スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BÜLBÜL OLSAM (KÖÇEKÇELER)

カラギョズで歌われる歌曲
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-102.html
のうちに

Bülbül olsam kona da bilsem dallere (Karcığar Köçekçe)
という曲がある。

www.trtnotaarsivi.comで調べたら以下の結果。

Repertuar No: 2676
Eserin İlk Dizesi: Bülbül olsam kona (da ) bilsem dallere
Söz Yazarı: _
Makam: Karcığar
Form: Köç.
Usul: Oynak
Bestekar: _

カラギョズのものと検索して出てきたものでリズムの取り方が異なる。
Emin Şenyerの楽譜(カラギョズのもの)では 普通の9/8拍子(2+2+2+3の構造)。
http://www.karagoz.net/midinota/karcigarkocekce.htm
楽譜画像直リンクは→(http://www.karagoz.net/midinota/benli.jpg)

一方、www.trtnotaarsivi.comで検索して出てきた
http://www.trtnotaarsivi.com/arsiv/tsm/2001-3000/2676_1.gif
http://www.trtnotaarsivi.com/arsiv/tsm/2001-3000/2676_2.gif
ではウスールがオイナクになってる。9拍子だが1+1+1+2+2+2の構造。

→Neyzen.comで
http://www.neyzen.com/karcigar.htm
にBÜLBÜL OLSAM (KÖÇEKÇELER)の楽譜があった。gif画像12枚組。作曲者はANONİMになってる

http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_01.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_02.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_03.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_04.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_05.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_06.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_07.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_08.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_09.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_10.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_11.gif
http://www.neyzen.com/images/notalar/karcigar/bulbul_olsam_12.gif

ウスールは9拍子のものから始まって、いろいろ移り変わっていく。
7拍子のところもあれば5拍子のところもある。自由リズムのところもある。
最終的にはまた9拍子のウスールに戻る。

関連記事
カラギョズで歌われる歌曲
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-102.html
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

レベティカと同時代に流行したギリシアの影絵芝居カラギョージス

現代ギリシアの都市部の大衆歌謡レベティカの小分類スミルネイカが流行した時期に同じく黄金時代を迎えていたカラギョージスと呼ばれるギリシアの影絵芝居

ギリシアのカラギョージス師ソティリス・スパサリス(1892-1973)
ピレアスで生まれたカラギョージス師ヤニス・モロス(?-1936)
カラギョージス師アンドニス・モラス(1871-1948)

レベティカ流行の諸段階
渡邉通弘
総合教育センター紀要 [収録刊行物詳細]
総合教育センター紀要 22, 35-53, 2002-03-30 [目次]
東海大学
(pdf)より

関連記事
カラギョズとは
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-100.html

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

カラギョズで歌われる歌曲

http://www.karagoz.net/karagoz_hacivat_musikisi.htmに記載されている、カラギョズKaragözで歌われる歌曲について。

↑上記URLの記事については当ブログ内別記事へ(下記「カラギョズの影絵芝居における伝統的なトルコの音楽」)

登場人物ごと(HACIVAT , KARAGÖZ , ÇELEBİ , ZENNE etc...)にまとまっている。

http://www.karagoz.net/karagoz_hacivat_musikisi.htmでは楽譜(西洋の五線譜)、一部だがmidiへのリンクもある

曲名しかあげられていないが、http://www.trtnotaarsivi.com/で検索して見つかった曲には情報を追加した(作詞者など)。

英語版(http://www.karagoz.net/english/turkish_music.htm)の方は曲数少なく、makamや形式について記載していないのでトルコ語版(http://www.karagoz.net/karagoz_hacivat_musikisi.htm)の方から取った。

カラギョズのトルコ音楽についてのいくつかの楽譜とmidi:

HACIVAT
1)On kerre demedim mi sana sevme dokuz yar (Evç Yürük Semai)

Repertuar No: 8521
Eserin İlk Dizesi: On kere demedim mi sana sevme dokuz yâr
Söz Yazarı: _
Makam: Evc
Form: Şarkı
Usul: Yürük Semâî
Bestekar: _

2)Ah bir elif çekti sineme canân bu gece (Muhayyer Yürük Semai)

Repertuar No: 1891
Eserin İlk Dizesi: Bir elif çekti yine sîneme cânân bu gece
Söz Yazarı: Enderûnî Vâsıf
Makam: Muhayyer
Form: Y.S.
Usul: Yürük Semâî
Bestekar: Hacı Sâdullah Ağa

3)Dîdem yüzüne nâzır, nâzır yüzüne dîdem (Şehnaz Ağır Semai)

Repertuar No: 3334
Eserin İlk Dizesi: Dîdem yüzüne nâzır nâzır yüzüne dîdem
Söz Yazarı: Yahyâ Nazîm Efendi
Makam: Şehnaz
Form: A.S.
Usul: Sengin Semâî
Bestekar: Yahyâ Nazîm Efendi

4)Sâkî ele al câmı safâ (Uşşak Yürük Semai)

5)Ah benim âfeti cihânım (Yegah Aksaksemai)

Repertuar No: 1428
Eserin İlk Dizesi: Benim âfet-i cihânım
Söz Yazarı: Yahyâ Nazîm Efendi
Makam: Yegâh
Form: Şarkı
Usul: Aksak Semâî
Bestekar: Dellalzâde

6)Etti o güzel ahde vefa müjdeler olsun (Segah Yürük Semai)

Repertuar No: 3965
Eserin İlk Dizesi: Etti o güzel (ahde/ahd-ı)vefâ müjdeler olsun
Söz Yazarı: _
Makam: Segâh
Form: Y.S.
Usul: Yürük Semâî
Bestekar: Ebû-Bekir Ağa

7)Gelse o şuh meclise naz-u tegaful eylese (Rast Yürük Semai)

Repertuar No: 4830
Eserin İlk Dizesi: Gelse o şûh meclise nâz ü tegafül eylese
Söz Yazarı: _
Makam: Rast
Form: Y.S.
Usul: Yürük Semâî
Bestekar: Hâfız Post

8)Amed nesim-i subh-u dem (Rast Nakış Beste)

Repertuar No: 436
Eserin İlk Dizesi: Amed nesîm-i subh-dem tersem ki âzâreş küned
Söz Yazarı: _
Makam: Rast
Form: Beste
Usul: Düyek
Bestekar: Abdülkâdir-i Merâgi

9)Sözü canları bağışlar (Ferahnak Aksak Semai)

Repertuar No: 10244
Eserin İlk Dizesi: Sözü canlar bağışlar bizim cânânımız vardır
Söz Yazarı: _
Makam: Ferahnâk
Form: A.S.
Usul: Aksak Semâî
Bestekar: _

