スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽のペシュレヴとトルコ相撲のペシュレヴと

ギュレシュ: トルコの伝統芸能
(このページは、内田麻子によって作成されました)
http://www.tufs.ac.jp:8080/st/club/turkiye1/uchida.htm

というページが検索にたまたま引っかかって、

そこでは、ヤール・ギュレシュ(トルコ語:Yağlı Güreş)というトルコ相撲、オイル・レスリング(英語:Oil wrestling)について書いてあるのだが、その中に、

~ヤールギュレシュも日本の相撲と共通するところがあるようだ。たとえば取り組みの前に行われる儀式(ペルシェヴ)は相撲の土俵入りとよくにている。ペシュレヴとは、対戦相手とペルシャ風の握手をし両手を交互に振り上げつつ、スキップのような踊りをするものである。~

とあった。(原文ママ)

え?トルコ相撲にもペシュレヴPeşrevあるの?と思って検索したら、Wikipediaのトルコ語版"Kırkpınar"の記事(2012/12/17閲覧)の中にPeşrevの語が…

あるんだ。

びっくり。

トルコ古典音楽でのペシュレヴPeşrevは前奏曲や序曲のようなもの。

オスマン帝国(オスマン朝)支配下の領域の都市で行なわれた芸術音楽が今のトルコ共和国時代になってもイスタンブル(トルコ語: İstanbul、英語でのつづり:Istanbul、日本語では「イスタンブール」という表記もあるけど、ここではイスタンブルと書きます)などの都市に伝わっている。トルコ古典音楽(トルコ語:Klasik Türk mûsikîsi)やトルコ芸術音楽(トルコ語:Türk sanat müziği、省略して頭文字を取ってTSM)等と呼ばれている。

この音楽の中心になっているのは西洋音楽、クラシック音楽と違って声楽で(西洋音楽、クラシック音楽と言えば器楽を思い浮かべてしまう。例えばベートーベンBeethovenの交響曲第5番ハ短調「運命」とか)、演奏会の時はいくつかの歌を連続して歌う。つまり歌を言わば組曲のように組み合わせるが(この「組曲」には声楽曲だけでなく時折器楽曲も挿入される。「組曲」の事をファスルfasılと言っている)、その最初に器楽曲が演奏される。これがトルコ古典音楽でのペシュレヴPeşrevで、言わば前奏曲や序曲のようなものになる。ペシュレヴPeşrevの説明を英語でしているのを読むと、たいていpreludeと書いてある。ペシュレヴPeşrevの語はペルシア語に由来。元のペルシア語から考えて、ペシュレヴPeşrevの訳は、まあ「前奏曲」とか「序曲」でいいと思う(トルコ古典音楽の場合は。)

トルコ古典音楽の用語を英語でしてくれているサイト(まだ未完)での説明

TCF - Turkish cultural foundation
Turkish music portal
TURKISH MUSIC DICTIONARY
http://www.turkishmusicportal.org/dictionary-en.php

Peşrev

1. An instrumental form in Turkish Classical Music. With the exception of a few basic usûls, they are always composed in the major usûls, and every section is called a hâne, after each of which comes the section called the mülâzime. Although according to some sources state that peşrevs may include up to 15 hânes, from the 16th century on the genre became fixed and is generally composed with four hânes.

2. An instrumental opening played by the duo of davul and zurna at wrestling competitions.

よく読んだら、2の所にレスリングの事が書いてあった…

同じサイトの別の所では以下。

TCF - Turkish cultural foundation
Turkish music portal
Types of Turkish Music / Turkish Classical Music / Theory / Forms /
http://www.turkishmusicportal.org/page.php?id=50

Pesrev is the highest form of instrumental work. Pesrevs are founded on sections called Hane, which are usually four in number. Some old pesrevs comprised of only three hanes are known, but this type of pesrev did not remain popular and was abandoned. Each hane ends with a section called a teslim; however, pesrevs with no teslim are also encountered. Pesrevs are composed using the majors. The first movement of the fasil performance genre is a pesrev.

