スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスマン帝国スルタンの詩を直した詩人ヴェフビー

オスマン碑文プロジェクト
2013年01月17日付 Zaman紙
(翻訳者:山根卓朗)
(記事ID:28919)
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20130118_014225.html

によれば、

~アヤソフィア・モスクの近くにあるアフメト3世の泉の建設年を示す詩句は、スルタン・アフメト3世がつくったものである、すなわち、「アフメド・ハーンに祈れ、神への聖句を唱え、この水を飲め。」

スルタン・アフメド3世は、時の詩人達に、この対句に続く詩を書くよう命じた。詩人達は、すぐに筆を握るのだが、「水を飲め」という単語に押韻していくのは不可能だった。このため詩人のセイイド・ヴェフビーはちょっと工夫をして、「神への聖句を唱え、この水を飲め、アフメド・ハーンに祈れ」という形に変えることで問題を解決し、熟考して職人芸的な記年詩をかきあげた。この詩は泉に四方に、時の有力な書家の一人でもあったアフメド3世の書で彫られた~

とのこと。



アフメト3世Ahmet IIIは、世界大百科事典 第2版(平凡社)によれば、在位1703年~1730年とのこと。

世界大百科事典内のアフメト3世の言及

【チューリップ時代】より

…トルコ語でラレ・デウリLāle devriといい,オスマン帝国アフメト3世Ahmet III(在位1703‐30)の時代,スルタンの女婿で風流の聞え高いイブラヒム・パシャİbrahim Paşa(?‐1730)が大宰相(サドラザム)に就任していた執政期(1718‐30)を指す。この時代は,大宰相の開明的な識見と有能な才能により,対外的には宥和政策,内政的には異例の泰平唯美主義の時代を招来した。…



上の記事のザマンZaman紙の原文を参照すると、

Osmanlı kitabeleri projesi
http://www.zaman.com.tr/besir-ayvazoglu/osmanli-kitabeleri-projesi_2041596.html

該当部分は、

...Ayasofya civarındaki III. Ahmed Çeşmesi’nin yapılış tarihini veren mısra bizzat padişah tarafından bulunmuştu: “Han Ahmed’e eyle dua aç besmeleyle iç suyu.”

Padişah, devrin şairlerine bu mısradan hareketle bir kaside yazmalarını emretti. Şairler hemen kaleme sarılırlarsa da, “suyu” kelimesi yeterli kafiye bulmak imkânsızdı. Seyyid Vehbi, mısraı basit bir takdim tehirle “Aç besmeleyle iç suyu Han Ahmed’e eyle dua” şekline dönüştürerek problemi çözdü ve oturup üstâdâne bir tarih manzumesi yazdı. Bu manzume çeşmeye, aynı zamanda devrin güçlü hattatlarından biri olan III. Ahmed’in hattıyla hâkkedilmiştir...


「アフメド・ハーンに祈れ、神への聖句を唱え、この水を飲め。」は、
“Han Ahmed’e eyle dua aç besmeleyle iç suyu.”
のようだ。


「水を飲め」という単語に押韻していくのは不可能
→“suyu” と言う語のようだ。

詩人のセイイド・ヴェフビーSeyyid Vehbiが直したのは、
「神への聖句を唱え、この水を飲め、アフメド・ハーンに祈れ」
“Aç besmeleyle iç suyu Han Ahmed’e eyle dua”

besmeleyleの語はバスマラを表すのかな?



http://www.sozluk.com/
でBesmeleを調べると、

Türkçe-İngilizce »

1. Islam the formula bismillahirrahmanirrahim. ?? çekmek/demek/okumak to pronounce this formula. ?? görmü? ?eytana dönmek colloq. to be frightened to death.

Türkçe Sözlük »

1. "Esirgeyen ve bağışlayan Tanrı'nın adı ile" anlamına gelen ve bir işe başlarken söylenilen Arapça bismillahirrahmanirrahim sözünün kısaltması:
"İlk ders olarak besmeleyi öğrendiler."- Y. K. Beyatlı.

