スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌマン・アー Numan Ağa(1750?-1834)

ヌマン・アーはイスタンブルで1750年に生まれた、と信じられている。だがその日付は確かには知られていない。彼はセリム3世とマフムト2世の治世の間、重要なタンブール奏者で作曲家だった。器楽作品と声楽作品の両方を書きながら、70を超える彼の作品が今日なお失われずに残っている。彼は1834年にイスタンブルで亡くなった。

※上記は、下記の英文の適当翻訳です。翻訳間違いも考えられるため、原文をご確認下さい。

Turkish Cultural Foundation
Turkish Music Portal
Composers and Performers / Turkish Classical Music / Composers
COMPOSERS AND PERFORMERS

NUMAN AGA
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=73&lang2=en

Numan Ağa is believed to have been born in Istanbul in 1750, though the date is not known for certain. He was an important tanbur player and composer during the reigns of Selim III and Mahmud II, writing both instrumental and vocal works. Over seventy of his pieces are extant today. He died in 1834 in Istanbul.

上記英文の元と思われるトルコ語版は下記。

Turkish Cultural Foundation
Turkish Music Portal
Besteci ve İcracılar / Klasik Türk Müziği / Besteciler
BESTECİ VE İCRACILAR

NUMAN AĞA
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=73&lang2=tr

Kesin olarak bilinmemekle beraber, 1750 yılında İstanbul'da doğduğu sanılmaktadır. III. Selim ve II. Mahmud devirlerinin ünlü tanburî ve bestekarıdır. Hem saz eserleri ve hem de sözlü eserler bestelemiştir. Bugün elde bulunan eserleri 70'den fazladır. 1834 yılında istanbul'da öldü.


セリム3世III. Selimとマフムト2世II. Mahmudの治世中、タンブーリーtanburîで作曲家bestekar
→以下のページ
http://eksd.org.tr/bestecilerimiz/numan_aga.php
にあるpdfの楽譜、
Bestenigar Peşrev
http://eksd.org.tr/bestecilerimiz/numan_aga/bestenigar_pesrev.pdf
には作曲者の名前が「TANBURI NUMAN AĞA」とあった。タンブーリー・ヌマン・アー





İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
1976'DAN BERİ ESERLERİNİ İCRA ETTİĞİMİZ BESTEKARLAR::
NÛMAN AĞA
(1750 – 1834)
http://devletkorosu.com/site/index.php?option=com_content&task=view&id=39&Itemid=34

İstanbul’da doğdu. Osmanlı sarayının yüksek eğitim kurumu olan Enderûn’da yetiştirildi ve aynı kurumda tanbur hocası olup çavuş pâyesini aldı. Üçüncü Selim ve 1816’da musâhibi, yani yakın dost halkasına dahil olduğu İkinci Mahmud dönemlerinde bestekâr olarak büyük şöhret kazandı. Oğlu Tanburî Zeki Mehmed Ağa, torunu ise Tanburî Büyük Osman Bey’dir. Günümüze seksen kadar eseri ulaşmıştır.

Üçüncü Selim ve 1816’da musâhibi,
→ムサーヒブは高官の意?

修史官ちょくのアストロラーベ
歴史関係の読書日記、オスマン帝国史、モンゴル時代史、戦国時代史、その他東洋史などのホームページ
http://f43.aaa.livedoor.jp/~choku/rose%20kaside.htm
より。
「スルタンの高官(ムサーヒブ)」の記述あり。

ネジャーティー。

 ネジャーティーの出自について知られていることは、以前はエディルネ出身のイサという名の奴隷だったこと。そこでイサの教育に熱心だったと思われる裕福な未亡人の従僕として仕えていたこと。もし彼が奴隷だったとしたなら、彼は非ムスリム、非トルコ人だったことになる。そんなに注目するほどのことではないが、最も有名なオスマン帝国のディーヴァーン詩人の一人でさえも、現代の伝記作家たちはそのすべてについて述べることができない。確かなことは、彼はイサ('イエス')という名を与えられ、彼のペンネームである「ネジャーティー」('危機から逃れた者')はキリスト教徒出身であることのヒントであり、奴隷生活から抜け出すために何度も危険な逃亡をおこなったことを示唆する。

 ネジャーティーという名は、まだエディルネにいたころから、自分で付けた名前であったと思われる。後に、メフメト2世の統治期に、彼はイスタンブルへと向かい、そこで有力な友人関係を築き上げた。一節によるとスルタンの高官(ムサーヒブ)の一人と関係を持った。その名はユルギあるいはチユルギと言い、トレビゾンド出身のギリシア人と思われるが、彼がスルタンのもとへチェスをしに行くときに、ターバンにネジャーティーの詩の一節を織り込ませることを許した、と伝えられる。スルタンはそれは何かとたずね、詩を読み、ネジャーティーに官職を与えた。ネジャーティーは、アブドゥッラー皇子の官房長Divan Secretaryとして仕え、後にはマフムード皇子の国璽尚書Nişancïとして仕えた。1507年にマフムード皇子が亡くなったため、ネジャーティーはイスタンブルで引退生活を送り、1509年3月17日に死んだ。





※musâhib
Ottoman Book Collectors and Illustrated Sixteenth Century Shiraz Manuscripts
Laie Uluç著
http://remmm.revues.org/index299.html
では

musâhibの事を英語でroyal companionsと表現してる

詳細↓
~Another identifiable person whose effects were confiscated and inventoried was Mehmed Paşa, the Rumeli Beylerbeyi and one of the « royal companions » (musâhib) of Sultan Murad III. ~