10)Yine bir gülnihal aldı bu gönlümü (Rast Semai)

Repertuar No: 11439
Eserin İlk Dizesi: Yine bir gül-nihâl aldı bu gönlümü
Söz Yazarı: _
Makam: Rast
Form: Şarkı
Usul: Semâî
Bestekar: Dede Efendi

KARAGÖZ
1)Kavakta turna sesi var (Aydın Türküsü)

Repertuar No: 1771
Ezgi Adı: KAVAKTA TURNA SESİ VAR
Yöresi: İSTANBUL
Kaynak Kişisi: Sadi Yaver Ataman
Derleyen: Sadi Yaver Ataman
Notaya Alan: Sadi Yaver Ataman
→なぜか地域がAydınアイドゥン、アイデュンではなくイスタンブルİSTANBULで出てきた

2)Bülbül olsam kona da bilsem dallere (Karcığar Köçekçe)

Repertuar No: 2676
Eserin İlk Dizesi: Bülbül olsam kona (da ) bilsem dallere
Söz Yazarı: _
Makam: Karcığar
Form: Köç.
Usul: Oynak
Bestekar: _

カラギョズのものと検索して出てきたものでリズムの取り方が異なる。
Emin Şenyerの楽譜(カラギョズのもの)では 普通の9/8拍子(2+2+2+3の構造)。
一方、検索して出てきた
http://www.trtnotaarsivi.com/arsiv/tsm/2001-3000/2676_1.gif
http://www.trtnotaarsivi.com/arsiv/tsm/2001-3000/2676_2.gif
ではウスールがオイナクになってる。9拍子だが1+1+1+2+2+2の構造。

-----------------------------------------------------------------
2010/11/12追記。
neyzen.comでgif画像12枚組の楽譜を発見
関連記事
BÜLBÜL OLSAM (KÖÇEKÇELER)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-128.html
-----------------------------------------------------------------

ÇELEBİ
1)Üsküdara gider iken aldı da bir yağmur (Nihavend İstanbul Türküsü)

KÂTİP (Üsküdara gider iken aldıda..)
Repertuar No: 10888
Eserin İlk Dizesi: KÂTİP (Üsküdara gider iken aldıda..)
Söz Yazarı: _
Makam: Nihâvend
Form: Türkü
Usul: Nim Sofyan
Bestekar: _

Üsküdara gider iken aldı da bir yağmur (KÂTİP)
Repertuar No: 10888
Eserin İlk Dizesi: Üsküdara gider iken aldı da bir yağmur (KÂTİP)
Söz Yazarı: _
Makam: Nihâvend
Form: Türkü
Usul: Nim Sofyan
Bestekar: _

トルコ国外でも有名なユスキュダラ。アーサー・キットEartha Kitt(1927-2008)の1953年のヒット曲Uska Dara (A Turkish Tale)。日本では江利チエミの「ウスクダラ」

関連記事
江利チエミ「ウスクダラ」
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-116.html

2)Cana rakibi handan edersin (Uşşak Curcuna)

Repertuar No: 2733
Eserin İlk Dizesi: Cânâ rakibi handân edersin
Söz Yazarı: _
Makam: Uşşâk
Form: Şarkı
Usul: Curcuna
Bestekar: Giriftzen Asım Bey

3)Sabah oldu uyansana (Eviç Türkü)

Repertuar No: 8997
Eserin İlk Dizesi: Sabah oldu uyansana
Söz Yazarı: _
Makam: Evc
Form: R.T.
Usul: Aksak
Bestekar: _

形式のR.T. はおそらくRumeli Türküの略と思われる。

4)Gönlüm yine bir ateşi hicrana dolaştı (Nihavend Aksak)

Repertuar No: 5145
Eserin İlk Dizesi: Gönlüm yine bir âteş-i hicrâna dolaştı
Söz Yazarı: Mehmet Sâdi Bey
Makam: Nihâvend
Form: Şarkı
Usul: Aksak
Bestekar: Şeyh Edhem Efendi

İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
1976'DAN BERİ ESERLERİNİ İCRA ETTİĞİMİZ BESTEKARLAR:::
http://devletkorosu.com/site/index.php?option=com_content&task=view&id=41&Itemid=34
によればŞeyh Edhem Efendiは1862-1933

Klasik Türk musikisi bestekârları listesi
Bibilgi.com » Ansiklopedi » Klasik Türk musikisi bestekârları listesi
http://www.bibilgi.com/ansiklopedi/Klasik-T%C3%BCrk-musikisi-bestek%C3%A2rlar%C4%B1-listesi
ではEdhem Efendi (Şeyh Hacı) 1933との表記で1933年没。

5)Dil hun olurum yâd-ı cemalinle ben senin (Hüzzam Semai)

Repertuar No: 3414
Eserin İlk Dizesi: Dil-hûn olurum yâd-ı cemâlinle senin ben
Söz Yazarı: Mehmet Hafîd Bey
Makam: Hüzzâm
Form: Şarkı
Usul: Semâî
Bestekar: Bîmen Şen

ZENNE
1)Nigahı mestine canlar dayanmaz (Sabâ Devrihindi)

Repertuar No: 8330
Eserin İlk Dizesi: Nigâh-ı mestine canlar dayanmaz
Söz Yazarı: Recâizâde Mahmut Ekrem
Makam: Sabâ
Form: Şarkı
Usul: Devr-i Hindî
Bestekar: Hacı Arif Bey

2)Âteş-i sûzan-ı firkât (Hicaz Curcuna)

Repertuar No: 828
Eserin İlk Dizesi: Ateş-i sûzân-ı firkat yaktı cism ü cânımı
Söz Yazarı: Mehmet Sâdi Bey
Makam: Hicaz
Form: Şarkı
Usul: Curcuna
Bestekar: Hacı Fâik Bey

3)Hab-ı gahı yare girdim arz için ahvalimi (Rast Devrihindi)

Repertuar No: 5897
Eserin İlk Dizesi: Hâb-gâh-ı yâre girdim arz için ahvâlimi
Söz Yazarı: Mustafa Reşit Bey
Makam: Rast
Form: Şarkı
Usul: Müsemmen
Bestekar: Giriftzen Asım Bey

4)Bir güzel kız salıncakta sallanır (Nihavend Düyek)

Repertuar No: 4776
Eserin İlk Dizesi: Bir güzel kız salıncakta sallanır (Gelin kızlar annemize..)
Söz Yazarı: Hacı Fâik Bey
Makam: Nihâvend
Form: Fantezi
Usul: Semâî-Düy.-Cur.
Bestekar: Hacı Fâik Bey