Atasözü, deyim ve birleşik fiiller

besmele çekmek



Türk Dil Kurumu
Büyük Türkçe Sözlük
http://tdkterim.gov.tr/bts/
でbesmeleを調べると、

besmele Ar. besmele

a. “Esirgeyen ve bağışlayan Allah'ın adı ile” anlamına gelen ve bir işe başlarken söylenilen bismillahirrahmanirrahim sözü, bismillah: “İlk ders olarak besmeleyi öğrendiler.” -Y. K. Beyatlı.

Güncel Türkçe Sözlük



平凡社イスラム事典(旧版)

バスマラ

「ビスミッ・ラーヒッ・ラフマーニッ・ラヒーミ」という決り文句のこと。「慈悲深く慈愛あまねき神の御名において」の意。イスラム法での義務とされる行為と,勧められる行為を行う際に初めに唱える。また書物や文書の巻頭に記す。コーランの各章は第9章を除き,すべてバスマラで始まる。その行為や文に神の祝福を願うためである。ただ,礼拝やジクルはこのバスマラ ではなく,タクビールで始まる。
(後藤明)



アラビア文字では以下のようになるのかな?

بسم الله الرحمن الرحيم
bismi-llāhi r-raḥmāni r-raḥīm



“Aç besmeleyle iç suyu Han Ahmed’e eyle dua”
「バスマラを唱え、この水を飲め、アフメド・ハーンに祈れ」と言う事?


duaはドゥアーのこと?

平凡社 イスラム事典(旧版)

ドゥアー    

「祈願」「祈り」を意味するアラビア語。神に何かを乞い求めること、祈り求めることである。1日5回行われる礼拝(サラート)が、時に誤って「祈り」と訳されるが、ドゥアー とサラートとは明確に区別される。礼拝は、コーランの読誦やジクルなどにより、一定の所作を伴って神をたたえる行為の総体のことであり、ドゥアー はそのうちの一部をなすものである。本来、ドゥアー は自由な祈りとして、神に何を何語でどのように祈願してもよかったのであるが、後には一定の型ができてくる。たとえば、「罪の赦しを乞う祈願」「庇護を求める祈願」「預言者への祝福を神に求める祈願」、さらには礼拝と組み合わされた「雨乞いの祈願」「選択のための祈願」などがある。また、このような祈願のために、預言者や初期の敬虔なムスリムや聖者から伝えられた霊験あらたかな祈<印4704>文が集録され、範例として多くの祈<印4704>書や修道書の中に引用され、伝えられている。

(中村廣治郎)


TURKISH MUSIC DICTIONARY
http://www.turkishculture.org/music/turkish-music-dictionary-1012.htm
でDuâを調べると、

Duâ
1. Lit. "prayer," a genre in Turkish Classical Music and poetry.
2. The introductory section of some semahs.



Database for Ottoman Inscriptions
Osmanlı Kitabeleri Projesi
http://www.ottomaninscriptions.com/
を確認してみた。

「アヤソフィア・モスクの近くにあるアフメト3世Ahmet IIIの泉」のページはこれかな?

III. Ahmed Çeşmesi ve Sebili
http://www.ottomaninscriptions.com/information.aspx?ref=gmap&bid=1434&hid=1833

「詩人のセイイド・ヴェフビーSeyyid Vehbiの書き上げた職人芸的な記年詩」のページは、以下?

III. Ahmed Çeşmesi ve Sebili
çeşme-sebil < ID K1833 > Yapım kitabesi
http://www.ottomaninscriptions.com/verse.aspx?ref=list&bid=1434&hid=1833

詩人のセイイド・ヴェフビーSeyyid Vehbiの詩は以下かな?

