スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘキム Hekimは医者?

Wikipedia英語版"Leyla Saz"
http://en.wikipedia.org/wiki/Leyla_Saz
(2011/05/11閲覧)の一節に

she was the daughter of İsmail Hakkı Pasha (often called Hekim İsmail Pasha -İsmail Pasha the Doctor- in Turkish sources).

レイラ・サズはイスマイル・ハック・パシャの娘だった(トルコ語の情報源で、しばしばヘキム・イスマイル・パシャ・・・医者の?イスマイル・パシャ・・・と呼ばれた)

とあった

ヘキム Hekimは「医者」の意味?

----------------------------------------------------------------
以下のような情報もある

オスマン帝国時代、ヘキンバシュ・ゲヴレクザデ・ハサン・エフェンディは各マカームが小児疾病の治療に効果があると主張した。例えば、ヒジャーズ:尿路の疾病に(午後中ごろに効果的)、フセイニ:肝臓病,心臓病、発作、隠れた熱病に(夜明け時に効果的)、ネヴァ:思春期に達した子供に効果が(続
Wed Oct 06 2010 09:48:13 (Japan Standard Time) ついっぷる/twippleから
http://twitter.com/biwaud/status/26506736151

続)あり、腰痛や、気分向上に、イスファハン:風邪予防(日没時に効果的)、ブセリク:腰痛、頭痛、眼病に、ウシャック:足の痛みと不眠症に。また、当時の医師たちは各マカームが一定の気分を高めると考えていた。 ズィルギュレ:睡眠、フセイニ:美、ヒジャーズ:人間性、ネヴァ:勇気、等々
Wed Oct 06 2010 09:52:21 (Japan Standard Time) ついっぷる/twippleから
http://twitter.com/biwaud/status/26507002954


で、この「ヘキンバシュ・ゲヴレクザデ・ハサン・エフェンディ」だが、

Turkish Cultural Foundation
Turkish Music Portal
Articles / Music Therapy Among The Turks
MUSIC THERAPY AMONG THE TURKS
( by Assistant Professor Dr. Pinar Somakçi )(英語)
http://www.turkishmusicportal.org/article.php?id=23&lang2=en
にHekimbaşı Gevrekzade Hasan Efendi (18th century)の記載があった


Hekimbaşı Gevrekzade Hasan Efendi (18th century) was the student of Tokatlı Mustafa Efendi, who translated Ibn Sina’s famous work, “El Kanun fi’t-tıbbi.” In his own work, he said that he had drawn heavily upon Ibn Sina’s book.

In his work, “Emraz-ı Ruhaniyeyi Negama-ı Musikiye,” Hekimbaşı Gevrekzade Hasan Efendi outlined which makams were effective in the the treatment of which childhood disease:

Irak Makam: effective in the treatment of childhood meningitis.
Isfahan Makam: clears the mind and protects from colds and fevers.
Zirefkend Makam: effective in the treatment of stroke and backache, fosters a sense of strength.
Rehavi Makam: Effective in the treatment of all headaches, nosebleed, wry mouth, paralysis and phlegmatic diseases.
Büzürk Makam: Effective in the treatment of the brain and of cramps, and eliminates fatigue.
Zirgüle Makam: Effective in the treatment of heart and brain disease, meningitis, heartburn and fevers of the liver.
Hicaz Makam: Effective in the treatment of diseases of the urinary tract.
Buselik Makam: Effective in the treatment of pains in the hips and head, and of eye diseases.
Uşşak Makam: Effective in the treatment of foot pain and insomnia.
Hüseyni Makam: Effective in the treatment of liver and heart disease, siezures and hidden fevers.
Neva Makam: Effective in the treatment of children who have reached puberty, pains of the hips, and brings joy to the heart.


