スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メヴレヴィーMevleviの音楽家・作曲家のスィルスィラSilsila

Title:The Aesthetics of Motion in Musics for the Mevlana Celal Ed-Din Rumi
Author: Victor Amaro Vicente

の151ページにSilsila of Mevlevi Musicans and Composers メヴレヴィーの音楽家・作曲家のスィルスィラというのを見つけた。







ナーイー・オスマン・デデ Nayi Osman Dede(1652-1730)の娘(Saîde Hanımと言うらしい)の子が、アリー・ヌトゥキー・デデ Ali Nutki Dede(1762-1804)、アブデュルバーキー・ナースル・デデ Abdülbaki Nasır Dede(1765-1821)、アブデュッラヒーム・キュンヒー・デデ Abdürrahim Künhi Dede(1769-1831)の3兄弟。血縁関係。彼ら3兄弟は、オスマン・デデの孫になる。

アリー・ヌトゥキー・デデ Ali Nutki Dede(1762-1804)はハンマーミーザーデ・イスマーイール・デデ・エフェンディ Hammamizade İsmail Dede Efendi(1777-1845)の精神上の師。音楽上の師では無いらしい…
ちなみにヌトゥキーは、Şevkutarab Âyinを作曲してる。

アブデュルバーキー・ナースル・デデ Abdülbaki Nasır Dede(1765-1821)はスルタン・セリム3世 Sultan Selim III(1761-1808)の意向で?楽譜を作ったらしい。初めて記譜されたメヴレヴィー・アーイーンはセリム3世作曲のMakam Sûz-i Dil-Ârâのもので、ナースル考案の楽譜で記録されたとのこと。

デッラールザーデ・イスマーイール・エフェンディ Dellalzade İsmail Efendi(1797-1869)は、ハンマーミーザーデ・イスマーイール・デデ・エフェンディ Hammamizade İsmail Dede Efendi(1777-1845)の弟子。

ゼキャーイー・デデ・エフェンディ Zekai Dede Efendi(1825-97)は、デッラールザーデ・イスマーイール・エフェンディ Dellalzade İsmail Efendi(1797-1869)の弟子。また、非常に短い期間だが、ハンマーミーザーデ・イスマーイール・デデ・エフェンディ Hammamizade İsmail Dede Efendi(1777-1845)の教えも受けた。

そしてゼキャーイーザーデ・アフメト・ウルソイ Zekai-zade Ahmet Irsoy(1869-1943)は名前から分かるとおり、ゼキャーイー・デデの子。

音楽学者のスブヒ・エズギー Subhi Ezgi(1869-1962)、ラウフ・イェクター・ベイ Rauf Yekta Bey(1871-1935)はゼキャーイー・デデの教えを受けた。

メヴレヴィーMevleviの音楽家・作曲家のスィルスィラSilsila


この本、GoogleBooksでは「これの電子書籍はありません」と出てるし、一部のページも読めないが、以下の大学の研究情報の公開サイト(メリーランド大学のリポジトリ?)みたいな所で、全文無料でpdfで読めるようだ。素晴らしい。英文。長いなぁ…

DRUM
Digital Repository at the University of Maryland
Theses and Dissertations from UM > UM Theses and Dissertations
The Aesthetics of Motion in Musics for the Mevlana Celal ed-Din Rumi
Vicente, Victor Amaro
http://drum.lib.umd.edu/handle/1903/7198

Title: The Aesthetics of Motion in Musics for the Mevlana Celal ed-Din Rumi
Authors: Vicente, Victor Amaro
Advisors: Provine, Robert C.
Department/Program: Music
Type: Dissertation
Sponsors: Digital Repository at the University of Maryland
University of Maryland (College Park, Md.)
Keywords: Music (0413)
Religion, General (0318)
Anthropology, Cultural (0326)
Music, Mevlana Rumi, Mevlevi Sufism, Aesthetics, Ethnomusicology, Turkey
Issue Date: 4-Jun-2007
Abstract: This dissertation investigates the concept of motion as a fundamental aesthetic element in the devotional music, dance, and rituals performed in honor of the celebrated thirteenth-century Persian mystic poet and saint, the Mevlana Celal ed-Din Muhammad Rumi. The main focus of the study is threefold. First, it investigates the prevalence of the notion of movement in Islamic music and culture, specifically within the Sufi communities of Turkey, in order to arrive at a broader understanding of the relationship between music, aesthetics, and worldview. Secondly, it explores how musical performance functions as a form of devotion or religious worship by focusing on the musical repertories performed in honor of a single holy figure, the Mevlana Rumi. Finally, it provides an ethnographic account of contemporary developments in Sufi musical culture in Turkey and across the world by describing the recent activities of the Mevlana's devotees, which includes members of the Mevlevi Order of Islamic mystics as well as adherents of other Sufi brotherhoods and followers of so-called New Religions or New Age. The primary research for this study involved two short one-month field trips to Turkey and India in 2002 and 2003, respectively, and a longer one year expedition to Turkey in 2004 and 2005, which also included shorter stays in Cyprus, Syria, and Egypt. Additionally, the dissertation draws directly from critical theories advanced in the fields of ethnomusicology, cultural anthropology, and ethnochoreology and focuses on the kinesthetic parameters of music, dance, trance, and ritual as well as on broader forms of socio-cultural movement including pilgrimage, cultural tourism, and globalization. These forms of movement are analyzed in four broad categories of music used in worship, including classical Mevlevi music, music of the zikr ceremony, popular musics, and non-Turkish musics.
URI: http://hdl.handle.net/1903/7198
Appears in Collections: Music Theses and Dissertations
UM Theses and Dissertations









スィルスィラについて。

Rethinking Tariqa: What Makes Something Tariqa?(日本語)
http://www.info.sophia.ac.jp/SIAS/rep/071012rep2.html
~発表者は、中世インドにおけるチシュティー教団関係者の手による『聖者伝』などの史資料の分析から、スィルスィラおよびその基礎となるピール-ムリード関係の特質を明らかにする~


現代中東イスラーム世界・フィールド研究会
第16回研究会報告
https://sites.google.com/site/islamfield/16th
~インタビューによると、カーディリーやシャーズィリーといった、アラブ等広範な地域に広まるタリーカはズィクリを行い、預言者に連なるスィルスィラを有する~


中東TODAY: 『これから50年、世界はトルコを中心に回る』の訂正個所
http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/2012/02/post_211.html
~タリーカには、シャイフがいて、このシャイフに特定の系譜(スィルスィラ)があります。またタリーカには、ダルガー(修道場)が必要です。タリーカには特定の儀式(ズィクル)があり、タリーカの信奉者はこの儀式に参加しなければなりません~

関連記事
ハンマーミーザーデ・イスマイル・デデ・エフェンディ Hammâmîzâde İsmail Dede Efendi
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-178.html

セリム三世(セリム3世)と音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-27.html
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。