Şāhenşeh-i ʿālī-neseb sulṭān-ı memdūhü’l-ḥaseb
Fermān-dih-i Rūm u ʿArab Ḫān Aḥmed-i kişver-küşā

ʿAdl ü kerāmet menbaʿı şems-i velāyet maṭlaʿı
Dergāhınıŋ her mıṣraʿı şehbāl-i sīmurġ u hümā

Ẕātı mülūke āb-ı rū şemşīri bāġ-ı fetḥe cū
Gülzār-ı mülke verdi ṣu mīzāb-ı kilki dā’imā

Hem pādişehtir hem velī ẕātında olmuş müncelī
ʿAdl-i ʿÖmer cūd-ı ʿAlī ḫulk-ı Muḥammed Muṣṭafā

Destinde devlet ḫātemi ḳılmış musaḥḥar ʿālemi
Ḥaḳ resm-i ism-i aʿẓamı naḳş-ı cebīn etmiş oŋa

Ḥayret verir ṣad ḳayṣere ġālib hezār İskender’e
Ḥükmü revān her kişvere fermān-ber-i şāh u gedā

Hem ḥāmī-i Beytü’l-ḥarem hem ḫādim-i şāh-ı ümem
Rūm u ʿArab mülk-i Acem maḥkūmudur ser-tā-be-pā

Oldur imāmü’l-müslimīn ẓıll-ı Ḫudāvend-i muʿīn
Bā-naṣṣ-ı Ḳur’ān-ı mübīn emrine vācib iḳtidā

Şehler oŋa kişver verir ol şehlere efser verir
Seyfine düşmen ser verir olduḳça tuğu ser-nümā

Ol menbaʿ-ı cūy-ı merām ol maḳsem-i rızḳ-ı enām
Olsun ilā yevmi’l-ḳıyām şāhān-ı dehre mültecā

İskender edip cüst-cū ẓulmette gezmiş sū-be-sū
Bāb-ı Hümāyūn’unda bu etti revān āb-ı beḳā

Bu ṭarḥ-ı pāk-ı ḫurremi sevḳ etti ṣadr-ı aʿẓamı
Dāmād-ı ḫāṣṣ-ı ekremi hem-nām-ı ceddü’l-en biyā

Oldu o düstūr-ı celīl bu ḫayr-ı cārīye delīl
Ḫalḳa edip Zemzem sebīl celb etti ol şāha duʿā

Ol şehriyār-ı zer-nis̱ār beẕl etti māl-ı bī-şumār
Yaptı sebīl ü çeşmesār me’cūr ola rūz-ı cezā

Bu mevḳiʿi ābād edip bu ṭarḥı nev-icād edip
Rūḥ-ı Ḥüseyn’i şād edip etti sebīl āb-ı ṣafā

Bu ʿayna ey sāfī-derūn destini Kevs̱er gibi ṣun
Her ḳaṭre-i ṣafvet-nümūn olmaḳta bir ʿayn-ı şifā

Ābı zülāle mā-ṣadaḳ ṭāḳı felekle yek-nesaḳ
Gök ḳubbeniŋ altında baḳ var mı bu resme bir binā

Olduḳça ber-cā mihr ü māh zīb-i serīr olsun o şāh
Ṣadr-ı güzīnin yā İlāh etme rikābından cüdā

Ey Ḫusrev-i ʿāli-tebār āsārıŋa yoḳtur şumār
Ammā bu dil-cū çeşmesār oldu ʿaceb ḥayret-fezā

Baḳ sīm ü zerden ṭāsına Āb-ı ḥayāt-efzāsına
Beŋzer gümüş saḳḳāsına bekler ḳapıŋ ṣubḥ u mesā

Yaptıŋ sarāy meydānına ḳıldıŋ salā ʿaṭşānına
Cennet’te Kevs̱er yanına gūyā ki ḳaṣr ettiŋ binā