Repertuar No: 4776
Eserin İlk Dizesi: Gelin kızlar annemize soralım (Bir güzel kız salıncakta..)
Söz Yazarı: Hacı Fâik Bey
Makam: Nihâvend
Form: Fantezi
Usul: Semâî-Düy.-Cur.
Bestekar: Hacı Fâik Bey

リズム周期のウスールが移り変わって行く曲。

5)İstanbuldan üsküdara yol gider (Muhayyer İstanbul Türküsü)

Repertuar No: 6730
Eserin İlk Dizesi: İstanbuldan Üsküdara yol gider
Söz Yazarı: _
Makam: Muhayyer
Form: Türkü
Usul: Raks Aksağı
Bestekar: _

Raks Aksağı(ラクス・アクサーウ)という珍しいウスールUsûlの曲。9拍で1周期だが2+3+2+2の構造。
この曲は、2+3+2+2あるいは5+4というリズムの構造が良く分かる。

6)Evvel benim nazlı yarim severim kimseler bilmez (Müstear Aksak)

Repertuar No: 3986
Eserin İlk Dizesi: Evvel benim nazlı yârim
Söz Yazarı: _
Makam: Müstear
Form: Şarkı
Usul: Aksak
Bestekar: Şâkir Ağa

TUZSUZ DELİ BEKİR
1)Külhanbeylik omuzdaşlar bize pek şandır (Hicaz Düyek)

2)Bir gemim var salıverdim engine (Eviçhuzi)

Repertuar No: 1914
Eserin İlk Dizesi: Bir gemim var (salıverdim engine) deryâlarda paslanır
Söz Yazarı: _
Makam: Evc Hûzî
Form: Şarkı
Usul: Sofyan
Bestekar: _ (Öztunada Dede Efendi)

3)On yedi tek düz mastika içtim (Sabâ)

ARAP:Befta hindi şeş harir (Nihavend)

TİRYAKİ: Fesleğen ektim gül bitti dalında bülbül öttü (Isfahan Aksak)

Repertuar No: 4435
Eserin İlk Dizesi: Fesleğen ektim gül bitti
Söz Yazarı: _
Makam: Isfahan
Form: Şarkı
Usul: Aksak
Bestekar: Tanbûri Mustafa Çavuş

YAHUDİ
1)Balat kapısından girdim içeri (Hüseyni Türkü)

2)Altın tasta gül kuruttum (Acemkürdi Aksak)

Repertuar No: 401
Eserin İlk Dizesi: Altın tasta gül kuruttum
Söz Yazarı: _
Makam: Acem Kürdî
Form: Türkü
Usul: Aksak
Bestekar: Nîmet Hanım

Nîmet Hanımは女性の作曲家。

BEBERUHİ:Vardım halebe bindim dolaba (Sabâ Düyek)

ACEM:Isfahanda bir kuyu var içinde tatlı suyu var (Müstear Curcuna)

BABA HİMMET:Dağda davar guderum (Ankara Türküsü)

Repertuar No: 2457
Ezgi Adı: DAĞDA DA DAVAR GÜDERİM (EMİNEM)
Yöresi: ANKARA/Ş.Koçhisar/Aliuşağı
Kaynak Kişisi: Çapar Işılak
Derleyen: Ankara Devlet Konservatuarı
Notaya Alan: Ateş Köyoğlu

→ちょっと歌詞違う?確認要。
→(確認した。)歌詞の最初の部分はDağda da davar güderimが正しい。

KAYSERİLİ:Kayserinin kızları (Kayseri Türküsü)
→検索したが情報を見つけられず。カイセリの民謡?

LAZ:Yavuz geliyor yavuz (Hüseyni Türkü)

Repertuar No: 643
Ezgi Adı: YAVUZ GELİYOR YAVUZ
Yöresi: KARADENİZ
Kaynak Kişisi: Ferhat Özyakupoğlu
Derleyen: Muzaffer Sarısözen
Notaya Alan: Muzaffer Sarısözen

FRENK-RUM:Polka

ERMENİ:Ezirgandan kemahtan yar gelir oynamaktan (Hüseyni Türkü)

ZEYBEK
1)Efeyim severim ben (Nihavend Aksak)

Repertuar No: 3767
Eserin İlk Dizesi: Efeyim severim ben bu zevk u safâyı
Söz Yazarı: _
Makam: Rast
Form: Şarkı
Usul: Aksak
Bestekar: _

→MakamがRastになってるので違う曲かも。
→確認した。違う曲だった。

2)Sarı zeybek şu dağlara yaslanır (Tahir Aydın Türküsü)

Repertuar No: 9228
Eserin İlk Dizesi: Sarı zeybek şu dağlara yaslanır
Söz Yazarı: _
Makam: Tâhir
Form: Zeybek
Usul: Aksak
Bestekar: _

ÇİNGENE:Çeribaşının gelini pek ince sarmış belini (Nihavend Aksak)

BOLULU AŞCI:Armut dalda sıra sıra (Uşşak Bolu Türküsü)

ARNAVUT:Alişimin kaşları kare (Gerdaniye Köçekçe)

Repertuar No: 379
Eserin İlk Dizesi: Alişimin kaşları kâre
Söz Yazarı: _
Makam: Uşşâk
Form: R.T.
Usul: Nim Sofyan
Bestekar: _

Makamがウッシャークになってるので違う曲かも。
→確認した。同じ曲だった。
形式R.T.、つまりRumeli Türküsüなので民謡で、makamがGerdaniye、いや、makamはUşşâkと分かれるのは、この曲の旋律を聞いてどんなmakamかという判定が分かれているだけ、と思われる。もともと民謡なので最初から「この曲は~のmakam」として作曲されていなくて、この曲の旋律を聞いて「どんなmakamだと思いますか」→この旋律だったらmakamはUşşâkだ、いや私はmakamはGerdaniyeだと思う、と判定が分かれているというか、解釈が分かれているというか、そんな感じなのでは?と推測。あ、でもKöçekçeってどういうことだろう?もともと民謡だったのをKöçekçeで取り入れた?

