スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ古典音楽の音楽家の名前の敬称

トルコ古典音楽/トルコ芸術音楽/オスマン帝国宮廷音楽の音楽家の名前に付く敬称(エフェンディ/ベイ/アー/パシャ/チェレビなど)の意味が良く分からず、困っていたが、以下が詳しくてよく分かった。

For the Glory / Europa Universalis II Wiki
-Turca Universalis Journal
--Turca Universalis Alternative
---TUA090G-Turca Universalis Alternative, No. 9.0
---第09回 [2008年1月6日(日)配信]
http://stanza-citta.com/eu2/index.php?TUA090G-Turca%20Universalis%20Alternative%2C%20No.%20%209.0

なぜPCゲームのwiki?
なんだか凄く詳しいです。
書いているのはEfendi氏と言う方。
トルコ語が分かる方の模様。

以前見かけたサイトのEfendi氏と同一人物?

上記によると






チェレビーはトルコ語で「卿」ぐらいの意味

前近代のトルコ人の名前は、パシャとかチェレビーとか、敬称を名前の一部にしちゃって自分で名乗ってる

チェレビ çelebi は?→チェレビは、原義が育ちがいいとか教養があるというもので、ベイ bey と同じように有力者が付ける敬称なんだけど、教養人というニュアンスがあるわね。だから、日本語でも貴族が用いた 『 ~卿 』はぴったりなんじゃないかな。

「じゃあ、ベイのほうは?」

「うん、ベイも有力者が付ける敬称だけど、元は集団のリーダーがそう呼ばれたのね。だからどっちかと言えば武人に対する敬称なわけで、 『 ~殿 』 とかが近いのかな。現代トルコ語ではミスターと同じ意味で使われてるわね。ちなみにオスマン帝国の官僚組織で言うと、ベイといえばサンジャク・ベイ sancak beyi のことで、県知事に相当します。」

「ベイって、 beğ とも書くよね。イスタンブル言葉だと同じ音だけど、東の方に行くと 「 ベグ 」って音になるから、日本の本だと 「 ~・ベグ 」 っていう書き方をすることもあるね。じゃあ、ベイの次はパシャ paşa かな。」

「パシャは将軍という意味ね。敬称としては 『 ~閣下 』が相応しいのかな。オスマン帝国の官僚組織で言うと、ベイたちを束ねるベイレルベイ beylerbeyi 、つまり 『 ベイたちのベイ 』と呼ばれる州総督以上の者が初めてパシャと呼ばれるわけね。」

「官僚組織といえば、アー ağa は?」

「アーは広い土地を所有する領主って意味があるけれど、オスマン帝国の官僚組織で言えば、イェニチェリのリーダーね。」

「宦官長もアーを名乗るわよね。」

「あ、そっか。そういった意味で、特別なセクションのトップがアーって名乗るから、 『 ~長官 』っていう訳語がぴったりかも。宦官といえば、文字通り宦官を意味するハドゥム Hadım も名前に付けられるわね。 EU2 にも登場するハドゥム・スレイマン・パシャとか。」

「あとは…、あっ! エフェンディ efendi は?」

「エフェンディはチェレビやベイと同じように、比較的一般的に紳士に付けられる敬称だけど、オスマン帝国時代にはとくにメドレセ medrese (モスク付属の高等教育機関)を卒業したカドゥ kadı (法官)を指すわね。」

「梨木香歩さんの 『 村田エフェンディ滞土録 』 だと、『 学士 』 っていう訳語を充ててたね。」

「あ、それはいいかも。」

「エフェンディときたら、次はホジャ hoca かな。」

「ホジャは 『 先生 』ね。ここまでの敬称が、ハドゥムを除いてぜんぶ名前の後に付けるのに対して、ホジャは名前の前に付けるところがちょっと違う、と。ホジャ・エブスウッディーン・エフェンディとか。」