いくつかの歌を組み合わせる、組曲ならぬ「組歌」の最初に演奏される器楽曲で、前奏曲や序曲の類のもの。たいていビュユク・ウスールBüyük Usul(大きいウスール。ビュユク=トルコ語で「大きい」の意)と呼ばれる長いウスールUsul(例えばムハンメスMuhammes、ハフィーフHafif、デヴリ・ケビールDevr-i Kebir、チェンベルÇenberなど)で4つのハーネhâne(ハーネhâneの語はペルシア語に由来)と呼ばれる楽章を持つ(4楽章ある)。各々の楽章の末尾はいつも同じ旋律でteslimと呼んでいる。(数が少ないがミュラージメmülâzimeと呼ばれるものもある)
スポンサーサイト

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

イスタンブル音楽院の設立にみるトルコの音楽変容

KAKEN 科学研究費助成事業データベース
イスタンブル音楽院の設立にみるトルコの音楽変容
濱崎 友絵
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/22720057.ja.html

~トルコ初の公立音楽学校「ダーリュル・エルハーンDarul-elhan」(1917年設立)が1927年に「イスタンブル音楽院」と名称を変更したこと契機に、創設時より教授してきたトルコ古典音楽教育をなぜ廃止し、西洋音楽教育に転換を図ったのか、その背景を検証することで、オスマン朝末期から共和国建国期にかけての「トルコ音楽」の西欧化の実相を明らかにすることにある~






以下は、いっしょのようなものだと思うけど、インターネット上でリンクしてないので、メモ。





公益財団法人 松下幸之助記念財団
助成事業 > 研究助成 > 研究助成者一覧 > 2009年度研究助成一覧
http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/works/research/promotion_research_02_2009.html
助成番号 09-015
トルコ共和国建国期における音楽の西欧化 -イスタンブル音楽院設立に至る経緯をめぐって -
濱崎 友絵
東京藝術大学 音楽学部
詳細(PDF)↓
http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/data/promotion_research/pdf/09-015.pdf

トルコ共和国建国期における音楽の西欧化――イスタンブル音楽院設立に至る経緯をめぐって――

【研究の目的】
1917 年に誕生したイスタンブル音楽院の前身「ダーリュル・エルハーン Dârül-elhân」は、西洋音楽とオスマン古典音楽の両部門を抱え、男女に等しく門戸を開き音楽教育を展開したトルコ初の公立音楽学校であった。トルコ古典音楽の教授に、より比重を置いたダーリュル・エルハーンであったが、1923 年のトルコ共和国成立後、1927 年に「イスタンブル・コンセルヴァトワル(イスタンブル音楽院)」と西欧風の名称に改称されたことを契機に、トルコ古典音楽の教育を完全に廃止し、西洋音楽教授機関としての役割を付されることになる。過去約五百年間に渡って受け継がれてきた伝統音楽を否定し、西洋音楽を「学ぶべき上位音楽」として読み換えてゆく過程と背景にはどのような議論と葛藤が横たわり、いかなる力の理論が存在したのか~







上記pdf(松下幸之助記念財団のほう)によると、ダーリュル・エルハーンは、

1914年:前身のダーリュル・ベダーイ(芸術学校)が設立される

1917年:ダーリュル・エルハーン Dârül-elhân 設立

1923年:トルコ共和国成立

1927年:イスタンブル・コンセルヴァトワル(イスタンブル音楽院)と西欧風の名称に改称される

という事らしい。
Dârül-elhânで「旋律学校」の意味?
新井 政美先生の本に記載のあった「旋律学校」の事かな?確か「トルコ近現代史―イスラム国家から国民国家へ:新井 政美 (著)」だったか…

elhânはalḥān?
ラーディキー(Lādhiqī [Muḥammad], al-、15世紀後半、アラブの音楽理論家)の著作「ザイン・アル=アルハーン・フィー・イルムタ・リーフ・アル=アウザーン Zayn al-alḥān fī ‘ilm ta’ līf al-awzān [拍子のある作品における旋律の装飾]」のalḥān?

Abdülkâdir Merâgîの著作の「旋律の意図」 (Maqased al-Alhan , MAKASIDÜ'L-ELHAN) , 「旋律集成」 (Jame'al-Alhan , CÂMIÜ'L-ELHAN) , 「旋律の宝庫」 (Kanz al-Alhan , KENZÜ'L-ELHAN)のalḥān?








