スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスタンブル音楽院の設立にみるトルコの音楽変容

KAKEN 科学研究費助成事業データベース
イスタンブル音楽院の設立にみるトルコの音楽変容
濱崎 友絵
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/22720057.ja.html

~トルコ初の公立音楽学校「ダーリュル・エルハーンDarul-elhan」(1917年設立)が1927年に「イスタンブル音楽院」と名称を変更したこと契機に、創設時より教授してきたトルコ古典音楽教育をなぜ廃止し、西洋音楽教育に転換を図ったのか、その背景を検証することで、オスマン朝末期から共和国建国期にかけての「トルコ音楽」の西欧化の実相を明らかにすることにある~






以下は、いっしょのようなものだと思うけど、インターネット上でリンクしてないので、メモ。





公益財団法人 松下幸之助記念財団
助成事業 > 研究助成 > 研究助成者一覧 > 2009年度研究助成一覧
http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/works/research/promotion_research_02_2009.html
助成番号 09-015
トルコ共和国建国期における音楽の西欧化 -イスタンブル音楽院設立に至る経緯をめぐって -
濱崎 友絵
東京藝術大学 音楽学部
詳細(PDF)↓
http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/data/promotion_research/pdf/09-015.pdf

トルコ共和国建国期における音楽の西欧化――イスタンブル音楽院設立に至る経緯をめぐって――

【研究の目的】
1917 年に誕生したイスタンブル音楽院の前身「ダーリュル・エルハーン Dârül-elhân」は、西洋音楽とオスマン古典音楽の両部門を抱え、男女に等しく門戸を開き音楽教育を展開したトルコ初の公立音楽学校であった。トルコ古典音楽の教授に、より比重を置いたダーリュル・エルハーンであったが、1923 年のトルコ共和国成立後、1927 年に「イスタンブル・コンセルヴァトワル(イスタンブル音楽院)」と西欧風の名称に改称されたことを契機に、トルコ古典音楽の教育を完全に廃止し、西洋音楽教授機関としての役割を付されることになる。過去約五百年間に渡って受け継がれてきた伝統音楽を否定し、西洋音楽を「学ぶべき上位音楽」として読み換えてゆく過程と背景にはどのような議論と葛藤が横たわり、いかなる力の理論が存在したのか~







上記pdf(松下幸之助記念財団のほう)によると、ダーリュル・エルハーンは、

1914年:前身のダーリュル・ベダーイ(芸術学校)が設立される

1917年:ダーリュル・エルハーン Dârül-elhân 設立

1923年:トルコ共和国成立

1927年:イスタンブル・コンセルヴァトワル(イスタンブル音楽院)と西欧風の名称に改称される

という事らしい。
Dârül-elhânで「旋律学校」の意味?
新井 政美先生の本に記載のあった「旋律学校」の事かな?確か「トルコ近現代史―イスラム国家から国民国家へ:新井 政美 (著)」だったか…

elhânはalḥān?
ラーディキー(Lādhiqī [Muḥammad], al-、15世紀後半、アラブの音楽理論家)の著作「ザイン・アル=アルハーン・フィー・イルムタ・リーフ・アル=アウザーン Zayn al-alḥān fī ‘ilm ta’ līf al-awzān [拍子のある作品における旋律の装飾]」のalḥān?

Abdülkâdir Merâgîの著作の「旋律の意図」 (Maqased al-Alhan , MAKASIDÜ'L-ELHAN) , 「旋律集成」 (Jame'al-Alhan , CÂMIÜ'L-ELHAN) , 「旋律の宝庫」 (Kanz al-Alhan , KENZÜ'L-ELHAN)のalḥān?








Dârül-elhânはアラビア文字で
دارالالحان
かな?

http://osmanlica.referencepedia.info/word/d%C3%A2r%C3%BClelh%C3%A2n
というオスマン語の辞書サイトみたいなのを見つけた。それに載ってた。


ダーリュル・ベダーイ(芸術学校)は、dârülbedâyiで、アラビア文字では
دارالبدایع
かな?同じくhttp://osmanlica.referencepedia.info/で見つけた。

dârülbedâyiで検索すると、レオン・ハンジュヤンLeon Hancıyanの記事が出てきた。

http://inleyennagmeler.com/korput/sarkilar/1/bestekari/Levon-hanciyan.html
の文章の中に、トルコ語で、

Hancıyan, uzun yıllar Istanbul'daki Ermeni kiliselerinde başmugannî olarak görev aldı. Çeşitli okullarda musiki hocalığında bulundu. Musiki hocası olarak alındığı Saray'dan, Sultan II. Abdülhamid döneminde (1876-1909) firar ederek gittiği Sofya Konservatuvarı'da Türk musikisi dersleri verdi. 1908'de II. Meşrutiyet'in ilânıyla döndüğü Istanbul'da Şark Musiki Cemiyeti'nin reisliğine getirildi. Dârülbedâyi ile Dârülelhân'ın kurucuları arasında yer aldı. Dârülelhân, Dârüttâlim-i Musiki ve Musiki-i Osmânî'de hocalık yaparak çok sayıda musikicinin yetişmesini sağladı.




関連記事
トルコ音楽文化論(概論)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-165.html
開講年度:2011 年度
科目名:トルコ音楽文化論(概論)
担当教員:濱崎 友絵

ラーディキー(15世紀後半、アラブの音楽理論家)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-193.html

アブドルカーデル・マラーゲイーの『旋律の意図』について(関 喜房)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-192.html

レオン・ハンジュヤン(1857-1947)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-138.html
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。