「コジャ koca っていうのもたまに見るね。コジャ・スィナン・パシャとか。」

「コジャっていうのは敬称なのかなぁ。年長だとか偉いとかいう意味だけど、ローマの大カトーと小カトーみたいに、同じ名前の偉人が出たときに年代記作者が区別するために付けるもので、本人が名乗るわけじゃないし、 『 大 』 の方が時代が前なだけで偉いってわけでもないし。まあ、とりあえず 『 大~ 』 ってことで。」

「じゃあ 『 小~ 』 はキュチュク küçük でいいの?」

「うん。同じ名前を区別するときに、出身地を付けるのもよくあるわね。これは当人も名乗ってる。ゲリボル Gelibol (ガリーポリ)出身のゲリボルル・ムスタファ・アーリーとか、セラーニク Selanik (テッサロニキ)出身のムスタファ・セラーニキーとか。」

「カラ・ムスタファ・パシャはやっぱり色が黒(カラ kara )かったのかな。」

「う~ん、多分。」

「お父さんの名前を使って区別することも多いよね。」

「ペルシア語でザーデ -zade とか、トルコ語でオウル -oğlı とかね。 EU2 に出てくるオズデミロウル・オスマン・パシャは、その前に出てくるゲーム上は征服者のオズデミル・パシャの息子なわけだけど。でも必ずしもお父さんの名前ばかりじゃなくて、デフテルザーデみたいにお父さんの職業、デフテル defter (会計官)から採っている名前もあるわね。」

「あと、なんだろ。さっきハドゥムが出たけど、職業で言うならスィラーフダール silahdar (太刀持ち)とか? キリがないよね。」

「う~ん、ハジュ hacı (聖地巡礼の義務を果たした人)とか?」







EFENDI.jp
トルコの人名 The Turkish Names
http://www.efendi.jp/rq/script/languages/ancient/names/turkish_names.html
によれば

~トルコ人の名前は、今では「名前+姓」のシンプルなものになっているが、元来姓は無かった。
古典的名前ではいくつかのパターンがある~

~「父の名前 -oğlu +名前」、Özdemiroğlu Osmān Paşa といえば、「オズデミルの息子、将軍オスマーン」という意味(末に称号をつけることがままある。 Paşa は将軍、 Bey は知事など公称だが、Çelebi は貴族、Efendi は学者といった自称であり、勝手に付ける)。 -oğlu の代わりにペルシア風に -zāde を用いることもある~

~両者を合わせて、「出身地や職業や父祖の名 -li/lu +父の名前 -oğlu/-zāde +名前」ともするが、ペルシアとは順序が異なる。 Eğri Abdı-zāde Mehmet Bey といえば、「エウリ出身の、アブドゥの息子、知事メフメト」という意味~


このEFENDI.jpというサイトの方と上のゲームのwikiのefendi氏は同一人物かなぁ?

Turca Universalis Journal
http://stanza-citta.com/eu2/index.php?Turca%20Universalis%20Journal
のPrefaceにhttp://www.efendi.jp/eu2/へのリンクがあるから同一人物だと思われる。









トルコ語翻訳練習手帳: Bir çevirmen adayının alıştırma defteri
2006-10-30
■[オルハン・パムック] 『白い城』 【5】 P.15~17
http://d.hatena.ne.jp/cesur_civciv/20061030
によれば

Efendi:本来的な意味は「紳士」「教養人」であり、高い教育を受けた者に対する尊称であったが、オスマン時代には上級官僚、役人の一部に冠せられる称号として一般化されていた。Efendi:本来的な意味は「紳士」「教養人」であり、高い教育を受けた者に対する尊称であったが、オスマン時代には上級官僚、役人の一部に冠せられる称号として一般化されていた。

関連記事
トルコ古典音楽/トルコ芸術音楽/オスマン帝国宮廷音楽の音楽家/作曲家の名前に付く楽器名
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-57.html
タンブーリーとかカーヌーニーとかネイゼンについて記載。

