スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイム・マイムの作曲者イマヌエル・プガチョフ・アミランの「プガチョフ」について

フォークダンスの定番曲にマイム・マイムがある。
イスラエル民謡とされるが、実際には作曲者がいる。
イマヌエル・プガチョフ・アミラン(1909-1993)である。

イマヌエル・プガチョフ・アミランはヘブライ語でעמנואל עמירןとつづる。
ヘブライ語のWikipediaに記事がある。
http://he.wikipedia.org/wiki/%D7%A2%D7%9E%D7%A0%D7%95%D7%90%D7%9C_%D7%A2%D7%9E%D7%99%D7%A8%D7%9F
白黒だが、彼の顔写真を見ることが出来る。
ラテン文字表記ではEmanuel Pougatchov Amiran、Emanuel Pugashov Amiran、Emanuel Amiran、Emanuel Amiran(Pugachov)、Emanuel Amiran(Fugaczow)、Amiran Pugashov, Emanuel、Emanuel Amiran-Pougatchov、Emanuel Amiran-Pugashovなどと表記される。
おそらくイマヌエルが本人の名前で、アミランが姓、プガチョフはミドルネームと思われる。

JASRACの作品検索(J-WID)では「作曲:AMIRAN PUGACHOV EMMANUEL」となっているが、これはPUGACHOVとEMMANUELの間にカンマが抜けていると考えられる。

彼は1909年8月8日ポーランドのワルシャワで生まれ、後にイスラエルに移り、1993年12月18日イスラエルのキブツのヤクム(ヘブライ語:יָקוּם 英語:Yakum 場所:32°14′51″N 34°50′33″E)で亡くなった。

-----------------------------------------------

彼の名前に含まれる「プガチョフ」だが日本語版Wikipediaで「エメリヤン・プガチョフ」という記事を見つけた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%95

そこの記事によるとエメリヤン・プガチョフの「プガチョフ」は、ウクライナ語の「プーハチ(ウクライナ語:Пугач、意訳:「木菟(ミミズク)」)」に由来する姓とのこと。

---------------------------------------------------
ということで、イマヌエル・プガチョフ・アミランはロシア系のユダヤ人なのかな?

----------------------------------------------------
テュルク&モンゴル
2006年 12月 31日
ロシア帝国治世下のタタール -ディアスポラへの道-
山内昌之著「スルタンガリエフの夢 <新しい世界史②>」(東京大学出版会 1986)より:
啓蒙専制君主と「啓蒙宗教」
http://ethnos.exblog.jp/3339358/
~クリャシェンのプガチョーフの乱参加にみられるように~

ここに言うプガチョーフはエメリヤン・プガチョフの事?

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。