PÎŞEKAR:Pişekar havası (Segah)

GEMİ (çekilirken):Heyamol deyin kardaşlar (Rast)

--------------------------------------------------------------

これらの曲の作曲者の生没年。

İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
1976'DAN BERİ ESERLERİNİ İCRA ETTİĞİMİZ BESTEKARLAR
http://devletkorosu.com/site/index.php?option=com_content&task=view&id=19&Itemid=34
によれば(あくまでここのサイトの情報によるもの。生没年が正しく無い可能性がある。ABDÜLKADİR MERÂGÎなどは他サイトでは生没年不明になってる)

Abdülkâdir-i Merâgi→ABDÜLKADİR MERÂGÎ(1353-1435)
Hâfız Post(1620?-1694)
Yahyâ Nazîm Efendi→YAHYA NAZÎM ÇELEBİ(1650?-1727)と思われる
Tanbûri Mustafa Çavuş→TANBURÎ MUSTAFA ÇAVUŞ(?-1745)
Ebû-Bekir Ağa(1685-1759)
Hacı Sâdullah Ağa(?-1801?)
Şâkir Ağa(1779-1840)
Dede Efendi(1778-1846)
Dellalzâde→DELLÂLZÂDE İSMÂİL EFENDİ(1797-1869)と思われる
Hacı Arif Bey→HACI ÂRİF BEY(1831-1885)
Hacı Fâik Bey(1831-1891)
Giriftzen Asım Bey→GİRİFTZEN ÂSIM BEY(1852-1929)
Şeyh Edhem Efendi(1862-1933)
Bîmen Şen→BİMEN ŞEN(1873-1943)

Nîmet Hanım 不明。

改定履歴
2010/11/12
・neyzen.comでBülbül olsam kona da bilsem dallereのgif画像12枚組の楽譜を発見
・関連記事にBÜLBÜL OLSAM (KÖÇEKÇELER)、江利チエミ「ウスクダラ」を追加

関連記事
カラギョズの影絵芝居における伝統的なトルコの音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-101.html

カラギョズとは
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-100.html

江利チエミ「ウスクダラ」
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-116.html

BÜLBÜL OLSAM (KÖÇEKÇELER)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-128.html

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

カラギョズの影絵芝居における伝統的なトルコの音楽

下記の英文の適当訳。訳が間違っている可能性があるので注意。歌曲については別記事に。

トルコの音楽はカラギョズと呼ばれる伝統的なトルコの劇で重要な役割を果たす。 この劇で上演されるトルコの音楽は、それ自身の特徴を獲得して、古いイスタンブルの都市の軽トルコ音楽に特有の音楽ジャンルになった。

トルコ音楽が演奏されないカラギョズの劇など考えられない。音楽は、この劇がいくつかの異なったジャンルとオスマンおよびトルコの音楽の作曲形式から集めたものである。カールkâr、カールチェkârçe、ムラッバmurabba、ベステbeste、セマイsemai、シャルクşarkı(訳注※1)、およびガゼルgazelとタクシムtaksimとして知られている声楽即興と器楽即興のようなトルコ古典音楽の作曲形式以外に、キョチェクチェköçekçe、タヴシャンジャtavşanca、都市の軽トルコ音楽の舞曲、トラキア(ルメリRumeli)とアナトリアの民謡、テキストがアラビア語と(オスマン帝国のユダヤ人の言語である)ユダヤ・スペイン語に基づいている歌、ジプシーの歌、ギリシアとアルメニアの歌、ワルツwaltz、ポルカpolka、オペラのアリアのような他のジャンルがまた、オスマン帝国の影絵芝居において演奏された。劇の題材の多様性は音楽のレパートリーに時の経過を消費させた。トルコ音楽の記録されたレパートリーは、19世紀と20世紀の作品から成る。しかしながら、数の上では多くないが、前世紀に作曲された他の歌の存在、そしてまた西洋の旋律は、カラギョズ音楽のレパートリーが不変に、変わりなく確立されるものではなく、音楽の領域、社会生活の両方で変化するものであるという事実を示す。最近、もっぱらカラギョズ上演のためだけにトルコ音楽を書く作曲家たちがいる。

影絵芝居で使用される楽器は、2つのグループに分割されるかもしれない:カーテンの上に現れるものとカーテンの後ろで使われるもの。観客が、古典音楽と都市音楽で使用される楽器の演奏を聞いている間、観衆はカーテンの上の支配者(訳注※2)の民俗楽器を見る。

宗教文化とオスマン帝国の社会における少数民族の共同体は、影絵芝居において最も生き生きとした方法で表された。大衆の歌のいくつかが社会的なタイプと同一視されたので、彼らは描写するように設計された。テキストと旋律的な特徴の表現においてそのような歌は社会的なタイプに合致する。カラギョズはまた、女性のパートを歌うことを演じた俳優を演じる、そして、また、カラギョズ上演のこの局面は象徴的である?(訳注※3) 他方では、カラギョズ劇で演奏された支配者(訳注※4)の民俗旋律は、帝国の地方の文化を反映する。例えば、アルバニア人が帝国のヨーロッパ部の地方の曲を歌う間、ハルプトHarput(訳注※5)出身の男性はその地域の民謡を歌う。したがって、周辺の音楽の趣き、風情はオスマン帝国の首都、中央の文化に取り入れられている。

古いイスタンブールでは、スルタンから通りの純真な男性まで、学者から文盲まで、この影絵芝居からの喜びを得ていた。 カラギョズは本当の都市文化の産物であった。 カラギョズのこの局面は、レパートリーが古典歌曲から軽いメロディーと舞曲までに広がったその音楽の中に明確に反映された。この驚くべきレパートリーは古いイスタンブールの都市音楽の重要な表現である。

訳注※1 şarkıのつづりはトルコ語版文章より。こちらのつづりの方が正しいと判断。

訳注※2 rularの意味が良く分らない。rulerの誤字?

訳注※3 represend→representedの誤字か?

訳注※4 rularの意味が良く分らない。rulerの誤字?

訳注※5 英語版Wikipedia"Elâzığ"
http://en.wikipedia.org/wiki/El%C3%A2z%C4%B1%C4%9F
によれば、トルコの東アナトリアにある街エラズーはアルメニア語で?ハルプトと呼ばれるらしい。

----------------------------------------------------------
以下、英語の原文。歌曲については別記事に。

http://www.karagoz.net/english/turkish_music.htm

TRADITIONAL TURKISH MUSIC IN KARAGOZ SHADOW PLAYS*

Turkish Music plays an important part in traditional Turkish plays called Karagoz. Turkish music as performed in these plays has acquired a characteristic of its own ands become a musical genre peculiar to old Istanbul’s urban light Turkish music.