・タンブールTanburの奏者タンブーリーTanbûri
Tanbûrî Cemîl Bey (1873 イスタンブルİstanbul - 1916 イスタンブルİstanbul)

・カーヌーンKanunの奏者カーヌーニーKânûni
Kânûni Âmâ Nâzım Bey (1884 イスタンブルİstanbul - 1920 イスタンブルİstanbul)

・ネイNeyの奏者ネイゼンNeyzen
Neyzen Aziz Dede (1840 ? - 1905)

・ネイNeyの奏者Nâyî
Nâyî Osman Dede (1642 ? - 1729)
普通ネイの奏者はNeyzenというが、彼はNâyîになっている。
なぜかは不明。

彼はKutbü'n-Nâyî Osman Dedeとも言う

Kutbü'n-Nâyî
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-152.html
Kutbü'n-Nâyîはおそらく「ネイ奏者の極/ネイ奏者の軸」の意味。(「極」=北極、南極の「極」。)

・ウードUdの奏者Udî
Udî Hırant (Hırant Kenkülyan Emre) (1901 - 1978)

・ケメンチェKemençe の奏者Kemençeci
Kemençeci Nikolaki (?-1915)
KEMENÇECİ NEDİM ŞÜKRÜ BEY( ? - 1920?)

・Kemanの奏者Kemânî
Kemânî Tatyos Efendi (1858 - 1913)

・サントゥールSanturの奏者サントゥーリーSanturî
Santurî İbrahim Ethem Bey (1855 イスタンブルİstanbul - 1926 イスタンブルİstanbul)

・ラウタLavtaの奏者Lavtacı
Lavtacı Zivanis (Civan Ağa) (? - 1910)

~ザーデ「~の子孫」(ペルシア語接尾辞)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-48.html

BUHURİZÂDE MUSTAFA ITRÎ EFENDİ (1640 İstanbul -1712 İstanbul)

Hammâmîzâde İsmâîl Dede Efendi(1778-1845)

ÇÖMLEKÇİZADE RECEP EFENDİ(?-1710)
=ÇÖMLEKÇİZÂDE RECEP ÇELEBİ(?–1701)かな?

DELLALZADE İSMAİL EFENDİ (1797-1869)

KÖMÜRCÜZÂDE HÂFIZ MEHMED EFENDİ (-1885)

SUYOLCU ZADE SALİH EFENDİ (1804-1862)
=SUYOLCUZÂDE SÂLİH EFENDİ(1806 – 1862)かな?

KAPTANİZADE ALİ RIZA BEY (1881-1934)
=KAPTANZÂDE ALİ RIZA BEY(1881 - 16 Şubat 1934)

KASSAMZÂDE MEHMED EFENDİ( ? – 1758)

MANYASÎZÂDE REFİK BEY(1854 – 4 Mart 1909)

MÜŞTAKZÂDE ETHEM EFENDİ (1862 İstanbul - 1933 İstanbul)

YESARİZÂDE AHMED NECİP PAŞA (?-1883 İstanbul) (H.1300)

YESARİZÂDE MUSTAFA İZZET EFENDİ (1776 İstanbul - 1849 İstanbul) (H.1265)

トルコ語の接尾辞~オオル系の名前の人。

DENİZLİOĞLU ALİ BEY( ? - 1860)

KANTEMİROĞLU(1673 – 1727 )
=Dimitrie Cantemirディミトリエ・カンテミール

SEYFEDDİN OSMANOĞLU(22 Eylül 1874-19 Ekim 1927)
オスマン帝室の子孫だからOSMANOĞLU。

AYŞE OSMANOGLU (1886 İstanbul - 1960 İstanbul)

