スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他文化の認識で分析すると失敗する

イスラーム世界における文理融合論――「宗教と科学」の関係をめぐる考察――

イスラーム世界研究 第1巻 2 号(2007 年)123-147 頁
Kyoto Bulletin of Islamic Area Studies, 1-2 (2007), pp. 123-147

小杉 泰
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授
京都大学イスラーム地域研究センターセンター長

http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/1st_period/contents/pdf/kb1_2/11kosugi.pdf

の、「はじめに」の部分、123ページに、

~さまざまな社会にはそれぞれの固有な「分節化」があり、それを把握しないままに外的な――すなわち他文化における分節化を前提とした――認識枠組みを当てはめて分析すれば、不適切な、場合によっては非常に偏った分析結果をもたらす、ということであった。
 具体的に言えば、政治と宗教をめぐる分節化が異なることを無視したまま、西洋的な「政教一致」という概念をイスラーム世界の現実にあてはめても、イスラーム政治の実態の解明には至らない~

とあった。
→トルコ古典音楽の場合で、言い換えてみる。

さまざまな音楽文化にはそれぞれの固有な「分節化」があり、それを把握しないままに外的な――すなわち他文化における分節化を前提とした――認識枠組みを当てはめて分析すれば、不適切な、場合によっては非常に偏った分析結果をもたらす。
 具体的に言えば、旋律をめぐる分節化が異なることを無視したまま、西洋的な「音階」という概念をトルコ古典音楽の現実にあてはめても、トルコ古典音楽の実態の解明には至らない。


→もう少し言い換えてみる。


トルコ古典音楽のマカーム makam について、固有な認識の枠組みがある事を把握しないまま、外的な――すなわち他文化を前提とした――認識の枠組み(西洋音楽の「音階」)を当てはめてマカームを分析すると、不適切な、場合によっては非常に偏った分析結果をもたらす。

■キーワード
音階 旋法 マカーム makam

関連記事
マカームとは
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-2.html

音程比とセント値
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-78.html
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。