トルコ語版はこちら
Turkish Cultural Foundation
Turkish Music Portal
Makaleler / Türklerde Müzikle Tedavi
MUSIC THERAPY AMONG THE TURKS
( yazan Pınar SOMAKCI )(トルコ語)
http://www.turkishmusicportal.org/article.php?id=23&lang2=tr

İbn Sina’nın meşhur eseri “El Kanun fi’t-tıbbi” adlı eserini tercüme eden Tokatlı Mustafa Efendinin talebesi Hekimbaşı Gevrekzade Hasan Efendi(18.yy) yazdığı eserinde İbn Sina’nın eserinden çok faydalandığını ifade etmiştir.

Hekimbaşı, Gevrekzade Hasan Efendi”Emraz-ı Ruhaniyeyi Negama-ı Musikiye” adlı eserinde, çocuk hastalıklarına hangi makamın iyi geldiğini şöyle bahsetmiştir:

Irak Makamı: Çocuktaki menenjit hastalığına faydalıdır.
Isfahan Makamı: Zeka, zihin açıklığı verir ve soğuk algınlığı ve ateşli hastalıklardan korur.
Zirefkend Makamı: Felç ve sırt ağrısına iyi gelir, kuvvet hissi verir.
Rehavi Makamı: Tüm baş ağrılarına, burun kanamasına, ağız çarpıklığına, felç ve balgam hastalıklarına iyi gelir.
Büzürk Makamı: Beyin, kulunç ağrılarına iyi gelir, kuvvetsizliği ortadan kaldırır.
Zirgüle Makamı: Kalp, beyin hastalığı, menenjit, mide harareti, karaciğer ateşine iyi gelir.
Hicaz Makamı: İdrar yolu hastalıklarına iyi gelir.
Buselik Makamı: Kalça, baş ağrısı ve göz hastalıklarına iyi gelir.
Uşşak Makamı: Ayak ağrıları ve uykusuzluğa iyi gelir.
Hüseyni Makamı: Karaciğer, kalp hastalıklarına, nöbet, gizli hummalara iyi gelir.
Neva Makamı: Bluğ çağına ulaşmış çocuğa, kalça ağrısına, gönül sevincine iyi gelir diye ifade etmiştir.

このトルコ語版の文章の方、hekimの語がたくさんひっかかる…

--------------------------------------------------------------

http://www.sozluk.com/
でhekimを検索してみると

Türkçe-İngilizce »
1. doctor, physician

Türkçe Sözlük »
1. İnsanlardaki hastalıkları teşhis ve onları ilaçlarla veya bazı araçlarla tedavi eden kimse, doktor, tabip:
"Hekim, ebenin kendi odasına geleceğini sandıysa, doğru çıkmadı."- M. Ş. Esendal.

Atasözü, deyim ve birleşik fiiller

Lokman hekimin ye dediği

とのこと。英語でdoctor, physicianなので、医者。

英辞郎で
physicianは
【名詞】
1.医師、医者◆【同】medical doctor◆【略】phys.
2.(総合)内科医
3.〔苦痛などを〕癒す人、救済者

----------------------------------------------------------------------------

トルコ語で~バシュの意

http://www.dar-al-masnavi.org/mevlevi-glossary.html
より

bashI (T; lit., "head"; pronounciation: "baashuh," commonly mispronounced by Westerners as "baashee"): a Turkish suffix, indicating leadership positions, such as semazenbashI (head of the semazens).

バシュ(トルコ語;lit.「頭」;発音:「バーシュー?」一般に誤った発音、西洋によって「バーシー」として):トルコ語の接尾辞(末尾に添加したもの)リーダーシップ(指導者の地位)のポジションを表示、例えばセマゼンバシュ(セマゼンの頭[かしら?])など

-------------------------------------------------------------------------------

バシュチャルシヤ、バシュチャルシア、バルチャルシァ、バシチャルシア(ボスニア語・セルビア語・クロアチア語:Baščaršija、トルコ語:Başçarşı バシュチャルシュ)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォのメイン・ストリートで、オスマン帝国統治下の16世紀にオスマン=トルコ様式でアラブのスークをモデルに設計された商業地区、とのこと。

「バシュチャルシヤ」の呼称はトルコ語に由来しているとのこと。
「baš」はトルコ語で「baş」であり、「主要な」「第一の」等を意味しており、
「čaršija」はトルコ語の「çarşı」に由来し、「市場」「バザール」を意味しているとのこと。

http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-160.html

-------------------------------------------------------------------------------

つまりHekimbaşı(ヘキムバシュ?ヘキンバシュ?)で「医者頭(いしゃがしら)」「医師の長(いしのおさ)」みたいな意味?