トルコ新聞記事翻訳ハンドブックが興味深い
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-134.html
ここの
■ホーム > トルコ諸情報 > 2.宗教関係用語 > イスラム関係用語の解説
によれば

dede:デデ(宗教指導者)(メヴレヴィー教団の指導的地位にある人物に用いられる呼称)

hacı:ハジュ(巡礼の義務を果たした人物、またその人に対して用いられる敬称)

hoca:ホジャ(師)(イマームや、学校の教師をさす。先生の意)

şeyh:シャイフ(教団(タリーカ、ジェマート)組織の長。元来は宗教的に徳のある人物や長老の意)
※ここではşeyhはシェイフとしないようにしているらしい。元はアラビア語。

ウード奏者シェリフ・モヒエッディン
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-82.html
ムヒー・アッディーン Muhī ad-Dīn محي الدين の敬称(より正しくはラカブ)について考察

Şerîf Ali Haydar Paşa
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-125.html
文章の一部分でサラーフッ=ディーンṢalāḥ al-Dīn とは「宗教/信仰(Dīn)の救い(Ṣalāḥ)」を意味するラカブについて記載

Hüseyin Sâdettin ArelのSâdettin
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-34.html
SâdettinはṢaʿd al-Dīnでسَعْد الدِّينِで宗教/信仰の幸福、安寧の意味かなぁ、という考察。

Şehzade Seyfettin Efendi(1874-1927)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-94.html
Seyfettin=Sayf al-Dîn, sayf al-dīn, سيف الدين 宗教の剣/信仰の剣について記載

~ジ、~ジュはトルコ語で~屋さん?
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-122.html
トルコ語の接尾辞~ジ、~ジュについて記載。

Turkish
トルコ語 -- 語尾・名詞編
http://easai.web.fc2.com/linguistics/Turkish/273/
によれば、

~トルコ語には、語尾を接続して名詞化する接辞が豊富にあります~

■-ci/-çi 「~する者」

-ci/-çi という語尾は、職業など「~屋(~する者)」という意味を表します。

topçu:砲兵(top = 大砲)~

とのこと。

Zaharyaのあだ名Kürkçü
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-129.html
キュルクチュ Kürkçü 毛皮屋について記載。

Kömürcüzade Hafız Mehmet Efendi(?-1835)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-151.html
Kömürcü=炭焼き人について記載

Klârnetçi İbrâhim Efendi
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-143.html
Klârnetçiでクラリネット屋?

ボンジュクチュ・ムセヴィBoncukçu Musevi(?-1750)の名前について
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-137.html
Boncukçu(Boncukcu?)は英語でBead makerの意味らしい。「ビーズ屋」?「数珠屋」?「(ビーズ製の)ネックレス屋」?

Şekerci Cemil Bey
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-158.html
Şekerciは英語で「confectioner」とのこと。「菓子職人」「菓子屋」の意と思われる。

ÇÖMLEKÇİZADE RECEP EFENDİ(?-1710)
=ÇÖMLEKÇİZÂDE RECEP ÇELEBİ(?–1701)かな?

http://www.sozluk.com/
によるとÇÖMLEKÇİは英語でpotter

BASMACI ABDİ EFENDİ (1736-1851)

http://www.sozluk.com/
によるとBASMACIは英語で

1. manufacturer or seller of printed cloth.
2. printer, person whose job is to print designs on cloth.

ŞERBETÇİ İBRAHİM AĞA( ? – 1760?)
http://www.sozluk.com/
によるとŞERBETÇİは英語でmaker or seller of sherbet.
シャーベット屋さん!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

2011/09/24追記 ↓ここから

Hâfız Mehmet Efendi (Balıkçı)

以下の歌の作曲者。
Bir şehin (şûhun) aşkına oldum müptelâ
Form:Şarkı, Makam:Evc Bûselik,
Bestekâr:Hâfız Mehmet Efendi (Balıkçı), Güftekâr:_, Usûl:Devr-i Revân
TRT Repertuar No:2268

http://www.sozluk.com/でBalıkçıを調べると、Balıkçıの意味は英語でfisherman, fisher; fishmongerとのこと。