It is unthinkable to consider a Karagoz play in which Turkish music is not given performance. Music is these plays brings together several different genres and composition forms of Ottoman - Turkish music. Apart from the composition forms of classical Turkish music like the kâr, kârçe, murabba, beste, semai, sarki and vocal and insturmantel improvisations known as the gazel and taksim, other genres like the köçekçes, tavsancas and dance music pieces of urban light Turkish music, Thracian (Rumeli) Anatolian folk songs, songs whose texts are based on Arabic and Judeo-Spanish, the language of the Ottoman Jews, Gipsy songs, Greek and Armenian songs, waltz, polka and opera arias were also given performance in the in the Ottoman shadow plays. The variety of subjects of the plays caused the musical repertoire to expend in the course of time. The notated repertoire of Turkish music consits of compositions of the nineteenth and twentieth centuries. However, the presence of other songs, though not great in number, which were composed in the preceding centuries, and also the Western melodies, are indications of the fact that the reportiore Karagoz music was not unchangeably established but one which seeked conformity to changes both in the sphere of music and in social life. Recently there have been composers who wrote Turkish music exclusively for Karagoz performance.

Musical instruments used in shadow plays may be divided into two groups: the ones which appear on the curtain and those used behind the curtain. The spectators see the rular folk music instruments on the curtain while they hear the performance of those used in classical and urban music

The cultures of religions and ethnic communities in the Ottoman society have been represented in a most vivid manner in shadow plays. Since some of the popular songs have been identified with the social types they were designed to describe. Such songs fit the social types in term of their text and melodic character. Karagoz plays the actors who played woman’s part would sing, too, and this aspect of karagoz performance has also been represend. On the other hand, rular folk melodies performed in Karagoz plays reflect the provincial cultures of the Empire. A man from Harput, for instance, sings local folk songs of the area, while an Albanian sings the local pieces of the Europan section of the Empire. Hence, the musical taste of the periphery is introduced to the Ottoman capital, to the central culture.

In old Istanbul, from the Sultan to the simple man in the street, from the learned to the illiterate took pleasure from this shadow play. Karagoz was a product of true urban culture. This aspect of Karagoz has clearly been reflected in its music whose repertoire extends from classical songs to light melodies and dance pieces. This amazing repertoire is a significant expression of old Istanbul’s urban music.

---------------------------------------------------------
同じ文章のトルコ語版と思われるもの。
http://www.karagoz.net/karagoz_hacivat_musikisi.htm
具体的な作曲家の名前があがっていたりして内容が英語とちょっと違う?
オスマン帝国時代の寄席芸能Ortaoyunu(オルタオユヌ)やMeddah(メッダフ)の語も見える。

Abdulkadir Meragi´ye mal edilen kârlar, Seyyid Nuh, Itrî, Kassamzade, Ebubekir Ağa, Tab´î, Sadullah Ağa, Mustafa Çavuş と言ったように具体的な作曲家の名前が出ている。英語版にこれは無い。Abdulkadir Meragiアブデュルカディル・メラギ、Seyyid Nuhセイイド・ヌフ、Itrîウトリー、Kassamzadeカッサムザデ?、Ebubekir Ağaエブベキル・アー、Tab´î, Sadullah Ağaタブイー・サデュッラー・アー、Mustafa Çavuşムスタファ・チャウシュ

Kassamzadeについて
http://www.bibilgi.com/ansiklopedi/Klasik-T%C3%BCrk-musikisi-bestek%C3%A2rlar%C4%B1-listesiによれば1758年没でMehmed Efendi(Kassamzade)とも言うらしい。
→一方http://inleyennagmeler.com/korput/sarkilar/1/bestekari/Tabi-mustafa-efendi.htmlではTabi Mustafa Efendi(1705-1770)の別名として載ってる。Tabi Mustafa EFENDİあるいはKassamzade Mustafa EFENDİあるいはKassamzade T. Mustafa EFENDİあるいはKassamzade Tabi MUSTAFAあるいはKassamzade Tabi Mustafa EFENDİあるいはMustafa EFENDİあるいはT. Mustafa EFENDİあるいはTabi M. EFENDİあるいはTabi MUSTAFA

Tab´î, Sadullah Ağaタブイー・サデュッラー・アー
→同一人物かどうか不明だがサドゥッラー・アー Sadullah Ağaならセリム3世時代の音楽家として
Turkish Music Portal
http://www.turkishmusicportal.org/composer.php?id=101&lang2=en
Composers and Performers / Turkish Classical Music / Composers of the Ottoman Imperial Family
COMPOSERS AND PERFORMERS
SELİM III
に登場する

※トルコ語のこのページはカラギョズで歌われると思われる歌のリスト(曲名のリスト)、そのマカーム、形式、リズム周期(ウスール)、五線譜の楽譜へのリンクがあることが非常に素晴らしい。→当ブログ内別記事に。

HACIVATの
7)Gelse o şuh meclise naz-u tegaful eylese (Rast Yürük Semai)
などハフズ・ポストの有名な歌などがいろいろある。ウシュキュダラもある。