Dârül-elhânはアラビア文字で
دارالالحان
かな?

http://osmanlica.referencepedia.info/word/d%C3%A2r%C3%BClelh%C3%A2n
というオスマン語の辞書サイトみたいなのを見つけた。それに載ってた。


ダーリュル・ベダーイ(芸術学校)は、dârülbedâyiで、アラビア文字では
دارالبدایع
かな?同じくhttp://osmanlica.referencepedia.info/で見つけた。

dârülbedâyiで検索すると、レオン・ハンジュヤンLeon Hancıyanの記事が出てきた。

http://inleyennagmeler.com/korput/sarkilar/1/bestekari/Levon-hanciyan.html
の文章の中に、トルコ語で、

Hancıyan, uzun yıllar Istanbul'daki Ermeni kiliselerinde başmugannî olarak görev aldı. Çeşitli okullarda musiki hocalığında bulundu. Musiki hocası olarak alındığı Saray'dan, Sultan II. Abdülhamid döneminde (1876-1909) firar ederek gittiği Sofya Konservatuvarı'da Türk musikisi dersleri verdi. 1908'de II. Meşrutiyet'in ilânıyla döndüğü Istanbul'da Şark Musiki Cemiyeti'nin reisliğine getirildi. Dârülbedâyi ile Dârülelhân'ın kurucuları arasında yer aldı. Dârülelhân, Dârüttâlim-i Musiki ve Musiki-i Osmânî'de hocalık yaparak çok sayıda musikicinin yetişmesini sağladı.




関連記事
トルコ音楽文化論(概論)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-165.html
開講年度:2011 年度
科目名:トルコ音楽文化論(概論)
担当教員:濱崎 友絵

ラーディキー(15世紀後半、アラブの音楽理論家)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-193.html

アブドルカーデル・マラーゲイーの『旋律の意図』について(関 喜房)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-192.html

レオン・ハンジュヤン(1857-1947)
http://minzokuongaku822.blog122.fc2.com/blog-entry-138.html

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

西洋と東洋のワルツ~法悦と神秘主義(コンチェルト・ケルン,サルバンド)

Waltz: Ecstasy & Mysticism Western Eastern Waltz
西洋と東洋のワルツ~法悦と神秘主義
Concerto Köln / Sarband
コンチェルト・ケルン、サルバンド


Waltz: Ectstasy & Mysticism Western Eastern WaltzWaltz: Ectstasy & Mysticism Western Eastern Waltz
(2005/08/09)
Concerto Koln、Sarband 他

商品詳細を見る



西洋と東洋のワルツ西洋と東洋のワルツ
(2005/09/21)
コンチェルト・ケルン

商品詳細を見る



3. Three Semais - Arranged by Vladimir Ivanoff - Yine bir gül
3. Yine bir gül-nihâl (semai) (Once again a young rose)
Composed by Hamamizade Ismail Dede Efendi
with Cologne Concerto, Sarband
3. バラよ,いまひとたび(デデ・エフェンディ)

Yine bir gül-nihâl aldı bu gönlümü
Form:Şarkı, Makam:Rast,
Bestekâr:Dede Efendi, Güftekâr:_, Usûl:Semâî
TRT Repertuar No:11439

5. Three Semais - Arranged by Vladimir Ivanoff - Bülbül-i hos nevâ
5. Bülbül-i hos nevâ (semai) (Beautifully singing Nightingale)
Composed by Hamamizade Ismail Dede Efendi
with Cologne Concerto, Sarband
5. ナイチンゲールは美しく歌う(デデ・エフェンディ)

Bülbül-i hoş-nevâ
Form:Şarkı, Makam:Ferahfezâ,
Bestekâr:Dede Efendi, Güftekâr:_, Usûl:Semâî
TRT Repertuar No:2661

12. Three Semais - Arranged by Vladimir Ivanoff - Bir verd-i ra'nâ
12. Bir verd-i râ 'nâ (semai) (A lovely rose)
Composed by Hamamizade Ismail Dede Efendi
with Cologne Concerto, Sarband
12. 愛らしいバラ(デデ・エフェンディ)