Türkçe-İngilizce »
1. fisherman, fisher; fishmonger

fisherman【名詞】漁師
fisher【名詞】漁師
fishmonger【名詞】〈主にイギリスで〉魚屋
とのこと。

http://www.sozluk.com/でBalıkを調べると

Türkçe-İngilizce »
1. astrological sign of fish, twelfth sign of the Zodiac; large zodiacal constellation, Pisces, Fishes
2. fish
3. ichthyo
4. piscine; finny

との事。
漁師?魚屋さん?

İstanbul 2010 Avrupa Kültür Başkentiで作曲家Balıkçıで調べるとMehmet Efendi (Balıkçı-Hafız)のŞarkıが39曲も見付かる。

http://www.nuveforum.net/1191-terimler-sozlugu-h/257547-hafiz-mehmet-efendi-balikci/
によれば

HAFIZ MEHMET EFENDİ Balıkçı, Mevlevi, türk besteci (öl. ist. 1875 ?). Hacı Arif Bey'in çağdaşı olmakla birlikte, Selim III okulunun şarkı üslubunu sürdürdü. Günümüze ulaşabilmiş 50 dolayında şarkısının en ünlüleri: Gelmez oldun sevdiğim hiç yanıma (şehnazbuse-llk); Geçirdin can ile tenden (ferahnâk).
とのこと。
1875年没?Hacı Arif Bey(1831-1885)と大体同世代?

彼の作品の中で有名な歌が

Gelmez oldun sevdiğim hiç yanıma
Form:Şarkı, Makam:Şehnaz Bûselik,
Bestekâr:Hâfız Mehmet Efendi (Balıkçı), Güftekâr:_, Usûl:Ağır Aksak
TRT Repertuar No:4813

Geçer dil can ile tenden
Form:Şarkı, Makam:Ferahnâk,
Bestekâr:Hâfız Mehmet Efendi (Balıkçı), Güftekâr:Nevres paşa, Usûl:Aksak
TRT Repertuar No:4604

らしい。

2011/09/24追記 ↑ここまで

------------------------------------------------------------------------------------

クユムジュ・オスキヤムKuyumcu Oskiyam(1780?-1870?)について
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-71.html
Kuyumcuは英語でjewelry store, jeweller [Brit.], jeweler, goldsmith。OskiyamはOskiyanのつづり間違いと思われる。

トルコ古典音楽のアルメニア系音楽家の名前の~ヤンは「~の子」?
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-123.html

Çorlulu Aşık(?-1850)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-147.html
-luは「~出身」の意味でÇorluluで「チョルル出身」の意味と思われる

Turkish
トルコ語 -- 語尾・名詞編
http://easai.web.fc2.com/linguistics/Turkish/273/
によれば、

■-li 「~出身」

出身を表す、-li という語尾は、国名・都市名につけて「~出身」という表現ができます。

Ankaralıyım
アンカラ出身です。





DENİZLİOĞLU ALİ BEY( ? - 1860)

DRAMALI HASAN GÜLER(1896- 18 Haziran 1984)
DRAMAは現ギリシア領。

この人Bu Proje İstanbul 2010 Avrupa Kültür Başkentiで調べると
Hasan Hasgüler (Dramalı)という表記で出てくる。HASAN GÜLERが正しいのかHasan Hasgülerが正しいのか…?

SELÂNİKLİ AHMED BEY (1868 - 4 Aralık 1927)
=SELANİKLİ AHMET BEY (1868 Selanik -1927 İstanbul)
SELÂNİK=セラーニク=テッサロニキ。現ギリシア領の街。

改定履歴
2011/03/29
個別の名前などをいろいろ追記。

2011/05/29
Hasan Hasgüler (Dramalı)について追記。

2011/09/24
Hâfız Mehmet Efendi (Balıkçı)について追記
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。