スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Κατινάκι μου γιά σέναとÇanakkale içinde Aynalı Çarşı

Κατινάκι μου γιά σένα/Katinaki mou ya sena/katinaki mou gia senaは現代ギリシアの都市歌謡レベティカの歌。
Katinaki mou gia senaの意味は英語でFor you my little Katinaらしい。

→この旋律トルコ語の歌Çanakkale içinde Aynalı Çarşıと同じと思われる。

Κατινάκι μου γιά σένα/Katinaki mou ya sena/katinaki mou gia senaの歌詞(ギリシア語)

Κατινάκι μου για σένα, με σκοτώσανε, άμαν, άμαν
Κατινάκι μου για σένα, με σκοτώσανε
[Μέσα στον τεκέ του Φώτη, με ξαπλώσανε, αχ
Aχ, μανούλα μ' αχ] (X2)

Με βαρέσανε καλέ μου, ρε με μπαμπεσιά, άμαν, άμαν
Με βαρέσανε καλέ μου, ρε με μπαμπεσιά
[Αχ, τρεις μαχαιριές μου δώσαν, μέσα στην καρδιά, αχ
Aχ, μανούλα μ' αχ] (X2)

Κι έτσι χάθηκα για σένα, Κατινάκι μου, άμαν, άμαν
Κι έτσι χάθηκα για σένα, Κατινάκι μου
[Απ' τον νταβατζή που έχεις, βρε μανάκι μου, αχ
Aχ, μανούλα μ' αχ] (X2)

------------------------------------------
Çanakkale içinde Aynalı Çarşıは
ÇANAKKALE İÇİNDE で検索すると
Çanakkale içinde vurdular beni
という曲名や
Çanakkale türküsü
という曲名でもひっかかる。
トルコの愛国的な内容のビデオが多い。
チャナッカレに近いゲリボル半島で第一次世界大戦時、ガリポリの戦いがあったから?

http://www.trtnotaarsivi.com/thm.phpでÇanakkale içinde Aynalı Çarşıを調べると

ÇANAKKALE İÇİNDE AYNALI ÇARŞI

Repertuar No: 461
Ezgi Adı: ÇANAKKALE İÇİNDE AYNALI ÇARŞI
Yöresi: KASTAMONU
Kaynak Kişisi: İhsan Ozanoğlu
Derleyen: Muzaffer Sarısözen
Notaya Alan: Muzaffer Sarısözen

楽譜:
http://www.trtnotaarsivi.com/arsiv/thm/1-1000/00461.gif

カスタモヌの歌らしい。
カスタモヌはトルコ北部、アナトリア半島黒海沿岸の県、および県都。
またチャナッカレは、トルコ北西部、アナトリダ半島、マルマラ地方の県、および県都。
チャナッカレの街は港でもある。
チャナッカレ県はダーダネルス海峡の両側の地域。

トルコ軍楽mehterでの演奏もあった。
ギリシア語の歌詞の意味はわからないが題名の意味が英語でFor you my little Katinaらしいのに、何故トルコ語では勇ましい感じのビデオが多いのだろうか。
Çanakkale içinde Aynalı Çarşıの方がテンポがゆっくりめ。

歌詞:
Çanakkale içinde Aynalı Çarşı,
Ana ben gidiyom düşmana karşı.
Of gençliğim eyvah.

Çanakkale içinde vurdular beni
Ölmeden mezara koydular beni
off.. gençliğim eyvah

Çanakkale içinde bir uzun selvi,
Kimimiz nişanlı kimimiz vvli.
Of gençliğim eyvah.

Çanakkale üstünü duman bürüdü,
On üçüncü fırka yürüdü.
Of gençliğim eyvah.

Çanakkale içinde bir dolu testi,
Analar babalar mektubu kesti.
Of gençliğim eyvah

-------------------------------------------------------------------------
追記。

Tsanakkale / Canakkale Greek Turkish (& more) Shared Musics
http://www.youtube.com/watch?v=zA6yLbwZHyI
投稿者:romeikos2
投稿日:2008年05月22日
の説明によると

The famous Turkish song Canakkale, inpired by the events of the Dardanelles/Canakkale campaign in World War I spread early among many of the ethnic groups of the former Ottoman Empire, the Ottoman Army still being multi ethnic at the time. Versions by Bogos Kirecciyan, Amali Baka, Rita Abatzi, Gus Gadinis, Thracian folk musicians and the Boys from Buf

とのこと。

→有名なトルコの歌チャナッカレは、かつてのオスマン帝国を構成する民族集団の多くに広がった。
第一次世界大戦中のダーダネルス/チャナッカレ作戦の出来事に端を発する。


※inpired はinspiredの誤字かな?


