スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ音楽小史

ものすごくいいかげんなトルコ音楽の歴史研究

A Short History of Turkish Mûsıkî
Ozan Yarman
(25 November 2002)
http://www.ozanyarman.com/files/musikihistory.pdf
を読んで。
→英語がまともに読めないので情報の信頼性は極めて低いです
以下、単に読み取れた固有名詞っぽいのを並べただけ。

ピュータゴラース(582-500b.c.)一般にはピタゴラス
ソークラテース(470-399b.c.)一般にはソクラテス
プラトーン(428-347)一般にはプラトン
アリストテレース(384-322b.c.)一般にはアリストテレス
キンディー(801-873a.d.)時にアル・キンディー
ファーラービー(873-950a.d.)時にアル・ファーラービー
キターブ・アル・ムーシーキー・アル・カビール(音楽大書、音楽の大書)
イフヴァーニュのサーファー
イブン・シーナー(980-1037)
メヴラーナー・ジェラーレッデン・ルーミー(1207-1273)
キターブ・アル・アドワール
サフィーアッデーン・ウルメヴィー(1216-1294)…サフィユッディン・ウルメヴィー、サフィー・アッデーンとも
クトゥベッティン・シラージー(1236-1311)
アブドゥルカーディル・メラーギー(1360-1435)
ジャミユル・エルハン
テルヒシ・ジャミユル・エルハン
ケンジュル・エルハン
ズドベトゥル・エルハン
シェルヒュル・キタービュル・エドヴァル
マカーシドゥル・エルハン
フェヴァイディ・アーシェレ
ジクリュル・ネガム・ウスールハ
ルフ・ペルヴェル
14世紀
オスマン帝国
フズル・ビン・アブドゥッラー
エドヴァール・ムースキー
ムラト2世(1404-1451)
アマシャのシュクルッラー(1388-1464)
トルコ語に翻訳
ベドリ・ディルシャド
音楽の科学
ムラドナーメ
ムラト2世
ネカーヴェトゥル・エドヴァル
アブドゥルカーディル・メラーギー(1360-1435)の息子、アブドゥルアジズ・チェレビ
フェトゥルッラー・シルヴァーニー
15世紀、16世紀
アナトリア、ペルシア、ホラサーン、マーワラーアンナフル
トルコ音楽
翻訳
音名イェガー、ドゥガー、セガー、チャルガー、ペンチュガー、シェシュトガー、ヘフトガー、ヘシュトガー
ラスト、ラースト、マカーム
現在の音名ラスト、ドゥガー、セガー、チャルガー、ネヴァー、ヒュセイニー・アーシラン、エヴィチュ、ゲルダーニイェ
コンスタンチノープルの征服
ラーディクのメフメト・チェレビ…ラーディクリ・メフメト・チェレビ
エル・フェティッイェ・フィール・ムースキー
征服王メフメト(1432-1481)…メフメト2世、征服者、ファーティフ
1483年
ゼイニュル・エルハン
バヤジド2世(1447-1512)…バヤジィト2世
アブドゥルカーディル・メラーギー(1360-1435)の孫、マフムト・チェレビ
マカーシドゥル・エドヴァル
15世紀
コルクト王子
ゼイネル・アビディン
16世紀
スルタンのセリム(1467-1520)…セリム1世、冷酷者、卓越者、ヤウーズ
オスマン宮廷
ハサン・ジャン・チェレビ(1490-1567)
イスタンブル…一般的にはイスタンブール
エンデルン
セリム1世
アレヴィー・ベクタシー音楽
トルコ民俗音楽
オスマン宮廷音楽
法制者シュレイマン(1494-1566)…スレイマン1世、スレイマン大帝、壮麗者、立法者、カーヌーニー
オスマン帝国
メヴレヴィー教団
この時代の有名な音楽家にはアブドゥル・アリ・エフェンディがいる
シェヴクナーメ…シェウクナーメ
オラトル・ヒムニスト・ハサン・エフェンディ(1545-1623)
ヴェテラン・ギレイ・ボラ・ハン(1554-1607)
ドゥラク・アー(1566)
サズナーメ
セリム2世(1524-1574)
16世紀の終わり
サファヴィー朝
オスマン朝
ピル・スルタン・アブダル
アレヴィー・ベクタシー教団
ルーシェン・アリ・キョロオル
トルコ民俗音楽
17世紀初頭
セリム1世の治世下
オスマン宮廷
ムラト4世(1611-1640)、作曲家でもある
カラジャオオラン(1606-1679)
タンブール奏者そして作曲家モリー・ハサン・アー(1607-1664)
作曲家メヴレヴィー・ユスフ・デデ(1670没)
ポーランド人アルベルト・ボボウスキ(1610-1675)→アリ・ウフキー
メジュムアイ・サズウ・ソズ
西洋の五線譜
17世紀の終わり
ハーフズ・チャコール(1645-1690)[チャコールは炭・木炭]、ポッターのレジェプ・チェレビ(1701)[ポッターは陶器職人・陶工]、セイイド・ヌー(1714)…セイイド・ヌフ(1714)のような作曲家
オスマン宮廷音楽
メフメト4世(1642-1687)
音楽家ルンベレル・メフメト・ベエ
ブラックスミス・チェレビ[ブラックスミスは鍛冶屋]
メフテラン(帝国軍楽隊)のアフメト
デルヴィシュ・アリ
オラトルのオスマン・チェレビ
シルク・スローワー・ハサン・チェレビ[シルク・スローワーは絹職人?]