Bir verd-i rânâ ettim temâşâ
Form:Şarkı, Makam:Ferahfezâ,
Bestekâr:Dede Efendi, Güftekâr:_, Usûl:Semâî
TRT Repertuar No:2328

14. Sevdin yine bir
14. Sevdim yine bir nev-civân (A youth I loved again)
Composed by Abdi Efendi
with Sarband
14. わたしがふたたび愛した若者(アブディ・エフェンディ)

Sevdim yine bir nev-civan
Form:Şarkı, Makam:Rast,
Bestekâr:Basmacı Abdi Efendi, Güftekâr:_, Usûl:Yürük Semâî
TRT Repertuar No:9865

Basmacıをhttp://www.sozluk.com/で調べると英語で

Türkçe-İngilizce »
1. manufacturer or seller of printed cloth.
2. printer, person whose job is to print designs on cloth.

とのこと

İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
1976'DAN BERİ ESERLERİNİ İCRA ETTİĞİMİZ BESTEKARLAR
BASMACI ABDİ EFENDİ(1787-18 Mart 1851)
http://devletkorosu.com/site/index.php?option=com_content&task=view&id=43&Itemid=34

İstanbul’un Davutpaşa semtinde doğdu. Sekiz yaşında babasını kaybetti. Kapalıçarşı’da yemeni basmacılarının birinin dükkanında on yıl kadar çırak olarak çalıştı. Çok güzel olan sesini dinleyen III. Selim tarafından Enderun’a alındı. Yirmi yaşında padişah müezzinleri arasına girdi. Sultan Mahmud döneminde Muzıka-yı Hüm’âyun’a hoca oldu. Maçka’daki Şeyh Mezarlığı’nda medfun olan bestekârın günümüze üçü beste on ikisi şarkı formunda olmak üzere on beş eseri gelebilmiştir.

26. Son pesrev Composed by Zeki Mehmed Aga with Sarband
26. ソン・ペシュレヴ(アガ)→amazon.co.jpの誤字だと思う。ゼキ・メフメット・アーの事だと思う

İstanbul Devlet Klasik Türk Müziği Korosu
1976'DAN BERİ ESERLERİNİ İCRA ETTİĞİMİZ BESTEKARLAR
ZEKİ MEHMED AĞA(1776-1846)
http://devletkorosu.com/site/index.php?option=com_content&task=view&id=42&Itemid=34

İstanbul’da doğdu. Tanbûrî Nûman Ağa’nın oğludur. Babasından tanbur öğrendi ve onun vasıtasıyla Enderûn-ı Hümâyun’a alındı. III. Selim zamanında sarayın ünlü tanbûrileri arasına girdi. Önce çavuş, I. Mahmud döneminde de musahib-i şehriyâri oldu. Bilinmeyen bir sebeple hanımının şikayeti üzerine Midilli’ye sürgün edildi ve bir yıl orada yaşadı. Sonra tekrar saraya döndü. Tanburi İsak ekolünden farklı bir üslubla çalan Zeki Mehmed Ağa’nın, oğlu Tanbûri Büyük Osman Bey’de dâhil olmak üzere öğrencisi yoktur. Dede Efendi ile gittiği Hacc’da onunla aynı kaderi paylaşarak orada vefat eden bestekârın günümüze on beş adet peşrev ile altı adet şarkısı gelebilmiştir.



評があった↓
音楽雑記&四方山話
西洋と東洋のワルツ-法悦と神秘主義
2011/01/23 (Sun)
http://schunsou.blog.shinobi.jp/Entry/1008/

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

沖縄の音楽の本間―長間とトルコ古典音楽のアウル・ウスール

沖縄音楽研究の世界
東アジアの音楽理論
http://okinawakengei.blog130.fc2.com/blog-entry-48.html

~中国の板式理論では、中庸なテンポの原板を中心に、早くてシラビックな快板、ゆっくりで節回しの細かい慢板などがあり~

~本間―長間、或いは早間など、倍の構造に関する理論は、中国音楽の理論を知ったことから着想しました~



中国:快板→2倍に拡大→原板→2倍に拡大→慢板
沖縄:早間→2倍に拡大→本間→2倍に拡大→長間

ということかな?