http://www.karagoz.net/karagoz_hacivat_musikisi.htm

Karagöz Musikisi

Gölge Oyunu Karagöz´de musiki önemli bir rol oynar. Karagöz´ün ayrılmaz bir parçası olan musiki bu oyunlarda kendine özgü bir nitelik kazanmış, Osmanlı şehir eğlence musikisinin bir türü haline gelmiştir. Musikinin yer almadığı bir Karagöz oyunu düşünülemez. Musiki Karagöz´de Osmanlı-Türk musikisinin değişik türleri ile beste şekillerini içinde toplar. Klasik musikinin kâr, karçe, murabba, beste, semai, şarkı gibi beste şekilleri; gazel ve taksimler; şehir eğlence musikisinin köçekçeleri, tavşancaları ve oyunhavaları; Anadolu´nun ve Rumeli´nin türküleri dışında, oyunlarının konuları gereği olan Arapça ve Yahudice güfteli şarkılar, Çingene şarkıları, Rum ve Ermeni kültürlerine özgü ezgiler, vals, polka, opera aryası gibi batı müziği parçaları da Karagöz musikisinde yer almıştır. Oyunların konuları musiki repertuarının gittikçe genişlemesini sağlamıştır. Karagöz musikisinin tesbit edilebilen repertuarı daha çok 19. ve 20. yüzyıl Türk musikisine aittir. Ancak, bu repertuarda, Abdulkadir Meragi´ye mal edilen kârlar, Seyyid Nuh, Itrî, Kassamzade, Ebubekir Ağa, Tab´î, Sadullah Ağa, Mustafa Çavuş gibi bestecilerin eserleri de bulunması, bu arada Batı müziği eserlerine de yer verilmesi Karagöz musikisinin sabit olmadığını, Türk musikisindeki ve Türk toplumundaki değişime uyum sağlamak amacıyla her dönemde değiştirildiğini gösterir. Son dönemlerde doğrudan Karagöz oyunları için şarkı besteleyen besteciler de çıkmıştır. Karagöz musikisi şu üç bölümde ele alınabilir: Semai, Gazel, Hayal şarkıları. "Semai"nin klasik Türk musikisindeki ağır, yürük ve saz semaisi şekilleriyle bir ilgisi yoktur. Klasik musikiye özgü kâr, kârçe, murabba beste, semai, şarkı gibi beste şekillerinin toplu adıdır "semai" burada. Semaileri hep Hacıvat okur. Bunlar daha ağırbaşlı eserler olduğu için genellikle oyunun başında okunur. Bu eserlerin tamamı okunmaz, sadece zemin ve teslim bölümlerinin okunmasıyla yetinilir. Gazel, bildiğimiz gazeldir. Hayal şarkıları ise şarkı ve türkülerdir. Günümüze kadar iki yüzü aşkın hayal şarkısı tespit edilebilmiştir. Bazı hayal şarkıları oyunlarda sık sık okunduğundan bu şarkılar oyun tipleriyle adeta özdeşleşmiştir. Bu tür şarkılar oyun tiplerine uygun bir güfte ve ezgi yapısı içindedir. Karagöz oyunlarında kullanılan çalgılar "perdedeki çalgılar" ve "perde gerisindeki çalgılar" olarak ikiye ayrılabilirler. Perdedeki çalgılar bağlama, Karadeniz kemençesi,davul, zurna, kabak, tulum gibi halk sazlarıdır. Perde arkasında kullanılanlar ise kanun, ud, keman, zurna yahut klarnet, def gibi klasik musikide kullanılan sazlardır. Zil, zilli maşa, nakkare kullanıldığı da olur. Osmanlı toplumundaki etnik ve dîni cemaatlerin kültürleri Karagöz musikisine canlı bir şekilde yansımıştır. "Kaminamoz elde aki, yo kero poraki" (Balat kapısından girdim içeri) Yahudice güfteli şarkı, "Çeribaşının gelini" adlı Çingene şarkısı, arapça "Befta hindi şeş harir" güfteli şarkı ile Laz, Ermeni, Kürt kültürlerine özgü ezgiler bu tür parçalardır. Karagöz oyunlarında zenneler de şarkı söylerlerdi. Karagöz oyunlarında halk musikisi de imparatorluğun çeşitli şehir, kasaba ve yörelerinin kültürlerini yansıtır. Oyunlarda Bolulu Bolu türküsü, Harputlu Harput türküsü, Arnavut ve Rumelili Rumeli türküsü söyler. Böylece taşranın musiki kültürü ve zevki de hayal perdesinden payitahta girer. Eski İstanbul´da padişahtan, okumuş çevrelerden en sade halk insanına kadar herkes Karagöz oyunlarının tiryakisiydi. Karagöz bu yönüyle birleştirici bir şehir kültürü ürünüydü. Karagöz´ün bu yönü musikisine de yansımıştır. Bu geleneksel oyunların ağırbaşlı klasik eserlerden hafif şarkılara ve oyun havalarına kadar genişleyen repertuarı İstanbul şehir musikisinin ve şehir zevkinin anlamlı bir ifadesidir.*
*Yukardaki yazı Kalan Müzik Karagöz Hacivat CD sinden alınmıştır.

Ortaoyunu , Meddah ve Karagöz konusunda araştırma yapan bazı araştırmacılar bir "Karagöz Musikîsi"'nden söz ederler fakat yukardaki yazıda da belirtildiği gibi, bir "TÜR" olarak karagöz musikisinden bahsetmek mümkün değildir. Hayalî'ler musiki kabiliyetleri ve bilgileri oranında Karagöz tiplemeleriyle ya da oyunlarıyla uyum sağlayabilecek ya da bu oyunlara yakışacak her tür musiki eserini zaman zaman karagöz oyunlarının içinde kullanmışlardır. Oyunlar eskiden, şimdi olduğu gibi yazılı metinleri ezberleyerek oynatılmazdı. Geleneksel Türk tiyatrosunun en önemli özelliği olan tuluat "Doğaçlama" geleneğine uygun olarak oynatılırdı. Tuluat geleneği batı tarzı oyunlardaki gibi değişmezlik ilkesi yerine, her gün değişebilen ve güncel olayların perdede-sahnede canlandırılması temeline dayanır. Oyunun içeriği değişir de oyunda kullanılan musiki eserleri değişmez mi, elbette ki oyun içinde kullanılan musiki eserleri de o günün beğenisine uygun olarak değişirdi. Fakat sonradan bazı karagöz araştırmacıları "özellikle" Hayali Küçük Ali'nin ses kasetlerindeki eserleri bir araya getirerek yapay bir karagöz musikisinden söz eder olmuşlardır. Karagöz musikisinden söz edilebilmesi için sadece karagöz için yapılmış, karagöz oyunlarına has musiki eserleri olması gerekir. Karagöz Musikisi vardır demek Tuluat "Doğaçlama" geleneğini yok saymak olur ki bu da karagözün gelişimini engeller. Aşağıda eski karagöz ustalarının çok kullandığı bazı eserlerin hangi tiplemeler ile birlikte kullanıldığının listesi ve notaları verilmiştir. Bu eserler incelendiğinde bir "TÜR" olarak karagöz musikisinden söz edilemeyeceği anlaşılır.

関連記事
カラギョズとは
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-100.html

カラギョズで歌われる歌曲
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-102.html
→当記事のネタ元URL:http://www.karagoz.net/karagoz_hacivat_musikisi.htmに記載のある歌曲について。

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

カラギョズとは

(注:これはネットで集めた文章を適当にまとめたものである。情報の信頼性に注意。例えば2003年UNESCOにより無形文化材に指定された、と書いたが実際に指定されたのはトルコ落語メッダフMeddahの模様)

カラギョズ(トルコ語:Karagöz)は、トルコの伝統的な影絵芝居である。また、それと同時に、登場する主人公の名前でもある。よく演じられる劇の主人公の名前がカラギョズというのでこの名で呼ばれるようになった。カラギョズとはトルコ語で「黒い瞳」の意である(カラが「黒い」)。

相棒のハジワット(トルコ語:Hacivat)とともに繰り広げる道徳や哲学、一般常識的なことをわかりやすくまとめた風刺劇である。登場人物も多く、スクリーンに映し出される彼らは、身近に必ずいるようなタイプや自分自身に置き換えられるような人々ばかりである。風刺を交えて語るカラギョズたちの言葉によって現れる世界は、スルタンから庶民にまで至る幅広い人々の心をとらえて離さなかった。聴衆は劇に引き付けられ、長い間人々の心を掴む娯楽、オスマン帝国時代から人々に愛された大衆娯楽となった。

