyinとŞevk-efzâ Sâz Semâîsi

Hüseyin Fahreddin Dede(1854-1911)作曲のAcem Aşîran Ayinの3.Selâmを聞いていて、どこかで聞いた覚えがあるな、と感じた。

NÂYÎ SAÎD DEDE(1803?-1853)作曲のŞevk-efzâ Sâz Semâîsiだった。
Acem Aşîran Ayinの3.SelâmのUsulがAksak Semâîの部分。器楽の部分。それと、NÂYÎ SAÎD DEDE作曲のŞevk-efzâ Sâz Semâîsiの1 hane(Serhâne)の旋律が全く同じ。

※Acem Aşîran Ayinの3.SelâmのUsulはDevr-i Kebîr→Aksak Semâî→Yürük Semâîとかわってゆく。そのAksak Semâîの部分。ちなみに、Acem Aşîran Ayinだけではなく、いくつものAyinの3.Selâmが同じようにDevr-i Kebîr→Aksak Semâî→Yürük Semâîと変化していく。



İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
http://devletkorosu.com/‎
の作曲家Bestekârの所にあるNÂYÎ SAÎD DEDE、NEYZEN SÂLİH DEDE(とDEDE SÂLİH EFENDİ。何故か同じ人物の項目が2つに分かれて存在する)、NEYZEN YUSUF PAŞAなどの情報を参考に推測すると、以下のような状況では?と推測している。

1.NÂYÎ SAÎD DEDE(1803?-1853)がŞevk-efzâ Sâz Semâîsiを作曲した。
2.NEYZEN SÂLİH DEDE(?-1888)はNÂYÎ SAÎD DEDE(1803?-1853)の弟である。
3.NEYZEN SÂLİH DEDE(?-1888)はAcem Aşîran Peşrev(UsulはDevr-i Kebîr)を作曲した。
4.NEYZEN YUSUF PAŞA(1821-1884)はNÂYÎ SAÎD DEDE(1803?-1853)の息子である。
5.Hüseyin Fahreddin Dede(1854-1911)はNEYZEN SÂLİH DEDE(?-1888)にネイNeyを教えてもらったらしい。
6.Hüseyin Fahreddin Dede(1854-1911)はNEYZEN YUSUF PAŞA(1821-1884)にネイNeyを教えてもらったらしい。
7.Hüseyin Fahreddin Dede(1854-1911)はAcem Aşîran Ayinを作曲した。

要するにHüseyin Fahreddin DedeがNÂYÎ SAÎD DEDEの旋律を取り入れた、と推測しているのだが、どうだろうか?間違っているだろうか、合っているだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。