Altun ṣuyun edip sebīl yaptıŋ ʿuyūn u selsebīl
Birine biŋ ecr-i cezīl versin cenāb-ı Kibriyā

Medḥinde ḫāmem oldu lāl iẓhār-ı ʿacz etti maḳāl
Evṣāfıŋ eylerken ḥayāl hātiften erdi bu nidā

Vehbī ḥamūş ol beste-leb ḥaddiŋ değil eyle edeb
Senden muḳaddem oldu hep şāʿirlere birden ṣalā

Vaṣfında edip güft-gū çoḳ kimse döktü āb-ı rū
Ettirdi āḫir ser-fürū ol ḥusrev-i şevket-nümā

Tārīḫ içün dānişverān ḥayrette iken nāgehān
Buldu şehenşāh-ı cihān bir mıṣraʿ-ı ʿālem-behā

Her lafẓı baḥr-i mevc-zen maʿnāsıdır dürr-i ʿAden
Görmek dilerseŋ oŋu sen ey teşne-i ḥüsn-i edā

Tārīḫi Sulṭān Aḥmed’iŋ cāri zebān-ı lūleden
Aç besmeleyle iç ṣuyu Ḫān Aḥmed’e eyle duʿā
1141


確かに一番下に
Aç besmeleyle iç suyu Han Ahmed’e eyle dua
がある。

1141はヒジュラ暦1141年の事?
→「MEIS2 イスタンブルで碑文を歩く[髙松 洋一]」から、碑文の年代と思われる。



MEIS2 中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・基幹研究
イスタンブルで碑文を歩く
(フォトエッセイ 2012年6月)
髙松 洋一
http://meis2.aacore.jp/photo_essays_201206.html

~碑文の最後の行には、その碑文の年代がしのびこませてあります。アラビア文字は全部で28文字ありますが、各文字に数字が割り当てられていて(1から9まで、10の倍数の10から90まで、100の倍数の100から900までと1000で、ちょうど合計28個になります)、使用する各文字の数字を合計するとその年代になるように詩作するのです~

~韻文の約束をふまえつつ意味のある句を作って、なおかつ制作年代まで読み込むのですから、碑文はオスマン朝の詩人たちの腕の見せ所でした。意外なことに、オスマン朝では計算が得意なことが、詩人として大成する必須条件だったです~



詩人のセイイド・ヴェフビーSeyyid Vehbiの詩らしきものを見ると2行?毎にまとまっているけど、2行、4行、6行、8行、と偶数行の末尾が皆「ā」の音っぽい。脚韻を踏んでいる?



日本大百科全書(小学館)によれば、

押韻(おういん) [執筆者:窪田般彌]

同一音または類音をもって韻を踏む修辞法。語頭にあるものを頭韻(アリタレーション)、語尾にあるものを脚韻(ライム)、母音のみの押韻、類音の一致を半諧音(かいいん)(アソナンス)という~



韻律は
Müstef‘ilün Müstef‘ilün Müstef‘ilün Müstef‘ilün
のようだ。

バヒルbahirはレジェズRecezかな?

Seyyid Vehbîは以下のような人とのこと。

(III. Ahmed Çeşmesi ve Sebili
çeşme-sebil < ID K1833 > Yapım kitabesi
http://www.ottomaninscriptions.com/verse.aspx?ref=list&bid=1434&hid=1833
より)

Poet

Seyyid Vehbî

Information of poet

ö. 1149 [1736-37]. III. Ahmed döneminin önde gelen şairlerindendir. İlk mahlası, Hüsamî’dir. İstanbul’da müderrislik, Kayseri, Manisa ve Halep’te kadılık görevinde bulundu. Dîvân’ı, nakkaş Levnî tarafından minyatürlenen Sûrnâme’si, Hadîs-i Erbâin Tercümesi vardır.


ö. 1149ということで、ヒジュラ暦1149年(=西暦1736年~1737年)頃没?
アフメド3世の時代の詩人?
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。