主人公カラギョズはほとんど教養のない人物で、普段は職につかず、金儲けの話になるとすぐに飛びつきいつも失敗してばかりいる。裏表のない性格で時には少し無礼なこともしてしまう。カラギョズとは対照的に相棒のハジワットは教養深く聡明で、詩や文学に精通している。

カラギョズとハジワットは実在の人物とも言われている。伝説によると14世紀にブルサ(トルコ語:Bursa)の街でモスクを建設する労働者だったと言われている。

その昔、アナトリアは君侯国(トルコ語:Beylik , ベイリク)と呼ばれる国々に分かれており、それぞれの国をそれぞれの君主が治めていた。その中でオスマン侯国(トルコ語:Osmanoğlu)がアナトリア最強の君侯国となっていった。オスマン侯国の君主オスマン・ベイ(=オスマン帝国第一代君主オスマン1世 , トルコ語:I. Osman , 1258-1326 , 在位:1299-1326)の後を継いだ息子のオルハン(=オスマン帝国第二代君主 , トルコ語:Orhan , 1284-1359? , 在位:1326-1359?)の時代、ブルサの街の獲得に成功し、ここにオスマン帝国の最初の首都が誕生した。人々も明るい光が差し込む気配を感じ、あちらこちらから寄り集まるようになった。まちづくりの中心には、その時代のスルタンの偉大さを象徴するものとしてモスクが建てられていた。そのまちで暮らす人々の生活を豊かにし、安心を与えたいと願うスルタンの思いと、そのスルタンを敬い慕う人々の思いがモスク建設に込められていた。

そのモスク建設現場で鍛冶屋のカラギョズと左官屋のハジワットは働くことになった。2人のいる現場はいつも楽しく話に花が咲いていた。彼らは面白い話を聞かせては他の職人たちを笑わせた。その度に仕事の手が止まってしまうこともあった。しかし、カラギョズとハジワットはもちろんのこと、ほかの職人たちもモスク建設に参加できることを誇りに思い、尊敬するスルタンが遠征に出掛けている間にモスクを完成させて喜んでもらいたい一心で仕事に精を出すのだが、思うように進まなかった。

ある時、長い遠征からスルタンが戻ってきた。その夜はスルタンを囲んで無事の帰還を祝う宴が催され。カラギョズとハジワットも同席していた。スルタンも久しぶりに聞く2人の話に目を細めて耳を傾けていた。誰もが気を揉むモスク建設の遅れについて、彼らは皮肉を交えて次のような話をした。

モスクが完成したら仲間と別れるのはつらいが、我々職人は晴れてお役御免となる。だが、我々以上に現場から用済みになるのを嫌がっている輩もいるのだ、と。

スルタン自身もモスクがまだ完成しそうにない様子に苛立ち、現場責任者にたずねた。

「なぜ遅れているのか」「邪魔者がいるのです」「ならばその邪魔者を消せばよいであろう」

それからまたスルタンは遠征に出掛けて行った。その間に邪魔者が消された。スルタンの怒りを収めるため、現場責任者はモスク建設の遅れをカラギョ ズとハジワットのせいにし、2人を処刑した。後日スルタンは真実を知ってひどく心を痛めた。

そこへシェイフ・キュシュテリ(トルコ語:Şeyh Küşteri , Şeyh Kûşteri , Şeyh Mehmet Küşteri , Mehmet Küsteri Dede)なる人物が現れる。彼はスルタン・オルハンのそばに就いて相談役を務めている人物であった。処刑を止められなかったことに責任を感じていた彼は「2人をここに連れてきましょ う!」と頭に巻いたターバンの布をサッと広げ、ロウソクの光を当てると、そこに影が浮かび上がった。彼は自分の靴を脱ぎ、手を入れて スクリーンの前に出した。右側にカラギョズ、左側にハジワット。いつもの2人が並んで立っていた。キュシュテリは単にスルタンを安心させるためだけではなく、カラギョズたちを愛して止まない人々のためにも2人を呼び戻したのであった。2人が戻ってきた現場では順調に仕事が進み、モスクは無事に完成した。

その後、カラギョズとハジワットを忘れることのないよう影絵演劇を続けるようにスルタンより命令が下された。この時を境にカラギョズたちを操る人たちをカラギョズ師(トルコ語:Karagözcü , hayalî , hayalbaz)と呼び、影絵演劇「カラギョズ」として行われるようになった。

また、彼らの記念碑がブルサのチェキルゲ(トルコ語:Çekirge)地区(一般には温泉街として知られる)に建てられている。2007年にブルサにカラギョズ博物館が開館した。

影絵劇で使用される人形(トルコ語:tasvir)は35~40cmの大きさで、らくだ又は牛の皮で作られ色が塗られている。白い幕を張り、後ろから光を当てて人形の影を映し出す。人形を操る職人は名人ひとりとアシスタントが1~2人である。名人は声色や方言を変えて全ての登場人物の台詞を話しながら人形を操る。歌は他のメンバーにより歌われ、多種多様な音楽やタンバリンの音色も効果的である。

カラギョズの上演は4つの部分から成る。ムカッディメMukaddime、ムハヴェレMuhavere、ファシルFasil、
ビティシュBitiş。

カラギョズとハジワット以外の登場人物は、酒瓶を抱えた酔っ払いのテュズスズ・デリ・ベキルTuzsuz Deli Bekir、長い首のウズン・エフェUzun Efe、パイプを燻らせるアヘン常用者カンブル・ティルヤキKanbur Tiryaki、エキセントリックな小人アルテュ・カリシュ・ベベルヒAltı Kariş Beberuhi、間抜けのデンヨDenyo、浪費家ジヴァンCivan、軽薄な女性ニガールNigâr、トルコ語が話せないアラブ人(典型的には乞食、デザート売り)、黒人の奴隷女、(カフカスの)チェルケス人の奴隷少女、アルバニア人の警備員、ギリシア人(普通、医者)、アルメニア人(通常、下男あるいは両替商)、ユダヤ人(普通、金細工職人あるいは廃物商)、(トルコ東部に住む)ラズ人(通常、船頭)、ペルシア人(アゼリ語のアクセントで詩を朗誦する)などがいる。