--------------------------------------------------------------------------------


トルコ語でdoktorも医者のはずだけど、hekimとdoktorはどう違うんだろう…
doktorはヨーロッパ経由で入ってきた外来語?フランス語から入ってきた?

http://www.sozluk.com/
でdoktorを調べると

Türkçe-İngilizce »
1. doctor, physician, therapist, doc, medic, medico, healer 2. medico

Türkçe Sözlük »
1. » Hekim.
» Bir fakülteyi veya bir yüksek okulu bitirdikten sonra belli bir bilim dalında en yüksek öğrenim basamağına vardığını, geçirdiği özel sınavla ve başarılı bir eserle gösterenlere verilen akademik unvan.

Atasözü, deyim ve birleşik fiiller

doktor doktor dolaşmak (veya gezmek)

トルコ語辞書の方ではdoktorのことをHekimと書いてる…

----------------------------------------------------------------------
Aman doktorという有名な歌がある(Aman doktor canım doktor derdime bir çare)。トルコの他、ギリシアでも歌われている。
Makam Sabaの旋律。

Greek Turkish Shared Musics - Aman Doktor (Yiatros) - Mendilimin Yesili
http://www.youtube.com/watch?v=AjepmHRjh74

このビデオの投稿者romeikos2によれば以下の通り。

One of the most oft recorded tunes in the early 20th centuries among Greeks was the Turkish song Mendilimin Yesili better known as Aman Doktor. It was especially favored by Greek immigrants to America who recorded it many times. Two Greek American recordings are included here, a very early one by Amalia Baka from Yanina, Epirus and a later one by Virginia Mangidou from Istanbul. Other American reocrdings not included are two by Marika Papagika, two by Giorgos Katsaros and one in Turkish by Tom Stathis (Stathiades) from Kirk Kilise (Saranda Ekklisies) now Kirklareli. The first Turkish recording on this upload is sung by the Armenian, Bogos Kirecciyan. It was recorded in Istanbul and released on the Balkan Record Label in NYC , circa 1953. The second Turkish recording is by Ali Ugurlu who recorded dozens of songs in Athens in the early 1960s. Included also are two "folk" versions - one, played on zurna and daouli is used to accompany the dance "Seryiani" from the region of Nigrita in Macedonia; and the other, also from Macedonia, is from the village of Krini. This is the only version in Greek I know of whose lyrics are different from the usual ones about needing a doctor to cure an uncurable love pain.


(白いりんごによる適当訳)

ギリシア人の間で20世紀初頭に最もしばしば録音されたメロディーのひとつはトルコの歌Mendilimin yeşili、Aman Doktorとしてより知られる、であった。


※oft はoftenの誤字かな?
※Mendilimin YesiliよりMendilimin yeşiliの方がつづりが正しいと思われる。


それは特にアメリカに渡ったギリシア移民に好まれた、そして移民達はそれを多くの回数録音した。
2つのギリシア系アメリカ人の録音がここに含まれている、エピルスEpirus、ヤニナYanina出身?のアマリア・バカAmalia Bakaによる最初期のもの、後のもうひとつはイスタンブルのヴィルギニア・マンギドウVirginia Mangidouによるもの。


※Amalia Bakaはギリシア文字でおそらくΑμαλία Βάκα
※Epirusはギリシア文字でΉπειρος(ラテン文字転記:Ēpeiros)?
→南西バルカンの現ギリシア西部~現アルバニア南部にかけての地域?ギリシア北西部の地方?
※Yaninaは英語でJanina、Ioanninaとか書くギリシアの街?日本語ではヨアニナとかヤニナとかイオアニナと書かれる街?
テペデレンリ・アリー・パシャ(オスマン帝国時代のバルカン半島南西部を治めた領主で半独立の専制君主)の治めた街?
※Virginia Mangidouはギリシア文字でΒιργινία Μαγκίδουかな?ヴィルギニア・マンギドウの読みになる?


