スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロッズアップ現代「激動 中東はどこへ」

NHKのクロッズアップ現代で「激動 中東はどこへ」の3回シリーズを見た

2011年12月 5日(月)放送(NO.3129)
激動 中東はどこへ(1) エジプト 岐路に立つ大国
アムル・ムーサ(アラブ連盟 前事務局長)

2011年12月 6日(火)放送(NO.3130)
激動 中東はどこへ(2) 孤立深めるイスラエル
シモン・ペレス(イスラエル大統領)

2011年12月 7日(水)放送(NO.3131)
激動 中東はどこへ(3) トルコ モダンイスラムの挑戦
イブラヒム・カルン(トルコ首相首席補佐官)


国谷裕子がインタビューをしていたけど、2のシモン・ペレスへのインタビューが一番面白かった。ぐいぐいせまっていく感じで。

というかネット上を検索していて初めて知ったけど、テキストで全部見れるのね。「放送丸ごとテキスト」
として。

激動 中東はどこへ(2) 孤立深めるイスラエル(放送丸ごとテキスト)
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3130&html=2

素晴らしい。
このリンク、ずっと続くといいなぁ。




3回目では、最近トルコが欧米へ向いた外交では無く、中東へ向いた外交をしていると知った。興味深い。
EUに「入りたい、入りたい」といっても叶わないから中東に目が向いた?
それともトルコ共和国の政治は西洋志向の方向に振れたり、伝統志向の方向に振れたりを繰り返していて、今は単に伝統志向(具体的な姿としてはAKPが政権を取っている・外交の目が中東に向いている等)になってるだけ?

政治と音楽の面との関わりが気になる。

トルコ共和国では、音楽は政治に影響されるように見える。他の国でもそうかも知れないけど。

確かトルコ古典音楽は、政治の影響で一時ラジオ放送でトルコ古典音楽の放送が止まってたはずだし、Mehter(トルコ軍楽)はオスマン帝国第30代マフムト2世のイェニチェリの廃止以降、廃止されたり、復活されたりを繰り返してるけど、どうも政治の関係で廃止されたり、復活したりのようだし、MevleviのSemaが観光の対象になってるのも政教分離の関係だろうし、トルコ民謡が五線譜で採譜されてるのも政治の影響のように思える(政治の影響により「遅れたイスラーム・進んだ西洋」という認識があり→トルコ民謡にも「進んだ西洋」を取り入れるということが行なわれ→五線譜でトルコ民謡を採譜された、という構図)

トルコ古典音楽の扱いは今後どうなっていくのか…
AKP(公正発展党)の政権が政権崩壊して無くなって、違うところが政権を担う様に変わったら、またトルコ古典音楽の扱いも変わっていくのかなぁ…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。