人形たちはトルコ人を初め、アラブ人やユダヤ人、ヨーロッパ人など それぞれの特徴をとらえた服装や持ち物でかたどられている。

かつて語られた話は数多く、これらはすべて師匠から弟子へと口伝えによって語り継がれていた。

人形たちが登場する場所、スクリーンはカラギョズの生みの親といわれるシェイフ・キュシュテリにちなんで「キュシュテリ広場」と呼ばれている。この「キュシュテリ広場」にカラギョズ師を通してカラギョズたちが集まる。そこには人形としての影が映るのではなく、ロウソクの火を受けて彼らが持つ光そのもので光の影となって、彼ら自身と彼らの世界を映し出す。映し出された彼らは魂であり、それは私たちそのもの、そして私たちの世界なのである。ロウソクの火が消えるとき私たちの世界も光を失う、それはまるで「鏡」に映る世界である。

影絵芝居の起源は中国であるという(宋代に文献[→事物紀原]にあらわれる)。また東南アジア・インドネシアのワヤンWayangは15世紀半ばくらいから白い幕に影を投影するようになったのではないか、と推測されている。イスラーム圏に最初に伝わったのはエジプトであった。

カラギョズが最初に演じられたのがいつなのかはっきりしない。16世紀にオスマン帝国のスルタンが影絵劇を命じたのが始まりとも言うし、14世紀末という説もある。伝えられているところによると、最初のカラギョズの上演はオスマン帝国によるエジプトのマムルーク朝の征服の際、つまりセリム1世(=オスマン帝国第九代君主 , トルコ語:I. Selim , Yavuz Sultan Selim , 1465-1520 , 在位:1512-1520)の時代で、エジプトにおいてであった。エジプト人がこの影絵劇をスルタンに献上したと言う。しかし17世紀の旅行家エヴリヤ・チェレビ(トルコ語:Evliya Çelebi , 1611-1682)によればバヤズィト1世(=オスマン帝国第四代君主 , トルコ語:I. Bayezid , Yıldırım , 1360-1403 , 在位:1389-1402)の宮廷が最初と言う。

オスマン朝に持ち込まれたその文化は次第に、庶民のものとなっていった。17世紀までには、カラギョズは現代見られるような姿になっていた。

カラギョズとハジワットの影絵劇は17~19世紀のオスマン帝国時代にスルタンから庶民まで広く楽しまれた。1年を通じて広範囲に公共の場所で、劇場やコーヒーハウス(トルコ語:Kahvehane , カフヴェハーネ)、又は割礼式や宴の際、個人の家などで上演されていたが、特にラマダン(断食)期間中は毎日のように夜間公演が行われラマダンの楽しみのひとつであった。テレビや映画のない時代の娯楽として最も人気を集めていたが、残念ながら今では人形を操ることができる職人の数も減り、特別な時にしか上演されなくなったが国内公演だけでなく海外公演もしながらカラギョズの伝統を守りつづけている。

現代において、カラギョズは過去のようにトルコの大衆娯楽の大部分を占めているわけではない。現在はカラギョズ上演がライブではなくテレビ放送になってしまったり、ほとんどのライブが外国人観光客向けにホテルやレストランで上演されるのみになってしまった。しかし、カラギョズをトルコの伝統芸能として残していこうという動きは見られる。トルコ国家国際指人形・影絵統括連盟(通称UNIMA)が現在、トルコ文化省の指導のもと、カラギョズの研究を進めている。

名人としてハヤリ・キュチュク・アリHayali Küçük Ali(Mehmet Muhittin Sevilen , 1886-1974)というカラギョズ師が知られている。

2003年UNESCOによりその歴史的背景から、継承と発展の目的からなる無形文化財に指定された。

2005年「Hacivat Karagöz Neden Öldürüldü?」(ハジヴァト、カラギョズは何故殺されたのか)というカラギョズに題材を取ったトルコ映画が製作された。

2007年ブルサの街にカラギョズ博物館が開館している。

カラギオジスもしくはカラギョージス(ギリシア語:Καραγκιόζης , 英語:Karagiozis ,Karaghiozis)はトルコのカラギョズKaragözに由来する影絵人形芝居である

類似する影絵芝居に中国のピーインシー(中国語:皮影戏 , pí yĭng xì , 日本語での漢字表記:皮影戯)あるいはノンインシー(弄影戯)、インドネシアのワヤン・クリッwayang kulit、タイのナン・ヤイ(タイ語:หนังใหญ่ , Nang yai)、ナン・タルン(タイ語:หนังตะลุง , Nang talung)、カンボジアのスバエク・トム、スバエク・トーイなどがある。その他マレーシアやインドにも影絵芝居が存在する。

改定履歴
2010/06/21
カラギオジスにカラギョージスを追記。

(参考元サイト)

JP-TR / 日本-トルコ
トルコの観光・伝統文化の総合サイト
カラギョズ(Karagoz)とハジヴァト(Hacivat)
http://www.jp-tr.com/icerik/unluler/karagoz.html

カラギョズにつぃて
http://www.karagozcollection.com/2010/02/blog-post.html

13th International Bursa Karagoz Puppet & Shadow Theatre Festival
http://www.karagozcollection.com/2009/12/13th-international-bursa-karagoz-puppet.html

カラギョズ ミュージアム
http://www.karagozcollection.com/2009/12/httpwww.html

現代のトルコにおける伝統芸能:民族ダンスとカラギョズ
森かおり
駒崎 加奈
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ders/seminar/mori_komazaki.htm

中国都市芸能研究会
中国城市戏曲研究会|中國城市戲曲研究會
『都市芸研』第七輯/江南皮影戯初探
江南皮影戯初探
http://wagang.econ.hc.keio.ac.jp/~chengyan/index.php?%E3%80%8E%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%8A%B8%E7%A0%94%E3%80%8F%E7%AC%AC%E4%B8%83%E8%BC%AF%2F%E6%B1%9F%E5%8D%97%E7%9A%AE%E5%BD%B1%E6%88%AF%E5%88%9D%E6%8E%A2

中国の影絵芝居
http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~kanamaru/kagee/

kotobank
影絵芝居
http://kotobank.jp/word/%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E8%8A%9D%E5%B1%85

TEAMしゃからのビート板なら200海里
2010年02月05日
影絵芝居みようぜ
http://neko77.hamazo.tv/e2245588.html

ワヤンについて
松本 亮
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/mon-f.html

Karagöz and Hacivat
http://en.wikipedia.org/wiki/Karag%C3%B6z_and_Hacivat
↑2010/05/04閲覧

freebird in Turkey
カラギョズを上演するキョフテ屋さん
2008.05.08
http://freebirdinturkey.blogspot.com/2008/05/blog-post.html

当ブログ内関連記事
カラギョズの影絵芝居における伝統的なトルコの音楽
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-101.html
カラギョズで歌われる歌曲
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-102.html
レベティカと同時代に流行したギリシアの影絵芝居カラギョージス
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-109.html

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。