トルコ古典音楽ではアウル・ウスール Ağır Usulに当たる話かも。
一周期が、八分音符で数えて9個分の長さのウスール Usul:アクサク Aksak

アウル Ağır は「重い」の意味

アクサク Aksakのウスール Usulを2倍に拡大→アウル・アクサク Ağır Aksakのウスール Usul
一周期が、四分音符で数えて9個分の長さのウスール Usul:アウル・アクサク Ağır Aksak


THE NEW GROVE Dictionary of Music and Musiciansの
"Ottoman music"項の
(WALTER ZEV FELDMAN執筆)

4. 1876–present day.
(1876年から今日)
の所に

~Other than the emergence of the more ‘serious’ şarkı using the doubled ‘heavy’ (ağır) forms of the usuls aksak (in nine beats) and aksak semai (in ten beats) there were no substantial formal developments~

~他、ウスール・アクサク(9拍)とアクサク・セマイ(10拍)の、倍になった「重い(アウル)」形式を使う、より「シリアスな」シャルクの出現よりも、実体がある正式の発達が無かった~



~Early in the 20th century a number of composers, such as Zeki Arif Ataergin (1896–1964), Lemi Atlı (1869–1945) and Subhi Ziya Özbekkan (1887–1966), continued to develop the şarki, especially those in the ağır usul~

~20世紀の初頭、たくさんの作曲家たち、例えばゼキ・アリフ・アタエルギン(1896-1964)、レミ・アトル(1869-1945)、スブヒ・ジヤ・オズベッカン(1887-1966)などは、特にアウル・ウスールでのシャルクを発達し続けた~

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

沖縄古典曲の拍子数とトルコ古典音楽のウスールの周期数

沖縄音楽研究の世界
昔節は、新しいフシ
http://okinawakengei.blog130.fc2.com/blog-entry-73.html

沖縄の古典音楽の歌では「拍子数」というのがある模様。
面白い観点だと思った。

→トルコ古典音楽の歌ではウスールの回数という観点は特に注意されない。
でも「その歌のウスールが何周期あるか」を歌の楽譜に書き加えると資料整理や歌の分析に役立つのでは無いかなー、と思った。

例えば、ギリシア正教徒のザハリヤ Zaharya作曲のマカーム・ヒュセイニ Makam Hüseynîの歌「Şebnem gibi saçılsın hûn-i eşk-i pür-revânım」(形式はベステ Beste)はウスール・ベレフシャン Usûl Berefşanと資料に書かれているが、Berefşanのウスールが一体何周期繰り返されているのか、については記載が無い。

Şebnem gibi saçılsın hûn-i eşk-i pür-revânım
Form:Beste, Makam:Hüseynî,
Bestekâr:Zaharya, Güftekâr:_, Usûl:Berefşan
TRT Repertuar No:10397

歌詞(4行の詞。沖縄古典音楽風に言えば四句になるのかな?)

Şebnem gibi saçılsın hûn-i eşk-i revânım
Güller gibi açılsın tek gonca-i handanım
Naz uykusuna varmış âlemden olup fâriğ
Âdemle görüşmez hiç ol gözleri mestanım

ウスール・ベレフシャンはこの歌では12回繰り返されている。12周期。

形式はAABA。Aの部分の旋律は全く同じ。

A:ウスール3周期分の長さ
A:ウスール3周期分の長さ
B:ウスール3周期分の長さ
A:ウスール3周期分の長さ

合計:ウスール12周期分の長さ

1つの詩行でウスール3周期分の長さ。

続きはビデオ。

続きを読む

テーマ : 民族音楽
ジャンル : 音楽

検索フォーム Search
プロフィール

白いりんご

Author:白いりんご
民族音楽に関するメモ。情報の信頼性は低いので注意。
検索エンジン経由で来られた方へ。
目当ての記事が見つからない場合、記事を移動している可能性があります。右上のブログ内検索を御利用下さい。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ Category
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。