ベネディクト・メフメト・エフェンディ
オダバシュザーデ・エフェンディ
良い見た目のムスタファ・チェレビ
ビートメーカーのエミル・チェレビ[ビートメーカーは拍を作る人?]
クアッリエルのレジェプ・チェレビ[クアッリエルは石切り工?]
チューリップ時代(1711-1730)
ネイ奏者オスマン・デデ(1652-1730)…ネイゼン・オスマン・デデ、クトゥビュン・ナーイー・オスマン・デデ、ナーイー・オスマン・デデ
モルダビア王子ディミトリエ・カンテミル(1673-1723)…カンテミルオオル、カンテミルオウル、カンテミルオール
ヤフヤ・チェレビ(1650-1727)
作曲家でタンブール奏者ハサン・アー(1670-1729)
女性作曲家ディルハヤト・ケアテイカー(1740没)[ケアテイカーは世話人・介護者・管理人]…ディルハヤト・カルファ
ギリシア系の作曲家で歌手ジェミル・ザチャリア(1680-1750)…ザハリャ、作曲家
作曲家でタブ奏者?ムスタファ・エフェンディ
ヴァイオリン奏者フズル・アー(1760没)作のテフフィームール・マカーマト・フィー・テヴリーディン・ネガーマト[1749年に製作された]
作曲家マフムト1世(1696-1754)
作曲家アブドゥルハーリム・アー(1710-1790)
フランス人通訳シャルル・フォントン(1725-1805)
作曲家ハジュ・サドゥッラー・アー(1730-1807)
フズル・アーの作曲家の?息子ヴァルダコスタ・セイイド・アフメト・アー(1730-1794)
小メフメト・アー(1803没)
作曲家ハーフズ・アマラス・アブドゥルラヒム・デデ(1799没)[アマラスは艶めかしい・色気がある]
19世紀初頭
ギリシア系作曲家タンブール奏者イザク(1745-1814)…イサク・タンブーリー、フレスコ・ロマノ
ネイゼン・オスマン・デデの孫でメヴレヴィー教団の作曲家サーモニスト・アリ・デデ(1769-1831)[サーモニストは説教師?]
アブドゥルバーキー・サステイナー・デデ(1765-1821)[サステイナーは支持者?持続者?]
アブドゥルラヒム・デデ(1769-1831)
音楽家セリム3世(1761-1808)
タンブール奏者ヌーマン・アー(1750-1834)
石炭商のハーフズ・メフメト・エフェンディ(1835)
アルメニア系音楽家レモンセラーのハンパルスム(1768-1838)[レモンセラーはレモン売り]…ハンパルスム・リモンジアン、ハンパルツム、ハンバルズム、ハンパーツム・リモンジアン、ババ・ハンパースム、ハンパルスム・リモンジュヤン
有名な作曲家バスアテンダントのイスマーイル・デデ・エフェンディ(1778-1846)[バスアテンダントは風呂の番頭?]…ハンマミザデ・イスマイル・デデ・エフェンディ、ハンマーミーザーデ・イスマーイル・デデ・エフェンディ、デルヴィシュ・イスマイル、イスマイル・デデ、デデ・エフェンディ
作曲家シャーキル・アー(1779-1840)と彼の兄弟ヴァイオリン奏者ムスタファ・アー(1840没)
ヴァイオリン奏者ルザ・エフェンディ(1780-1852)
マフムト2世(1785-1839)
1839年
1923年
ムーズカユ・ヒュマユーン(帝国オスマン楽隊)の指揮者ジュゼッペ・ドニゼッティ(1788-1856)とカリスト・グアテッリ(1820-1899)
作曲家アブディ・エフェンディ(1787-1851)
タンブール奏者で作曲家アーリフ・メフメト・アー(1794-1843)
作曲家イスマーイル・エフェンディ(1797-1869)
作曲家ムスタファ・イッゼト・エフェンディ(1802-1879)
エイユビー・メフメト・ベイ(1804-1850)
作曲家ハーシム・ベイ(1815-1868)
作曲家タンブーリー・ビュユク・オスマン・ベイ(1816-1885)
アーリフ・エフェンディの作曲家の?息子ルファト・ベイ(1820-1888)
ゼカーイー・デデ(1824-1897)
作曲家ハジュ・ファイク・ベイ(1831-1891)
ネイ奏者で作曲家ボラーヘンク・ヌーリ・ベイ(1834-1910)
作曲家タンブーリー・アリ・エフェンディ(1836-1890)