※第一次世界大戦中のダーダネルス/チャナッカレ作戦
→ガリポリの戦い(英語: Battle of Gallipoli)は、第一次世界大戦中、連合軍が同盟国側のオスマン帝国の首都イスタンブール占領を目指して行ったガリポリ半島への上陸作戦。ガリポリは、ダーダネルス海峡の西側、エーゲ海からマルマラ海への入り口にあたる半島の英語名で、現在トルコ語でゲリボルと呼ばれる。イギリスではこの戦いをダーダネルス作戦と呼ぶ。

アメリカではGallipoli campaign(ガリポリ作戦)、イギリスではDardanelles Campaign(ダーダネルス作戦)あるいはGallipoli(ガリポリ)、トルコではÇanakkale Savaşları(チャナッカレ戦争)、フランスではLes Dardanelles(ダーダネルス)、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、ニューファウンドランドではGallipoli Campaign(ガリポリ作戦)あるいは単純にGallipoli(ガリポリ)として知られる。またBattle of Gallipoli(ガリポリの戦闘)としても知られる。

------------------------------------------------------------------------------------
2010/12/30追記。

追記ここから↓

イズミル便り
IZMIR'DEN MERHABA
バイラム旅行-チャナッカレからビガへ
2010-12-01 22:02:35
http://blog.goo.ne.jp/yukacan/e/9097d13dde16138994990da28f2c571c
にダーダネルス海峡に面した街チャナッカレの写真、それからアイナル・チャルシュAynalı Çarşıの写真があった。
→アイナル・チャルシュAynalı Çarşは要は商店街で「イスタンブルのグランドバザールやイズミルの『クズラルアースハン』のミニミニ版」との事。

→さらに、
JP-TR / 日本-トルコ
トルコの観光・伝統文化の総合サイト
チャナッカレ&トロイ観光 〈チャナッカレ市内〉
http://www.jp-tr.com/icerik/travel/canakkale/sehirici.html
にアイナル チャルシュの項が。そこによると、

~1889年、当時チャナッカレの富豪として知られるユダヤ人により建築されたもので、何度か戦争の被害を受け形は変わったものの、1967年以降現在の姿となり、アーケード付き商店街となっています。

この商店街を有名にさせたのが戦争に向う若者の心を歌った「Canakkale Icinde Aynali Carsi(チャナッカレの中のアイナル チャルシュ)」という題名の唄。チャナッカレの人々のみならずトルコ人皆が知る唄。唄の内容は下記のようなものです。

♪ チャナッカレの中のアイナル チャルシュ、お母さん、私は行きます、敵に向って。あぁ我が青春。
♪ チャナッカレの中の高い糸杉、婚約者のいる人、結婚している人、あぁ我が青春。
♪ チャナッカレの上空を煙が覆う、
♪ チャナッカレの中のあふれんばかりの壷、母や父からの手紙も絶ってしまった、あぁ我が青春。~

とのこと。
なるほど上のトルコ語の歌詞はこういう意味だったのか…
「トルコの愛国的な内容のビデオが多かった」「トルコ語では勇ましい感じのビデオが多かった」というのは歌詞の内容から、なのかな?
→それが何故ギリシア語では"For you my little Katina"なんだろう?

Aynalı Çarşıをトルコ語⇔英語翻訳
babylon
http://translation.babylon.com/turkish/to-english/
に掛けると「A mirrored market」とのこと。鏡張りの市場?

トルコ語版Wikipedia"Aynalı Çarşı"(2010/12/30閲覧)
http://tr.wikipedia.org/wiki/Aynal%C4%B1_%C3%87ar%C5%9F%C4%B1
1890年にEliyau Hallioによって建てられた?

この記事の中にÇanakkale Türküsüという文字列が見える
→Çanakkale içinde aynalı çarşıだった

トルコ語版Wikipedia"Çanakkale Türküsü"(2010/12/30閲覧)
http://tr.wikipedia.org/wiki/%C3%87anakkale_T%C3%BCrk%C3%BCs%C3%BC

歌詞:
Çanakkale içinde aynalı çarşı
Ana ben gidiyom düşmana karşı, off, gençliğim eyvah!
Çanakkale içinde bir ağaç servi
Kimimiz nişanlı, kimimiz evli, off, gençliğim eyvah!
Çanakkale içinde bir kırık testi
Analar babalar ümidi kesti, off, gençliğim eyvah!
Çanakkale elinde toplar kuruldu,
Vay bizim uşaklar orda vuruldu, off, gençliğim eyvah!
Çanakkale üstünü duman bürüdü
On üçüncü fırka harbe yürüdü, off, gençliğim eyvah!
Çanakkale içinde vurdular beni
Ölmeden mezara koydular beni, off, gençliğim eyvah!