英辞郎でroyalとcompanionを調べる

※royal【形】
1.〔人やものの帰属や所属が〕国王の、女王の、王家の、王室の
2.王立の、国王[王室]の援助[保護]を受けた
3.最も大きい、最良の、最高の
4.王族にふさわしい、堂々とした

※companion【名】
1.〔付き添う〕仲間、友、連れ
2.対の一方[片方]
3.手引き、手引書、ガイド、必携◆書名に使う。何とかの手引、必携何とか、など。
4.コンパニオン◆貴婦人・老婦人・病人の相手をする雇われの住み込みの女性。日本の宴会での接客コンパニオンではない。


royal companionsは「王室の仲間、友、連れ」みたいな意味になるのかな?「王の取巻き」?「スルタンの取巻き」?


sozluk.comでmusâhipを調べると
http://www.sozluk.com/sozluk.php?kelime=mus%E2hip

Türkçe Sözlük »
1. » Sohbet, arkadaşlık eden kimse.
» isim, tarih Tatlı konuşmaları ile büyüklerin, özellikle padişahların güzel zaman geçirmelerini sağlamakla görevli kimselere verilen unvan.


Google翻訳にかける
1. » Sohbet, arkadaşlık eden kimse.
チャット、友情、一つ。
Sohbetのことを「チャット」と訳してるけど、これは英語のchatかな?英語のchat→おしゃべりの事?

» isim, tarih Tatlı konuşmaları ile büyüklerin, özellikle padişahların güzel zaman geçirmelerini sağlamakla görevli kimselere verilen unvan.
名前、日付、年長者との甘い会話、特にスルタンの素敵な時間を過ごすためにタイトルを確保するための担当者へ。

結局、スルタンの取巻き、おしゃべり仲間みたいなみたいなものかな?

Oğlu Tanburî Zeki Mehmed Ağa, torunu ise Tanburî Büyük Osman Bey’dir.
息子がタンブーリー・ゼキ・メフメド・アー?、タンブーリー・ビュユク・オスマン・ベイが孫?


再度。

İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
1976'DAN BERİ ESERLERİNİ İCRA ETTİĞİMİZ BESTEKARLAR::
NÛMAN AĞA
(1750 – 1834)
http://devletkorosu.com/site/index.php?option=com_content&task=view&id=39&Itemid=34


Google翻訳にかける。

İstanbul’da doğdu.
イスタンブルで生まれた?
Osmanlı sarayının yüksek eğitim kurumu olan Enderûn’da yetiştirildi ve aynı kurumda tanbur hocası olup çavuş pâyesini aldı.
オスマン宮廷の高等教育機関、エンデルーンで育った、そして同じ機関で、タンブールの先生、çavuş(軍曹?)のランクを持っています?

※yüksek eğitim kurumu
高等教育機関
※Osmanlı sarayının yüksek eğitim kurumu olan Enderûn’da
オスマン宮廷高等教育機関エンデルーン
※olan Enderûn’da yetiştirildi
育ったEnderun、
※aynı kurumda
同じ機関、
※pâyesini aldı.
ランクを持っています。

※çavuş
Türkçe-İngilizce »
1. sergeant, noncom, non-commissioned officer

Türkçe Sözlük »
1. » Osmanlı devleti teşkilatında çeşitli hizmetler yapan görevli.
» Osmanlı ordusunda üst komutanların buyruklarını ast komutanlara ulaştıran görevli.
» askerlik Onbaşıdan sonra gelen ve görevi manga komutanlığı olan er rütbesi:
"Katanaların birinin üstünde bir topçu çavuşu oturuyor."- R. H. Karay.
» Bir işin veya işçilerin başında bulunan ve onları yöneten sorumlu kimse:
"O döver, ne olacak babası belediye çavuşu imiş."- P. Safa.
» Askeri okullarda sınıf birincisi:
"İki ay içinde üstünlüğünü tanıtarak sınıfının çavuşu olmuştur."- F. R. Atay.

→çavuşはオスマン帝国の役人?官僚?の位階、ランク(英語でrank)の一種なのか?

çavuşと言えば、
THE NEW GROVE Dictionary of Music and Musicians
Ottoman music
WALTER ZEV FELDMAN

2. 1700–80.

Mustafa Çavuş (d ?1745) who developed the şarkı song, which was by now accepted by the court
~この頃にはもう宮廷に受け入られていたシャルク歌曲を発達させたムスタファ・チャウシュ(1745?没)~
とある。彼のÇavuşも地位を示している?


Üçüncü Selim ve 1816’da musâhibi, yani yakın dost halkasına dahil olduğu İkinci Mahmud dönemlerinde bestekâr olarak büyük şöhret kazandı.

セリム3世と1816年ムサーヒブmusâhibi、すなわち、を含む親しい友人の輪、マフムト2世治世期間作曲家として偉大な名声を獲得した。

※yani yakın dost halkasına dahil olduğu
を含む親しい友人の輪、

İkinci
Türkçe-İngilizce »
1. secondary, second
2. deutero, vice
3. second

Oğlu Tanburî Zeki Mehmed Ağa, torunu ise Tanburî Büyük Osman Bey’dir.
タンブリー・ゼキ・メフメド・アーが息子、タンブリー・ビュユク・オスマン・ベイが孫。

Günümüze seksen kadar eseri ulaşmıştır.
現在の曲八十と同数に達している。




turkmusiki.comでのNuman Ağaのページは以下。

NUMAN AĞA (1750? 1834 )
http://www.turkmusiki.com/numan%20aga.htm

彼の作曲した曲の一覧も付いてる。
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。