含まれていない、他のアメリカ人の録音はマリーカ・パパギーカMarika Papagikaによる2つ、ヨルゴス・カツァロスGiorgos Katsarosによる2つ、クルク・キリセKirk Kilise(サランタ・エクリシエスSaranda Ekklisies) 、現クルクラーレリKirklareli、出身?のトム・スタティスTom Stathis(スタティアデスStathiades)によるトルコ語のもの。

※Marika Papagikaをギリシア文字であらわすとΜαρίκα Παπαγκίκα。1890-1943。
※KirklareliはKırklareliかな?クルクラーレリ。Kırklareliだとするとトルコのヨーロッパ側、東トラキアにある街。クルクラーレリ県に属する。黒海に面する。
→合ってると思われる。なぜならKırklareliはビザンティン帝国時代はギリシャ語で「40の教会」と意味するサランタ・エクリシエス(Σαράντα Εκκλησιές)と呼ばれた、また14世紀になってトルコ語のクルク・キリセ(Kırk Kilise)に改称されたので。~クルクラーレリ県(トルコ語:Kırklareli il)はトルコ北西部、マルマラ地方の県。クルクラレリとも訳される。県都はクルクラーレリ。黒海に面しており、ブルガリアとの国境とも面している。国境の長さは180km。西にエディルネ、南にテキルダー、南西にイスタンブルの各県とも接している。クルクラーレリの名前の由来はトルコ語で「要塞の地」という意味であり、14世紀にオスマン帝国がこの地を征服するためにムラト1世をこの地に送ったことか、オスマン帝国がこの地を占領する前にあった40の教会を指していると考えられている~


このアップロードの最初のトルコの録音はアルメニア人ボゴス・キレッジヤンBogos Kirecciyanによって歌われている。

※Bogos KirecciyanのKirecciyanの末尾が-yanなので確かにアルメニア系と分かる。


それはイスタンブルで録音された、そしておよそ1953年頃、ニューヨーク市のバルカン・レコード・ラベルBalkan Record Labelで発売された。

※NYCはNew York Cityの略かな?
※circa【前置詞】〈ラテン語由来〉およそ、約、~年頃◆【略】ca. ; c. ; cir. ; circ.


第二のトルコの録音はアリ・ウウルルAli Ugurluによる、彼は1960年代初期にアテネで1ダースもの歌を録音した。


※Ali Ugurluは本当はAli Uğurluのつづりじゃないかな?


また2つの「民俗」版も含まれている-ひとつめ、ズルナzurnaとダオウリdaouliで演奏されているものは、マケドニアのニグリタNigritaの地域の「セリイアニSeryiani」舞踊の伴奏として使われている;そしてもうひとつはマケドニアのもの、クリニKriniの村のものである


これは私が知っているギリシア語の唯一の版である、その歌詞は通常のもの、不治の愛の痛みを治すために医者を必要とすることについて、と異なる

※uncurable
=incurable



-----------------------------------------------------------------------
Neyzen.comのAman doktorの楽譜。クラスィック音楽のMakam Sabaのところにある。

Aman doktor canım doktor derdime bir çare
http://www.neyzen.com/nota_arsivi/02_klasik_eserler/078_saba/aman_doktor_ney.pdf


Makâm : Sabâ
Usûl : Düyek
Yöre : İstanbul
Kaynak : Nuri Halil Poyraz
Derleyen : Muzaffer Sarısözen




Amân doktor
Canım kuzum doktor
Derdime bir çâre
Çâresiz dertlere düştüm
Doktor bana bir çâre

Mendilimin yeşili ammân ammân
Ben kaybettim eşimi
Al bu mendil sende, sende dursun
Sil gözünün yaşını

Amân doktor
Canım kuzum doktor
Derdime bir çâre
Çâresiz dertlere düştüm
Doktor bana bir çâre...
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。