歌詞の英訳有
英語版Wikipedia"A Ballad for Chanakkale"(2010/12/30閲覧)
http://en.wikipedia.org/wiki/A_Ballad_for_Chanakkale

There is a massive bazaar in Chanakkale
Moma I got going against the enemy, oh, my pitiful youth!
There is a cypress tree with one fang in Chanakkale
Some of us engaged, some others married, oh, my pitiful youth!
There is a broken jug in Chanakkale
Mothers and fathers gave up hoping of us, oh, my pitiful youth!
Cannons were settled on the grounds of Chanakkale
Our comrades were hit on there also, oh, my pitiful youth!
It has covered above Chanakkale by smoke
Thirteenth divisions have come over the enemy, oh, my pitiful youth!
They have shot me in Chanakkale
They have buried me but alive, oh, my pitiful youth!

↑追記ここまで。
------------------------------------------------------------------------------

DHOSE MU TIN EFHI SU
Amalia Baka(vocals)
John Pappas(clarinet)
recorded in New York c.1946
という歌詞のバージョンでの録音もあるようだ。
DHOSE MU TIN EFHI SUはギリシア語?
Amalia Bakaという女性歌手が歌った。クラリネットはJohn Pappas。
1946年ごろ、ニューヨークで録音
→Amalia Bakaという女性はアメリカに移民したギリシア系の人だそうだ。

→Amalia Bakaはギリシア文字でおそらくΑμαλία Βάκα



2011/06/16追記。
トルコとギリシアの住民交換について。

トルコのナショナリズム (佐原 徹哉)
http://am.jungle-jp.com/song06_2.html
より

~トルコ・ナショナリズムの場合も例外ではない。そして、トルコにあっては最もドラスティックにそれが推進された。

 その要因の一つとして看過できないのが、1923年に調印されたローザンヌ条約によってギリシャとの住民交換が行われたことである。ギリシャとトルコはこの条約に基づいて双方の領土内にいる非自国民を交換することを取り決め、こうして、トルコ領内のギリシャ人はギリシャに、ギリシャ国内のトルコ人はトルコへと移住させられることになった。例外的に、ギリシャ領の西トラキアのトルコ人とトルコ領のイスタンブルのギリシャ人はそのまま居住することが認められた。こうした野蛮な措置が、わずか七〇年前に行われたことじたいが驚くべきであるが、より、驚愕すべき事実は、交換の際にギリシャ人とトルコ人を区分する指標が単に宗教であったことである。つまり、キリスト教徒はギリシャ人、イスラム教徒はトルコ人という指標によってすべての人々が機械的に区分けされたのであった。

 住民交換という事件は、新国家の成立にともなって非自国民を強制的に追放するという、一見すると近代ナショナリズム特有の出来事と見えるが、実際には、はるか昔からオスマン帝国で用いられてきた戦後処理の手法の延長であった。オスマン帝国では領土を拡大する度に、従来の領土内のムスリムを集団で新征服地に入植させるスルギュンという制度があったが、この手法は領土が縮小する際にも逆に用いられた。17世紀末にハンガリーを喪失した際にはハンガリーにいたムスリムが強制的にボスニアなどに移住させられたし、一八世紀にオーストリアやロシアとの戦争の度に領土変更の対象となった地域のムスリムの移住が講和条約に盛り込まれた。この手法は帝国内部の所与の民族が独立する際にも転用された。たとえば、スルタンは1832年にセルビア公にたいしてセルビア公国内の農村部に居住するムスリムを強制的にオスマン領に移住させることを約束した。1878年にベルリン条約が締結された後にも、オスマン政府はブルガリアにたいして、ブルガリア国内のムスリムと東ルメリのキリスト教徒を交換することを提案してもいる。後にアルメニア人の大虐殺と呼ばれることになった事件も同様の思考法の延長にある。つまり、住民交換という出来事は、民族主義国家の完成を意味するわけではなく、その出発点にすぎなかった~

との事。

・1923年に行なわれた
・交換の際にギリシャ人とトルコ人を区分する指標は単に宗教のみ
・はるか昔からオスマン帝国で用いられてきた戦後処理の手法の延長

改定履歴
2011/06/16
トルコ・ギリシアの住民交換について追記。

関連記事
Δημητρούλα μουとEntarisi Ala Benziyor
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-110.html

Χαρικλάκι/Xariklaki/HariklakiとDarıldın mı gülüm bana/Esmerim güzelim
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-112.html

トルコ語のチャルシュÇarşı
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-160.html
マケドニア語でのチャルシヤとトルコ語のチャルシュは同じ?

トルコの民族舞踊ゼイベク Zeybekについて調べてみた
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-37.html
第一次世界大戦後、ギリシア人とトルコ人の住民交換が行われた際、アテネ郊外の「ニュースミルナ」地区に住みついた西アナトリアからきたギリシア人によって伝えられ、ギリシアではトルコのゼイベキは「ゼベキコス」になった。
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。