アルメニア系作曲家ニコラス・アー(1836-1885)…ニコゴス・アー、ニコゴス・タシュジュヤン
アルメニア系のディクラン(1840-1898)
ギリシア系チヴァン・アー(1910没)…ジヴァン・アー、ジヴァニス・アー、ラヴタジュ・ジヴァニス、ラウタジュ・ジヴァニス、シヴァン・アー
アンドン(パトリック・キリャジス)(1925没)…アンドン・キリャジス、バトリク・キリャジス、ラヴラジュ・アンドン、ラウタジュ・アンドン
フリスト(フリスタキ・キリャジス)(1914没)
アルメニア系作曲家アスディク・アー(1840-1913)
ハーリム・パシャの楽譜集
ハジュ・アーリフ・ベイ(1841-1896)
作曲家アジズ・エフェンディ(1842-1895)
女性作曲家レイラー・サズ(1850-1936)…レイラ・サズ、レイラ・サズ・ハヌム(1845-1936)
ネシデイ・ザフェル(勝利の歌)、ヒジャズカール・マルシュ、ヒジャズカル行進曲、青年トルコ革命を祝って作曲された曲、ネスデウ・ザフェル・マルシュ、ウスール:ニム・ソフヤン、マカム(マカーム):ヒジャズカル(ヒジャーズカール)、詞:フェヒメ・ニュズヘト、ヴィジュダヌ・ムアッザム・ヒュッリイェト・マルシュ、ネシデイ・ザフェル・マルシュ、レイラ・サズ・ハヌムのヒジャーズカル・マルシュ
作曲家アースム・ベイ(1851-1929)
ギリシア系作曲家でヴァイオリン奏者タチョス・エフェンディ(1858-1913)…アルメニア系作曲家でヴァイオリンとカーヌーンの奏者タチョス・エフェンディ、タチョス・エフェンディ(タテオス・エンクセルジヤン)、ケマニ・タチョス・エフェンディ、ケマニ・タチョス・エクセーチヤン、ケマニー・タチョス・エフェンディ
シェヴキ・ベイ(1860-1891)…シェウキ・ベイ
作曲家ラフミ・ベイ(1865-1924)
イスマーイル・ハック・ベイ(1865-1927)
テッサロニキのウード奏者アフメト・ベイ(1870-1927)
タンブーリー・ジェミル・ベイ(1873-1916)
20世紀
アリ・ルファトチャアアタイ(1867-1935)
ゼカーイー・デデの作曲家の?息子(作曲家としての弟子の意味?)アフメト・イルソイ(1869-1943)
作曲家レミ・アトル(1869-1945)…レミー・アトル
音楽理論家でタンブール奏者で作曲家スプヒ・エズギ(1869-1962)
音楽学者でネイ奏者で作曲家ラウフ・イェクタ(1871-1935)
作曲家ラークム・エルクトゥル(1872-1948)
作曲家アブドゥルカーディル・トゥレ(1873-1946)
音楽学者で作曲家ヒュセイン・サアデッティン・アレル(1880-1955)…ヒュセイン・サデッティン・アレル
カーヌーンのヴィルトーソだったナーズム・ベイ(1884-1921)
ムーサー・シュレイヤ・ベイ(1884-1932)
作曲家でウード奏者シェリフ・ムーヒッティン・タルガン(1892-1967)
作曲家レフィク・フェルサン(1893-1965)
作曲家サアデッティン・カイナク(1895-1961)…サデッティン・カイナク
ミュニル・ヌーレッティン・セルチュク(1899-1981)…ミュニル・ヌレッティン・セルチュク
作曲家セラーハッティン・プナル(1902-1960)
音楽理論家で作曲家エクレム・カラデニズ(1904-1981)
マフムト・ラーグプ・ガージミハール(1900-1961)
タンブーリー・ジェミル・ベイの作曲家の息子?(作曲家の弟子?)タンブール奏者のタンブーリー・メスト・ジェミル(1902-1963)…メスート・ジェミル

10世紀-15世紀:準備期
1405年-1512年:移行期
1512年-1640年:オリエンタル期
1640年-1730年:古典期(ネイゼン・オスマン・デデ、カンテミルオウル、ディルハヤト・カルファ…)
1730年-1836年:後期古典期(ハンパルスム、デデ・エフェンディ…)
1836年-1945年:浪漫期
1945年以降:近代期
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。